現在中止【作曲部門】

次のうち、エリザベート王妃国際
音楽コンクールの作曲部門で
グランプリを獲得した作曲家を
全て選びなさい
諸井誠
藤掛廣幸(答)
松本日之春
酒井健治(答)
西村朗(答)
22%

143BCQNRxOPez
1977年にエリザベート王妃国際
音楽コンクールを日本人として
初めて制したバイオリニストは
堀米◯◯◯?
ゆし美
よず江
とり乃
ゆず子(答)
「堀米ゆず子」
引用元:「堀米ゆず子」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/9587/

エリザベート王妃国際音楽コンクール(英語: Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium、フランス語: Concours musical international Reine Élisabeth de Belgique、オランダ語: Internationale Muziekwedstrijd Koningin Elisabeth van België)は、ベルギーのブリュッセルで開催される国際音楽コンクール。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ、世界三大コンクールの一つと言われる。

概要[編集]
ベルギーの首都ブリュッセルで4年ごとに開催されている。世界三大コンクールの中で最も歴史が古く、他の2つのコンクールのように、主催国出身の音楽家に対する過剰な思い入れがなく、審査は比較的公平だと言われている。前身は、ベルギーの生んだヴァイオリンの巨匠ウジェーヌ・イザイ(1851-1931)を讃えるために創設されたイザイ国際コンクールであった。

1951年、ベルギー青少年音楽院の創設者ルネ・ニコリが提唱し、音楽に深い理解を持たれるベルギーの元王妃エリザベート(アルベール1世の王妃で、同年に即位したボードゥアン1世の祖母)の名を冠した国家的行事に格上げされた。年齢制限はかつては34歳までで争われていたが、1990年代に27歳へ変更。現在は30歳である。現行部門は、ピアニスト、ヴァイオリニスト、声楽家、チェリストのためのものである。

第1位の賞金については、2006年の作曲部門が10,000ユーロ、2007年のピアノ部門、2008年の声楽部門、2009年のヴァイオリン部門がそれぞれ20,000ユーロである。ピアノとヴァイオリン部門は、ダリウス・ミヨーなどの大家に協奏曲の作曲を依頼し、城の中で10日間で演奏させるルールで有名でこれは現在も守られている。のちに作曲部門が併催されたが2012年度で打ち切られている。
引用元:エリザベート王妃国際音楽コンクール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E7%8E%8B%E5%A6%83%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB

藤掛 廣幸(ふじかけ ひろゆき、1949年 – )は、日本の作曲家・シンセサイザー奏者・指揮者・プロデューサー。Hiro Fujikake はペンネーム。

人物・来歴[編集]
岐阜県出身。愛知県立芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。石井歓、中田直宏、保科洋に師事した[1]。1977年に、世界三大コンクールのひとつであるエリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門で、日本人として初めてグランプリを受賞。日本国内でも数々の作曲コンクールで受賞歴がある。日本人の名前を英語で表記する時には名字→名前の順でなく、Hiroyuki Fujikake と逆に書かなければならない。「これでは響きが音楽的ではない」との理由で、海外に向けてのペンネームとして【Hiro Fujikake】 の名前でアルバムや作品を発表している。アメリカ発売のアルバムに【Hiro Fujikake】と書いてあったからと日本のレコード会社が本人の確認を取らないで【藤掛廣】として日本版を発売した時には「どうしても日本語で書きたいのなら(ヒロ藤掛)として下さい」と強く抗議して直させた経緯がある。
引用元:藤掛廣幸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E6%8E%9B%E5%BB%A3%E5%B9%B8

西村 朗(にしむら あきら、1953年9月8日 – )は、日本の現代音楽の作曲家。

受賞歴[編集]
1974年 – 日本音楽コンクール作曲部門第第一位
1977年 – エリザベート国際音楽コンクール作曲部門大賞・ルイジ・ダルラピッコラ作曲賞
1988年・1987年・1992年・1993年・2008年・2011年 – 尾高賞
1990年 – 中島健蔵音楽賞
1991年 – 京都音楽賞〔実践部門賞〕
1994年 – 日本現代芸術振興賞
2001年 – エクソンモービル音楽賞
2002年 – 第3回別宮賞
2005年 – 第36回サントリー音楽賞・第47回毎日芸術賞
2013年 – 紫綬褒章受章・大阪市市民表彰
引用元:西村朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E6%9C%97

酒井 健治(さかい けんじ、1977年8月6日[1] – )は、日本の現代音楽の作曲家。

受賞歴[編集]
2000年 – 京都市立芸術大学音楽学部賞
2000年 – 京都市立芸術大学京都音楽協会賞
2001年 – 日本音楽コンクール作曲部門入選
2002年 – 日本音楽コンクール作曲部門入選
2007年 – ジョルジュ・エネスク国際音楽コンクール作曲(管弦楽)部門グランプリ。 
2009年 – 武満徹作曲賞(審査員ヘルムート・ラッヘンマン)第1位。
2010年 – Art Mentor Foundation Lucerne Award
2010年 – 芥川作曲賞ノミネート
2011年 – エリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門グランプリ。
2012年 – 文化庁特別表彰
2013年 – Georges Wildenstein Prize
2013年 – 第23回芥川作曲賞受賞(「ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲」により)。
2015年 – ローマ賞
引用元:酒井健治 (作曲家) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%92%E4%BA%95%E5%81%A5%E6%B2%BB_(%E4%BD%9C%E6%9B%B2%E5%AE%B6)