シャカタク「SHACK」+「ATTACK」イギリスのフュージョンバンド『Night Birds』

378EyykiWOgHy
イギリス出身の男女4人組
フュージョングループです
シャカタク
Shakatak

シャカタク(Shakatak)はイギリスのフュージョンバンドである。
アメリカのジャズを起源とするフュージョンとは異なり、アドリブ偏重ではなく旋律と編曲を重視した親しみやすいサウンドが特徴で、1980年代においてレベル42と人気を分かち合い、ブリティッシュ・ジャズ・ファンク(英語版)・シーンを盛り上げた。
グループ名のShakatakとは、デビュー前の彼らのレコードを通信販売で売ってくれたレコード店「RECORD SHACK」に対する感謝の気持ちを込めて、「SHACK」+「ATTACK」から名づけられたものである。
>メンバー
ビル・シャープ(Bill Sharpe)
ジル・セイワード(Jill Saward)
ロジャー・オデル(Roger Odell)
ジョージ・アンダーソン(George Anderson
引用元: シャカタク – Wikipedia.

フュージョン(Fusion, Jazz Fusion)は1960年代後半から現在に至るまでのジャズを基調にロックやラテン音楽、R&B、電子音楽などを融合(フューズ)させた音楽のジャンルである。一般的には、ジャズジャンルから確立されたものの一種に位置づけされている。
>フュージョンの曲の多くがボーカル無しのインストゥルメンタルであることも大きな特徴であり、このような楽曲的特徴から、BGMとしても馴染みの良い音楽に仕上がっているため、番組専用の音楽が作られていないテレビ・ラジオ番組において、あらゆる場面であらゆるフュージョンアーティストの楽曲がテーマ曲やBGMとして多用されているほか、中には番組テーマ曲として使用されることを前提として作られた曲も存在する。