【浅草の地名】

歌舞伎十八番『助六由縁江戸桜』
で、主人公の曾我五郎が名乗る
名前は「◯◯◯助六」?
大木島
夢川戸
花見中
花川戸
20%

82kjAFvXtrZPiY
歌舞伎でも有名な
浅草の花川戸に住んで
町奴の頭領となった
江戸時代初期の侠客は?
院幡兵衛長随
幡随院長兵衛(答)
ばんずいいんちょうべえ
引用元:『テトリス極道(きわめみち)』サクセスのACゲーム 「極附(きわめつき)弁当」東京駅の駅弁 「きわめつき」極札がついていることから 歌舞伎『極付幡随長兵衛』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/13755/

江戸時代後期の吉原などで派手に
遊んだ、桂川甫周など18人の
遊び人を「十八◯◯」といった?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
だいつう(答)
「十八大通」

290CEaGMSk
陰暦5月28日に降る雨のことを
曽我十郎の恋人の名前を取って
「◯が雨」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
とら(答)
「虎が雨」
引用元:「虎が雨」旧暦5月28日に降る雨 「虎御前」が曾我十郎祐成を悲しむ涙雨 「虎落笛」もがりぶえ「カルマン渦によって起こるエオルス音」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21035/

077XJmFflCRiM
奥平源八が父の仇・奥平隼人を
討った、江戸時代の有名な事件は
「◯◯◯坂の仇討ち」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じょうるり
「浄瑠璃坂の仇討」

CIMG1112AEoTkVtTjRVj
1701年に父の敵・赤堀源五右衛門
を討ち取った「亀山の仇討ち」で
有名な兄弟は○○兄弟?
○の苗字をひらがなで答えなさい
いしい(答)
石井半蔵・石井源蔵兄弟

237bbPCvBesYc
劇中の長台詞が俳優の発声練習
に使われていることでも有名な
曽我五郎の仇討ちを描いた
歌舞伎十八番のひとつは何?
手本売
外郎帳
勧習鑑
外郎売(答)
引用元:「浄瑠璃坂の仇討ち」奥平源八 「亀山の仇討ち」石井半蔵・石井源蔵 「曾我兄弟の仇討ち」曾我祐成(すけなり)・曾我時致(ときむね)『外郎売』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/3014/

『助六』(すけろく)は、歌舞伎の演目の一つの通称。本外題は主役の助六を務める役者によって変わる(詳細は下記を参照)。

江戸の古典歌舞伎を代表する演目のひとつ。「粋」を具現化した洗練された江戸文化の極致として後々まで日本文化に決定的な影響を与えた。歌舞伎宗家市川團十郎家のお家芸である歌舞伎十八番の一つで、その中でも特に上演回数が多く、また上演すれば必ず大入りになるという人気演目である。

背景と題材[編集]
『助六』は歌舞伎の形式上「曾我もの」の演目。そのため侠客の助六が「実ハ曾我五郎」で、白酒売りは「実ハ五郎の兄 曾我十郎」という設定である。[1]

助六のモデルではないかと考えられている人物は三人いる。江戸浅草の米問屋あるいは魚問屋の大店に大捌助六(おおわけ すけろく)あるいは戸澤助六(とざわ すけろく)という若旦那がいたという説、京・大坂でその男気をもって名を馳せた助六という侠客だとする説、そして江戸・蔵前の札差で、粋で気前のいい文化人として知られた大口屋暁雨(おおぐちや ぎょうう)だとする説である[要出典]。

このうち、史家の多くは第一の助六を否定する。その理由の一つが「助六」という名。これは上方でならありそうな名だが、江戸の「粋」の感覚からはどうにも野暮な名なのだという[誰?]。俳人増田龍雨は、易行院(現在の東京都足立区にある寺院)に残る「助六の墓」について、実際に助六のものかは怪しいとしつつ、柳澤淇園の随筆『雲萍雑志』に義侠で知られた米問屋「大捌助八」とその妻が易行院に葬られたとある事から、助八の墓が助六に転じたものかと推測している[2]。

大口屋暁雨は実在が確認できる人物で、寛延から宝暦年間に江戸の芝居町や吉原で豪遊して粋を競った18人の通人、いわゆる「十八大通」の一人に数えられている。「暁雨」は俳名で、実の名を治兵衛(じへえ)といった。俳諧や書画骨董に通じた文化人で、たいそう気前も良かった。特に二代目團十郎の贔屓筋だったことから、彼の務める舞台ならどんなに客入りの悪い興行でも木戸札を買い上げてくれた。そうしたことから二人は親交を深めるようになり、江戸では次第に「團十郎の助六は大口屋を真似たもの」という噂が広まる。暁雨の方も助六そっくりの出で立ちで吉原に出入りし、「今様(いまよう)助六」などと呼ばれてご満悦だったという。どちらがどちらを先に真似たのかは不明だが、いずれにしてもこの頃から助六の鉢巻が大口屋の好んだ江戸紫に染め直されたという。

