ファイナリスト【ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト】

菅田将暉のデビューのきっかけは
東京の原宿でスカウトされた
ことである
×(答)
40%

菅田 将暉(すだ まさき[3]、1993年(平成5年)2月21日[3] – )は、日本の俳優、歌手。大阪府箕面市出身[1]。トップコート所属。

経歴[編集]
2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選[1][4]。
2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される[1][4]。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決まる[1][4]。
2009年、9月より平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』(テレビ朝日)にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演で[4]、桐山漣とダブル主演を務め、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で特別出演・声の出演のみながら映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演を務めた[4]。
引用元:菅田将暉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%85%E7%94%B0%E5%B0%86%E6%9A%89

2008年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの出場をきっかけに芸能界入り。翌09年、特撮ドラマ「仮面ライダーW」の主演にシリーズ最年少の16歳で抜てきされ、13年に主演映画「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。映画・TVドラマに引っ張りだことなり、映画「海月姫」「そこのみにて光輝く」(ともに14)やTVドラマ「民王」(15)、auのCM「三太郎」シリーズの鬼役で人気が高まる。
引用元:菅田将暉 – 映画.com https://eiga.com/person/85275/