しんたまき【信太真妃】

次の人物を
フジテレビの実写ドラマ
『ちびまる子ちゃん』に
主演した順に選びなさい
森迫永依
伊藤綺夏
信太真妃
43%

197pZitsgW
次のアニメ『ちびまる子ちゃん』
に登場するまる子の同級生の
苗字を、性別ごとに
グループ分けしなさい
【男子】山根、長山
【女子】城ヶ崎、前田、冬田

CIMG3031ehXeRsPxuLQy
次のうち、現在
静岡県に存在しない市は?
裾野市
伊豆市
清水市(答)
島田市
引用元:『ちびまる子ちゃん』男子「山根」「長山」女子「城ヶ崎」「前田」「冬田」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/25667/


2007年放映のTVドラマ
『まるまるちびまる子ちゃん』で
主人公まる子の母・すみれを
演じた女優は?
小泉今日子
菊池桃子
山口智子
酒井法子(答)
引用元:酒井法子『まるまるちびまる子ちゃん』母すみれ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/35268/


アニメの名物プロデューサー
『ドラゴンボール』
『ちびまる子ちゃん』
フジテレビ
大月俊倫
海部正樹
諏訪道彦
清水賢治(答)
引用元:清水賢治 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/41622/

森迫 永依(もりさこ えい、1997年9月11日 – )は、日本の女優である。

千葉県印西市出身。上智大学在学中[1]。テアトルアカデミーを経て、太田プロダクション所属。

来歴
2001年に劇団に入団。2003年10月ドラマ『あした天気になあれ。』で一躍注目される。その後、ドラマでは『新しい風』や『汚れた舌』に、映画では『キャシャーン』や『天使』など、他にも数々の映画、ドラマ、コマーシャルなどに出演した。

2006年4月には、実写版『ちびまる子ちゃん』で主役のまる子を演じてブレイク。なお、後の『まるまるちびまる子ちゃん』では、身長の関係上、伊藤綺夏に交代となった。他にもドラマや映画の主演も務めた。2011年の『冬のサクラ』にも出演している。

人物・エピソード
父は日本人、母は中国人である。
特技は、英語・中国語・韓国語・サックス演奏。英語は高校在学中に英検1級に合格[2]、大学ではすべての授業を英語で受けている[3]。
左利きである。
『ちびまる子ちゃん』作者のさくらももこもまる子役を決めるオーディションで森迫を絶賛し、見た目もそっくりだったということで即決定した[要出典]。
引用元:森迫永依 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E8%BF%AB%E6%B0%B8%E4%BE%9D

伊藤 綺夏(いとう あやか、1998年5月1日 – )は、日本の女優である。宮城県生まれの神奈川県育ち。

略歴[編集]
2004年10月、『こちら本池上署』 でドラマデビュー。
2007年4月、『麗わしき鬼』 で連続ドラマデビュー。
2007年4月、さくらももこ(まる子)役を森迫永依から引き継ぎ2代目ちびまる子ちゃんを演じ、連続ドラマ初主演。
2011年、ジュネス企画からアミューズに移籍した。
引用元:伊藤綺夏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E7%B6%BA%E5%A4%8F

信太 真妃(しんた まき、2005年3月7日 – )は、日本の元子役・元タレント。セントラルに所属していた。アイドルグループ・Pocchimoの元メンバー[1]。

人物・経歴[編集]
2008年(平成20年)、3歳の時に事務所に所属する。母親によると、「演技・ダンスと教えてもらえるので習い事のような感覚で通っていた」とのこと。始めた当時は人見知りが激しく、レッスン場にも入れないくらいだった[2]。
2010年(平成22年)、4歳の時に出演したヤマハ音楽教室のCMでデビュー。そのCMが本人の代表作の一つにもなった。
2013年(平成25年)10月、『ちびまる子ちゃん』の実写ドラマで主演・まる子役を務める。事務所スタッフ曰く、「現場では一度も台本を見ない」とのこと[2]。同作が初めての主演作となった。
引用元:信太真妃 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E5%A4%AA%E7%9C%9F%E5%A6%83

『ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。

概要[編集]
本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である小学3年生の「ちびまる子ちゃん」が、家族や友達と共に繰り広げる日常生活を描いたコメディ漫画。アニメでもテレビスペシャルなどによっては時代設定が放送当時に合わされている場合があるが、基本的には先述の時代設定が一貫されている[1][注 1]。

1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞。

初期は作者自身が体験した小学生時代の実話を基にしたエッセイ風コミックだったが、連載の長期化に伴って作者自身の体験談はネタ切れとなり、ほぼフィクションのみの作風に変わっていった。それに伴い、登場キャラクターも初期は比較的リアルな人物描写であったが、次第にマンガチックにデフォルメして描かれるようになった。また、本作のフィクション化に伴って、作品の舞台である1974年当時の日本にはまだ存在していなかった、あるいは一般的ではなかった物や行事が作中に登場する事例も見られるようになっている[注 2]。

テレビドラマ[編集]
2006年スペシャルドラマ版[編集]
2006年(平成18年)4月18日、アニメと同じくフジテレビ系列にて19:00 – 20:54(『カスペ!』)に3篇のオムニバスドラマとして放送された。視聴率は22.8%[121] と『カスペ!』史上最高となる高視聴率を記録した。東海テレビ(中日対阪神戦)・テレビ新広島(広島対横浜戦)は、プロ野球中継の関係で後日振替放送となり、東海テレビは4月23日 (13:00 – 14:55) に、テレビ新広島は4月22日 (12:00 – 13:56) に放送された。

もともとは、アニメ15周年記念企画として、2005年初頭の放送を想定して企画をスタートさせたものだが、その時は適役が見つからずに中断。しかしドラマ化を諦めきれずにいたフジテレビ側が、2005年末に再度オーディションを敢行。遂に500人の中から、まる子に適任の子役(森迫永依)を見つけたことでプロジェクトが再始動。無事放送された[注 30]。

レギュラードラマ版[編集]
詳細は「まるまるちびまる子ちゃん」を参照
2回(+1回アンコール)のスペシャル (SP) ドラマ放送が好評だったことを受け、2007年(平成19年)4月19日から2008年(平成20年)2月28日まで木曜午後7時台に『クイズ$ミリオネア』の後番組として『まるまるちびまる子ちゃん』が放送された。同番組ではレギュラードラマとバラエティコーナーで構成され、すなわちレギュラードラマはコーナードラマであるとも言える。キャストもおじいちゃん役のモト冬樹と戸川先生役の笠井信輔以外は一新され、オーディションで伊藤綺夏が二代目まる子に選出された。

2013年スペシャルドラマ版[編集]

2013年10月1日の19:00 – 20:54に、フジテレビ系列『カスペ!』枠にて放送。フジテレビ開局55周年特別番組。主演は信太真妃[注 31][122]。

2006年実写化以来5年半ぶりに戻ってきたちびまる子ちゃんの配役は、3作連続出演となるさくら友蔵(演:モト冬樹)、戸川先生(演:笠井信輔)以外の全てのキャストが一新された[123]。
引用元:ちびまる子ちゃん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%81%B3%E3%81%BE%E3%82%8B%E5%AD%90%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93