大口屋暁雨は、明治になると彼自身が歌舞伎の題材にされている。福地桜痴作の『侠客春雨傘』がそれで、主人公は「元は札差の大口屋の若旦那で治兵衛といったが、今ではその名もとどろく侠客・暁雨」という設定。

あらすじ[編集]
通常は2時間、まったく省略なしで演ずると3時間もの長尺となるこの歌舞伎は、たった一幕「三浦屋格子先の場」だけで成り立っている。場面転換もなく、最初から最後まで同じ場所で繰り広げられる。この演目が物語性を重視しない、本質的に見世物である所以である。

花川戸助六(はなかわど すけろく)という侠客に姿をやつした曾我五郎は、源氏の宝刀「友切丸」を探すため吉原に通っている。様々な男が集まる吉原で、遊客にわざと喧嘩を吹っ掛けて刀を抜かせようというのである。そこに助六を情夫にしている花魁の揚巻(あげまき)と、揚巻に言い寄る髭の意休(ひげの いきゅう)が登場。意休が友切丸を持っていると勘づいた助六は刀を抜かせようとするが、なかなかうまくいかない。そこへ白酒売に身をやつした兄の曾我十郎がやってきて弟に意見するが、助六の真意を知った十郎は自らも喧嘩を売る稽古を始める。
引用元:助六 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E5%85%AD

花川戸助六(読み)はなかわどの すけろく

江戸前期の侠客ともされるが,虚構上の人物。歌舞伎で有名な助六の実説については定説はない。上方に流行った万屋助六心中の一中節が,のちに江戸で流行し江戸の男達に脚色したというのが一般的である。江戸説では花川戸の侠客助六が吉原三浦屋の遊女揚巻となじんだが,揚巻の客田中三右衛門と仲ノ町で喧嘩をしたというものである。花川戸に助六という侠客がいたという記録がなく,大口屋治兵衛がモデルという説などがある。「助六所縁江戸桜」は歌舞伎十八番のひとつとなっている。
(梅崎史子)

出典 朝日日本歴史人物事典
引用元:花川戸助六(はなかわどの すけろく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%8A%B1%E5%B7%9D%E6%88%B8%E5%8A%A9%E5%85%AD-1101675

花川戸(はなかわど)は、東京都台東区にある町名。現行行政地名は花川戸一丁目および花川戸二丁目。郵便番号は111-0033[2]。

地理[編集]
当地は浅草の街の繁華街の一角を担う所で、花川戸一丁目の南部には東武伊勢崎線・浅草駅と松屋浅草店の建物がある。隅田川沿いには隅田公園の一部が広がり、当公園は都内でも有数の桜の名所として知られ、シーズンには多くの人で賑わう。また隅田公園は7月下旬に開催される隅田川花火大会の会場の一つでもあり、付近には開催期日中は多くの人が集まる。また地域南端の吾妻橋付近には隅田川水上バスの発着場がある。

台東区の東部に位置し、墨田区(吾妻橋・向島)との区境に当たる。地域南部は雷門通りに接し、これを境に台東区雷門に接する。地域西部は馬道通りに接し、台東区浅草一丁目・浅草二丁目に接する。地域北部は、言問通りに接しこれを境に台東区浅草六・七丁目にそれぞれ接する。当地域中央を花川戸一丁目と花川戸二丁目を分ける形で東西に二天門通りが通っている。また地域内を南北に江戸通りが通っている。またかつて花川戸一帯は履物問屋街としても知られていた。現在でも履物・靴関連の商店が地域内に散見できる。他に商店とオフィスビルが多く見られるほか、駅から離れると住居も見られる地域となっている。

関連項目[編集]
助六
東京都公園協会 – 水上バス乗り場が桜橋の袂にある(所在地:今戸)。
新門辰五郎 – 江戸幕府幕末の火消し侠客。同地に居住していた。
暴れん坊将軍 – 時代劇TVドラマ。同作中に上記の新門辰五郎をモデルにした花川戸の辰五郎(演・北島三郎)という登場人物がいる。
引用元:花川戸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B7%9D%E6%88%B8