元祖三人娘『ジャンケン娘』

次の女性歌手を
当てはまる総称ごとに
グループ分けしなさい
【元祖三人娘】雪村いづみ、江利チエミ、美空ひばり
【スパーク3人娘】伊東ゆかり、中尾ミエ、園まり
58%


芸能界で「初代三人娘」と
呼ばれたのは、雪村いづみ、
江利チエミと美空ひばりである
◯(答)
62%
引用元:雪村いづみ、江利チエミ、美空ひばり | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/45234/

三人娘(さんにんむすめ)とは、主に若手の同世代の女性歌手3人の総称、もしくはその3人によるユニット活動である。

主な三人娘[編集]
初代三人娘 – 黒柳徹子、横山道代(現・横山通乃)、里見京子、(又は水谷良重)
『ヤン坊ニン坊トン坊』で声優として主演し、一躍人気を集め、日本のタレントで初めて「三人娘」と呼ばれたユニットである。登場当初は単に「三人娘」と呼ばれたが後発組が「~三人娘」と言う名称を使用することが多くなったため、後年に識別上「初代三人娘」と言われることが多くなった。なお里見ではなく、水谷良重(のち2代目水谷八重子)とする場合もある。

元祖三人娘(ジャンケン娘) – 美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ
当初は、単に「三人娘」と呼ばれていたが、その後いくつもこのユニットにあやかって、「三人娘」が登場したため「元祖三人娘」などの通称が生まれた。主に1950年代後半に活躍。なお「ジャンケン娘」の名は映画の表題に由来する。詳細は三人娘(ジャンケン娘)を参照。

スパーク3人娘 – 伊東ゆかり、中尾ミエ、園まり
「ナベプロ三人娘」「渡辺プロ三人娘」とも呼ばれる。スパークの名は、「スパークショー」という番組にちなんだ。当時渡辺プロダクションに所属していた歌手により、結成されたユニット。和製ポップスなどを得意とした。主に1960年代前半に活躍。詳細はスパーク3人娘を参照。
引用元:三人娘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BA%BA%E5%A8%98

『ジャンケン娘』(ジャンケンむすめ)は、1955年11月1日に公開された東宝製作の日本映画。
解説[編集]
中野実が雑誌『平凡』に連載していた小説の映画化で、美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみの「三人娘」が初めて共演し、その後のアイドル映画にも影響を与えた作品である。三人娘の歌や踊りが随所に散りばめられたミュージカル映画として、また、1951年の『カルメン故郷に帰る』に続く「総天然色映画(カラー映画)」としても話題を集めた。オープニングとエンディングで、リーダーで「中立派」[2]のひばりは黄、三枚目で「情熱派」[2]のチエミは赤、「ウエットで薄幸」[2]であるいづみは青の衣装を身に着けることで、3人の人物像がわかりやすく表現されている。

当時、世間から注目を集めていた3人は多忙なスケジュールを抱え、所属事務所もファンの傾向も異なることから、共演は困難とされていた[3]。しかし、3人の共演が注目を集めて大ヒットしたことにより、3人の共演映画として1956年には『ロマンス娘』が、1957年には『大当り三色娘』が、1964年には『ひばり・チエミ・いづみ 三人よれば』が公開された。
引用元:ジャンケン娘 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E5%A8%98