高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律【バリアフリー新法】

2012年に放送を開始した
NHK Eテレのバラエティ番組
は『◯◯◯◯~障害者情報
バラエティー~』?
ッガリバダ
ンルカコラ
バリバラ(答)
42%

『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』(バリバラ しょうがいしゃじょうほうバラエティー)は、NHK教育テレビジョン(NHK Eテレ)で放送されている障害者をテーマにしたバラエティ番組・情報番組である。2012年(平成24年)4月6日に放送を開始した。NHK大阪放送局の制作。

前身となる『きらっといきる』内の企画『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』、およびスピンオフ番組であるラジオ番組『バリバラR』(NHKラジオ第2放送)についてもここで記す。

概要[編集]
「日本初の障害者のためのバラエティ番組」と銘打ち、障害者自身が(時には自らの障害をネタにして)笑わせることを目指した番組である。

この番組の始まりは、NHK Eテレにて毎週金曜日に放送されていた、障害者向け福祉情報番組『きらっといきる』の2010年(平成22年)4月30日放送分から毎月最終週に放送されていた『バリバラ〜バリアフリーバラエティー〜』と題した企画である。現在の番組名はサブタイトルにもあった「バリアフリーバラエティ」の略。

そもそもは、2009年(平成21年)春の『きらっといきる』のスペシャルにおいて、報道機関やマスメディアでの障害者の描かれ方が、『一生懸命頑張っている障害者の部分を一面に強調しすぎて画一的である』という「障害を抱えている視聴者からの苦情」を、テーマとして取り上げたことがきっかけになっている。

この企画を立ち上げるに当たり、チーフプロデューサーを務めている日比野和雅は、「『きらっといきる』の中で障害者の等身大の姿を、どのように伝えるか模索してきた結果、これまで描かれなかった障害者のエンターテインメント性を打ち出したバラエティーに挑戦することにした」と語っており[1]、障害(者)を笑うのではなく、障害者と一緒に笑いあいながら、バリアフリーを考える番組を目指したという[1]。
引用元:バリバラ〜障害者情報バラエティー〜 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%A9%E3%80%9C%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%80%9C

バリアフリー(英語: Barrier free)とは、対象者である障害者を含む高齢者等が、社会生活に参加する上で生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策、若しくは具体的に障害を取り除いた事物および状態を指す用語である。

「設備やシステムが、広く障害者や高齢者などに対応可能であること」を指して、英語では「アクセシビリティ」(accessibility)と呼ぶ。それに対して、「バリアフリー(barrier free)」は、建物の段差を取り除くことなどのみを示す。
引用元:バリアフリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC#:~:text=%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%EF%BC%88%E8%8B%B1%E8%AA%9E%3A%20Barrier%20free,%E3%82%92%E6%8C%87%E3%81%99%E7%94%A8%E8%AA%9E%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

barrier-free

ECONOMICS, COMMERCE
without anything such as a tax or limit that prevents trade between countries or companies:
Their mission is to create a barrier-free transatlantic market.

SOCIAL RESPONSIBILITY
designed or planned so that people with disabilities are not prevented from using something:
The housing will be built to barrier-free standards making it accessible to those with mobility difficulties.
引用元:BARRIER-FREE | 意味, Cambridge 英語辞書での定義 https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/barrier-free

バリアフリー新法

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
正式名称は「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」(平成18年法律第91号)、2006年(平成18)6月成立、同12月施行。それまであったいわゆるハートビル法(正称「高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」平成6年法律第44号)と交通バリアフリー法(正称「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」平成12年法律第68号)を統合した法律。
引用元:バリアフリー新法(ばりあふりーしんぽう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%96%B0%E6%B3%95-182526

第一章 総則
(目的)
第一条 この法律は、高齢者、障害者等の自立した日常生活及び社会生活を確保することの重要性にかんがみ、公共交通機関の旅客施設及び車両等、道路、路外駐車場、公園施設並びに建築物の構造及び設備を改善するための措置、一定の地区における旅客施設、建築物等及びこれらの間の経路を構成する道路、駅前広場、通路その他の施設の一体的な整備を推進するための措置その他の措置を講ずることにより、高齢者、障害者等の移動上及び施設の利用上の利便性及び安全性の向上の促進を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。
(基本理念)
第一条の二 この法律に基づく措置は、高齢者、障害者等にとって日常生活又は社会生活を営む上で障壁となるような社会における事物、制度、慣行、観念その他一切のものの除去に資すること及び全ての国民が年齢、障害の有無その他の事情によって分け隔てられることなく共生する社会の実現に資することを旨として、行われなければならない。
引用元:高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律 https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=418AC0000000091_20181101_430AC0000000032&openerCode=1