【紳助】円広志、板東英二、長原成樹ほか

次のタレントを
レギュラー解答者を務めた
クイズ番組ごとに
グループ分けしなさい
【痛快!明石家電視台】村上ショージ、松尾伴内
【クイズ!紳助くん】ぼんちおさむ、円広志、長原成樹
47%

041YojHCOv
2016年6月に吉本興業の
タレント・長原成樹が立ち上げた
悪役集団は「◯◯◯悪役組合」?
◯をひらがなで答えなさい
なんば(答)
「なんば悪役組合」
20%
引用元:「なんば」悪役組合 長原成樹(せいき)が立ち上げた悪役集団 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/27522/

『痛快!明石家電視台』(つうかい あかしやテレビ、英称:AKASHIYA TV) は、毎日放送(MBSテレビ)で1990年4月16日から毎週月曜日の23:58 – 翌0:53(JST)に放送されているバラエティ番組。明石家さんまの冠番組である。

番組中では『あかしやでんしだい』と呼ばれることもある。通称『明石家電視台(テレビ)』。新聞ラテ欄での表記は『明石家電視台』とされることがある。ステレオ放送(SRSサラウンド放送、2008年4月28日放送分より)、文字多重放送(2012年5月14日放送分より)を実施。

出演者
明石家さんま
辻沙穗里(MBSアナウンサー)
村上ショージ
間寛平
松尾伴内
蛍原徹(雨上がり決死隊)
中川家
(中川剛・中川礼二)
重盛さと美
ほか

1990年4月16日スタート。番組放送開始当初は生放送だった。初期の内容は、その日のニュースや話題、阪神タイガースネタのトークであった。村上ショージとジミー大西はスタジオレギュラーで、間寛平はコーナー出演だったが、半年後の番組リニューアル以降、3人ともにレギュラーで出演するようになった。

番組開始の半年後に、公開録画の番組にリニューアル。さんま単独でのオープニングトーク → 「なにをきくねん」(ゲストと50名の観客による質疑応答企画)→ 「楽屋トーク」 → 観客を巻き込んだクイズ企画 → 番組観覧のプレゼントという構成が確立した。
引用元:痛快!明石家電視台 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E5%BF%AB!%E6%98%8E%E7%9F%B3%E5%AE%B6%E9%9B%BB%E8%A6%96%E5%8F%B0

『クイズ!紳助くん』(クイズ!しんすけくん)は、1993年10月2日から2011年9月26日まで、主に朝日放送(ABCテレビ)で毎週月曜日の23:17 – 翌0:17(JST)の深夜番組『ナイトinナイト』枠で放送されていたクイズバラエティ番組・トーク番組(月曜移動後の1994年4月から2000年3月までは番組名『ナイトinナイト』、番組内企画名『クイズ!紳助くん』として放送)。島田紳助の冠番組。

『クイズ!紳助くん』としての放送は、司会の島田紳助の引退直前の2011年8月22日まで放送され、同年8月29日から9月26日まではリポーター集団『なにわ突撃隊』を前面に出し『熱血!なにわ突撃隊スペシャル』として放送されていた。字幕放送。『クイズ!紳助くん』の放送では、当時、CS放送「スカイ・A sports+」でも放送されていた。

出演者
島田紳助
堀友理子(ABCアナウンサー)
円広志
板東英二
長原成樹
ロザン(菅広文・宇治原史規)
麒麟(川島明・田村裕) ほか

毎回、関西を活動拠点としている若手お笑い芸人が中心となって編成されたリポーター軍団「なにわ突撃隊」から1 – 3名程度が全国を飛び回り決死の覚悟での体当たり取材を展開し、それを基にクイズを出題するとともに司会の島田紳助とゲストパネラーの白熱のトークバトルを展開する。

ただ、余りにも紳助の熱弁振りにトークが長いため、収録に使うビデオテープは毎回2本分になるという。紳助自身も番組内で「クイズは短く、トークは長く」とまで発言しているほどである(詳細は下記)。

アシスタントはその後女優やタレントして活躍する藤原紀香、永田杏奈、和希沙也、大沢あかねらが務めた。2009年4月から、ABCアナウンサー・堀友理子が7代目アシスタントに就任した。歴代アシスタントの中で、ABCの現役女子アナのアシスタント起用は堀が最初で最後であった。
引用元:クイズ!紳助くん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA!%E7%B4%B3%E5%8A%A9%E3%81%8F%E3%82%93