“American ideal”

『めまい』
『スミス都へ行く』
『知りすぎていた男』
『裏窓』
バート・ランカスター
ケーリー・グラント
ジェームズ・スチュワート(答)
ゲーリー・クーパー
46%

『汚名』
『泥棒成金』
『シャレード』
『北北西に進路を取れ』
ケーリー・グラント(答)

264cNKExygElp
ヒッチコック監督の映画
『北北西に進路を取れ』の主演は
ゲーリー・クーパーである
×(答)
◯ケーリー・グラント
引用元:「ケーリー・グラント」『北北西に進路を取れ』『シャレード』 「ゲーリー・クーパー」『真昼の決闘』『モロッコ』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/7992/


『昼下りの情事』
『誰がために鐘は鳴る』
『ヨーク軍曹』
『真昼の決闘』
ケーリー・グラント
バート・ランカスター
ゲーリー・クーパー(答)
ジェームズ・スチュワート
引用元:ゲーリー・クーパー『昼下りの情事』『ヨーク軍曹』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/33856/

ジェームズ・ステュアート(James Stewart, 1908年5月20日 – 1997年7月2日)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州インディアナ(Indiana, Pennsylvania)出身の俳優。本名はジェームズ・メイトランド・ステュアート(James Maitland Stewart)。愛称はジミー(Jimmy Stewart)。

191cmの長身で、その誠実な人柄と、日々の生活で困難に立ち向かう「平均的な中流階級のアメリカ人(英語版)」の役を多く演じたことによる役柄の印象から「アメリカの良心」と呼ばれた。米国ボーイスカウト連盟の功労賞シルバー・バッファロー章の数少ない受賞者の一人でもある。

アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)が「AFIアメリカ映画100年シリーズ」の一環として選出した『アメリカ映画スターベスト100』では男性スター部門の3位にランク入りした[1]。また、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された映画10作品(『スミス都へ行く』、『砂塵』、『桃色の店』、『フィラデルフィア物語』、『素晴らしき哉、人生!』、『裸の拍車』、『裏窓』、『めまい』、『リバティ・バランスを射った男』、『西部開拓史』)に出演している。
引用元:ジェームズ・ステュアート (俳優) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88_(%E4%BF%B3%E5%84%AA)

めまい(1958)

アルフレッド・ヒッチコックのフィルモグラフィの中でも傑作と名高いミステリーサスペンス。刑事ジョン・ファーガソンは、逃走する犯人を追撃中に屋根から落ちそうになる。そんな自分を助けようとした同僚が誤って転落死してしまったことにショックを受けたジョンは、高いところに立つとめまいに襲われる高所恐怖症になってしまう。そのことが原因で警察を辞めたジョンの前に、ある日、旧友のエルスターが現れる。エルスターは自分の妻マデリンの素行を調査してほしいと依頼。マデリンは曾祖母の亡霊にとり憑かれ、不審な行動を繰り返しているという。ジョンはマデリンの尾行を開始するが、そんな彼の見ている前でマデリンは入水自殺を図り……。原作はフランスの作家ボワロー=ナルスジャック(ピエール・ボワロー&トーマス・ナルスジャック)のミステリー小説。ジョンが見る悪夢やヒロインによる真実の告白など練り上げられた演出が冴える。日本初公開は1958年。2014年、特集企画「スクリーン・ビューティーズ」の第3弾「ヒッチコックとブロンド・ビューティー」にて、デジタルリマスター版が公開。
引用元:めまい(1958) : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/29916/

スミス都へ行く
1941年10月9日(木)公開

政界の陰謀術策によって傀儡議員に祭り上げられた純心直情な青年が、腐敗政治を糾弾するという正義と愛情の美しさを描いたヒューマンドラマ。監督は「素晴らしき哉、人生!」の巨匠フランク・キャプラ。主演は「めまい」などで知られるジェームス・スチュアートほか、クロード・レインズなど。
引用元:スミス都へ行く | 映画-Movie Walker https://movie.walkerplus.com/mv37394/