『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』

作家・アベ・プレヴォーの
小説を原作としたオペラ
『マノン・レスコー』の
作曲者は?
グノー

ベルリオーズ
サン・サーンス
プッチーニ(答)
34%

CIMG6556wEhwQePvbImX
プッチーニがオペラ化した
戯曲『蝶々夫人』で有名な
アメリカの劇作家は
デビッド・○○○○?
アベラクル
コッスンブ
ベラスコ(答)
「デビッド・ベラスコ」
David Belasco
引用元:デビッド・「ベラスコ」『蝶々夫人』の原作者 女中スズキ プッチーニのオペラ『蝶々夫人』『トスカ』『ラ・ボエーム』 『トスカ』登場人物「カヴァラドッシ」「スカルピア」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/15653/

『マノン・レスコー』(Manon Lescaut )は、ジャコモ・プッチーニが35歳の時に発表したオペラ(プッチーニのオペラ第3作)。1893年初演。この作品でプッチーニは一躍脚光を浴び、音楽家としての地歩を固めはじめる。

作品の成立[編集]
ルイージ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザの脚本にプッチーニが曲をつける、のちに『トスカ』や『蝶々夫人』などで大きな成功を収めることとなるこの3人によって生み出された最初の作品。

先行作品の存在[編集]
原作の同名小説はアベ・プレヴォー『ある貴族の回想録』(全7巻)のうちに含まれるもので、当時広く読まれていた。『椿姫』の中でもヒロインのマルグリットがこの本を読む場面があり、多くの人に知られた物語であった。そのため、プッチーニ以前にフランスの作曲家ジュール・マスネによって『マノン』としてオペラ化され、成功を収めていた。

プッチーニは前作『エドガール』初演後の1889年4月頃、原作を読んで歌劇化を決意、彼がオペラの題材を自ら選び出したのはこれが初めてだった。マスネの『マノン』との違いを出すため、ヒロインの性格に重きをおいた『マノン』に対して、プッチーニ版は物語性を重視する筋立てになっており、そのため『マノン』では割愛されていた「植民地ルイジアナ篇」を新たに第4幕として加え、そこでの悲劇的末路を最大の見せ場に仕立て上げた。
引用元:マノン・レスコー (オペラ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC_(%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9)

『マノン・レスコー』(Manon Lescaut )はアベ・プレヴォーの長編小説、およびその主人公の名前。題名は正しくは『騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語』(Histoire du chevalier Des Grieux et de Manon Lescaut )といい、7巻からなる自伝的小説集『ある貴族の回想と冒険』(Mémoires et Aventures d’un homme de qualité qui s’est retiré du monde )の第7巻に当たる。1731年刊。

騎士デ・グリューは美少女マノンと出会い駆け落ちするが、彼女を愛した男たちは嫉妬や彼女の欲望から破滅していき、デ・グリューも巻き込まれて数々の罪を犯す。彼女はアメリカへ追放処分となり、デ・グリューも彼女に付き添って行くが、アメリカでも彼女をめぐる事件は起き、ついにマノンは寂しい荒野で彼の腕に抱かれて死ぬ。

ファム・ファタール(男たちを破滅させる女)を描いた文学作品としては最初のものといわれ、繊細な心理描写からロマン主義文学の走りともされる。
引用元:マノン・レスコー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC

狂おしいまでに愛された美少女マノンの物語。幻の公演がついに復活!

2011年3月、東日本大震災のため公演中止を余儀なくされた「マノン・レスコー」が復活!「マノン・レスコー」は、アベ・プレヴォーの人気小説に基づいた、プッチーニ3作目にして出世作となったオペラ。時は18世紀、フランスとアメリカを舞台に、自由奔放に生きる美少女マノンと彼女に純愛を捧げる騎士デ・グリューの転落の物語を、プッチーニの甘く残酷なまでに美しい音楽が奏でます。演出は、新国立劇場で14年5月「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」を手がけた名匠デフロ。白を基調とした装置に、伝統的なロココ風の衣裳による美しいプロダクションは、ベルリン・ドイツ・オペラなどで好評を博しています。
引用元:[新制作] マノン・レスコー | 新国立劇場 オペラ https://www.nntt.jac.go.jp/opera/manonlescaut/

マノン・レスコー
アベ・プレヴォー/著 、青柳瑞穂/訳
605円(税込)

自分を死ぬほど愛している純情な貴公子デ・グリュウに、賭博、詐欺などの破廉恥な罪を重ねさせながら、自らは不貞と浪費のかぎりを尽し、しかもなお、汚れを知らぬ少女のように可憐な娼婦マノン。プレヴォーはその美しく多情な姿を創造して、永遠の女性像に新しいタイプを加えた。今日においてもなおみずみずしさを失わない18世紀フランスロマン主義文学の不朽の名作である。
引用元:アベ・プレヴォー、青柳瑞穂/訳 『マノン・レスコー』 | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/book/200601/

アベ・プレヴォー
Prevost,Antoine-Francois

著者プロフィール

(1697-1763)本名、アントワーヌ=フランソワ・プレヴォー。フランス北部アルトワ地方の旧家に生れる。高位聖職者の道をめざすが、僧院からの再三の脱走、イギリス、オランダへの逃亡、恋愛、破産等々、波瀾に満ちた生涯を送った。オランダ滞在中に発表した『ある貴人の回想録』が好評を博し、以後66巻におよぶ作品を残す。『ある貴人の回想録』は20編の独立した小説から成る長編小説で、『マノン・レスコー』はその第七巻として書かれた。
引用元:アベ・プレヴォー | 著者プロフィール | 新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/writer/427/

アベ・プレヴォーは、かつて文芸史上に一度も登場してこなかった女性像を描いた。ラブレーもシェイクスピア(600夜)もゲーテ(970夜)もスタンダール(337夜)も、プレヴォー以前のどんな作家も、こんな女性を文学作品のなかで描くことを思いもつかなかった。プレヴォーは「娼婦」を主人公にし、そこに男が希ってやまない女性の魅力のすべてを体現させたのである。
引用元:1281夜『マノン・レスコー』アベ・プレヴォー|松岡正剛の千夜千冊 https://1000ya.isis.ne.jp/1281.html