蓮見雄一『リリイ・シュシュのすべて』

映画『ボックス!』出演
ドラマ『ROOKIES』安仁屋恵壹
ドラマ『猿ロック』
ドラマ『WATER BOYS2』
要潤
高岡蒼甫
市原隼人(答)
桐谷健太
83%


精神科医と予備校生の恋
市原隼人主演で映画化
ヒロイン役は小西真奈美
村山由佳のデビュー作
天使の卵(答)

押井守監督作品
根津勘八が出演 
1985年に劇場公開
難解な内容のため大コケ
天使のたまご(答)

『ゴッドハンド輝』四宮蓮
『探偵学園Q』遠山金太郎
『仮面ライダーアギト』氷川誠
『龍馬伝』沢村惣之丞
要潤(答)

映画『BECK』千葉恒美
映画『クローズZERO』辰川時生
ドラマ『ROOKIES』平塚平
ドラマ『龍馬伝』池内蔵太
桐谷健太(答)

048wqjqFVA
岩井俊二監督の映画
『リリイ・シュシュのすべて』で
リリイ・シュシュの職業は?
小説家
歌手(答)
画家
女優

CIMG8833hMRzCNmYWreX
フランス語で「乾杯」という意味
がある、『プラットホーム』や
『コルテオ~行列~』などの
ヒット曲がある女性歌手は?
ykAIM
auJiS
Salyu(答)
引用元:『リリイ・シュシュのすべて』リリイ・シュシュは歌手 Salyu | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/20760/

市原 隼人(いちはら はやと、1987年2月6日 – )は、日本の俳優。愛称は、イッチー。

スターダストプロモーション所属。妻はモデルの向山志穂。

主な作品
映画
『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)
『偶然にも最悪な少年』(2003年)
『チェケラッチョ!!』(2006年)
『虹の女神』(2006年)
『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(2008年)
『ROOKIES -卒業-』(2009年)
『猿ロック THE MOVIE』(2010年)
『ボックス!』(2010年)
『DOG×POLICE 純白の絆』(2011年)

テレビドラマ
『ヤンキー母校に帰る』(2003年)
『WATER BOYS2』(2004年)
『あいくるしい』(2005年)
『ROOKIES』(2008年)
『ワイルドライフ〜国境なき獣医師団R.E.D.〜』(2008年)
『猿ロック』(2009年)
『ランナウェイ〜愛する君のために』(2011年)
『陽だまりの樹』(2012年)
『カラマーゾフの兄弟』(2013年)
『おんな城主 直虎』(2017年)

略歴
小学校5年生の時にスカウトされ、芸能界入り[2]。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。

2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。

2004年、『WATER BOYS2』で連続ドラマ初主演。同年、主演映画『偶然にも最悪な少年』カネシロヒデノリ役で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

2008年、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『神様のパズル』の3本の主演映画が公開された。同年4月、3年ぶりに出演した連続ドラマ『ROOKIES』で安仁屋恵壹役を演じる。役作りのために髪を「ロン毛」にしていた。この作品は同年10月にはスペシャル版ドラマが放映され、翌2009年5月には映画化作品が公開、好調なスタートを切った[3]。
引用元:向山志穂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%91%E5%B1%B1%E5%BF%97%E7%A9%82

ボックス!

元放送作家の百田尚樹による青春小説を、「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男監督が映画化。主演は市原隼人、高良健吾。高校のボクシング部に所属するカブ(市原)は、怠け者だが天才的なボクシングセンスを持っており、試合でも連戦連勝を収めていた。一方、カブの幼なじみで気弱な優等生のユウキ(高良)も、カブに憧れボクシングを始める。無敵を誇る天才ボクサーのカブと、地道に努力を重ねていくユウキは、やがて運命のライバルとなる。
引用元:ボックス! : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/55119/

『猿ロック』(さるロック)は芹沢直樹による日本の漫画作品。『週刊ヤングマガジン』(講談社)に掲載。単行本は全22巻。また、それを原作とするテレビドラマおよび映画作品。

ストーリー[編集]
鍵屋「猿丸ロックサービス」の一人息子・猿丸耶太郎(サル)は「俺に開けられない鍵は無い」と豪語する自称ピッキングの天才。その特技と人柄のせいで様々な事件などに巻き込まれてゆくのだが・・・。

登場人物[編集]
都立渋谷西高校[編集]
渋谷にある、通称童貞高校。男子比率が80%で尚且つ童貞率が高い。サルのクラスには、決して見栄を張ってはいけない「童貞マップ」がある。

猿丸耶太郎(さるまる やたろう)
演 – 市原隼人 / 幼少 – 福西龍輝
主人公、通称サル。元2年B組。猿丸ロックサービス店の一人息子でピッキングの腕は一流。
引用元:猿ロック – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8C%BF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

『リリイ・シュシュのすべて』は、2001年に公開された岩井俊二監督の日本映画、またその原作および岩井俊二によるインターネットの掲示板を用いた誰でも書き込みができる実験的なインターネット小説。2004年に角川文庫から単行本が刊行されている。

まず、インターネット小説が公開され、後に原作本と映画が制作された。現実と架空をリンクさせた構成と、現代の少年問題を描いた内容が大きな話題を呼んだ。

岩井によると、「遺作を選べたら、これにしたい」作品。

物語のキーパーソンとなるリリイ・シュシュ役は歌手のSalyuであるが、本映画内ではプロモーションビデオの映像でのみ姿を現す。

登場人物・キャスト[編集]
中学生の人物[編集]
蓮見雄一(はすみ ゆういち)
演 – 市原隼人
主人公。中学生の男子。リリイ・シュシュの熱狂的なファンで、非公式のファンサイト「リリフィリア」を運営している。中学校へ入学した後に、学年内で目立つ存在だった星野の家へ泊まったのをきっかけに友人になる。夏休み明けの新学期以降、変貌した星野の下で万引きや売春の手伝いを強要される。明るい性格で人当たりも悪くなかったが、新学期以降は環境が悪化し、塞ぎ込むようになる。前の席の久野に対して淡い恋心を抱いている。父親を交通事故で亡くしており、母親が再婚して血の繋がらない弟がいる。映画版では剣道部、小説版では陸上部に所属していた。足が速いのが取柄。
引用元:リリイ・シュシュのすべて – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6