『82년생 김지영』【2018】

2019年に韓国で映画化された
チョ・ナムジュによる2018年
のベストセラー小説は『◯◯年
生まれ、キム・ジヨン』?
72
86
64
82(答)
16%

 韓国で社会現象を巻き起こしたミリオンセラー小説がある。33歳の主婦の半生を通じ、韓国の女性なら誰もが経験するような男女の不平等や苦悩を描いた『82年生まれ、キム・ジヨン』(チョ・ナムジュ著)。昨年12月に刊行された日本語版も発売1カ月で5万部を突破し、韓国文学としては異例の売れ行きをみせている。架空の韓国女性の物語がなぜこれほど共感と議論を呼ぶのか。日本語版の翻訳者、斎藤真理子さんに聞いた。
引用元:「82年生まれ、キム・ジヨン」はなぜ支持される? 翻訳者・斎藤真理子さんが徹底解説|好書好日 https://book.asahi.com/article/12109416

 『82年生まれ、キム・ジヨン』(はちじゅうにねんうまれ、キム・ジヨン、原題:82년생 김지영)は、韓国の作家チョ・ナムジュ(朝鮮語版)の小説。韓国で130万部以上の販売部数を記録するベストセラーとなった[1][2]。

日本、イギリス、フランス、スペイン、イタリアを含む16か国で翻訳されている[3]。

概要[編集]
本作は、主人公である「キム・ジヨン」という女性の記憶に基づいた告白と、その告白を裏付ける各種統計資料と記事という二つの軸で語られている。1982年に生まれたキム・ジヨンというありふれた名前の女性の少女時代から結婚、出産に至るまでの人生を通して、韓国のジェンダー意識に関わる現代史や社会問題を織り交ぜながら、女性が負う重圧や生きづらさを映し出す。過去と比較すれば制度的な性差別は緩和された時代において、未だ残存する見えない差別がどのように女性の人生を制約し、抑圧するのかを著者は本書で描いている[4]。

主人公の氏名は、韓国で最も一般的な名字の一つである「김(キム)」と、1970年代後半から1980年代初期に産まれた女子に最も多く名付けられた名前である「지영(ジヨン)」を組み合わせたものである[5]。
引用元:82年生まれ、キム・ジヨン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/82%E5%B9%B4%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%80%81%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A8%E3%83%B3