『ビューティフル・マインド』ほか

次のうち
アカデミー監督賞を受賞した
人物を全て選びなさい
ロン・ハワード(答)『ビューティフル・マインド』2001
ヒッチコック
フェデリコ・フェリーニ
ベルナルド・ベルトルッチ(答)『ラスト・エンペラー』1987
サム・メンデス(答)『アメリカン・ビューティー』1999
アンソニー・ミンゲラ(答)『イングリッシュ・ペイシェント』1996
ジョナサン・デミ(答)『羊たちの沈黙』1991
スタンリー・キューブリック
15%


2012年度のアカデミー監督賞を
受賞したのはアン・リーである
◯(答)
引用元:アン・リー | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/43506/


次のうち
スティーブン・スピルバーグが
アカデミー監督賞を受賞した
映画を1つ選びなさい
シンドラーのリスト(答)
ジョーズ
E.T.
プライベート・ライアン(答)
未知との遭遇
ジュラシック・パーク
25%
引用元:『シンドラーのリスト』『プライベート・ライアン』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/41504/


次のうち
クリント・イーストウッドが
アカデミー監督賞を受賞した
映画を1つ選びなさい
ミリオンダラー・ベイビー(答)
ミスティック・リバー
硫黄島からの手紙
許されざる者(答)
マディソン郡の橋
スペース カウボーイ
37%
引用元:『ミリオンダラー・ベイビー』『許されざる者』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/41497/

173fHFhJXoRXk
1950年に作品賞を始めとして
アカデミー賞6部門を受賞した
映画『イヴの総て』の監督は
ジョセフ・L・◯◯◯◯◯◯◯?
ィッマンキウツ
→マンキウィッツ
ジョセフ・L・マンキウィッツ

CIMG2288XlPnMAExPSaH
1950年の映画『イヴの総て』に
登場する、アメリカ演劇界最高の
名誉とされる架空の賞の名前は
○○○○○○○○賞?
ーンスラセドシ・
セーラ・シドンス(答)
セーラ・シドンス賞
引用元:マンキウィッツ『イヴの総て』監督 『セーラ・シドンス賞』作中架空の賞 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/2923/

ロン・ハワード(Ron Howard, 1954年3月1日 – )は、アメリカの映画監督、映画プロデューサー、俳優。オクラホマ州出身。

映画監督としては、2001年の『ビューティフル・マインド』にて第74回アカデミー賞監督賞・作品賞を受賞。『ダ・ヴィンチ・コード』は全世界で7億ドルを超えるヒットを記録した。

俳優としては、子役時代に8年間演じたシットコム『メイベリー110番』のオーピー・テイラー役、10代の頃に6年間演じたシットコム『ハッピーデイズ』のリッチー・カニンガム役で知られる。日本では俳優時代、一時期ロニー・ハワードと表記されている時代があった。

プロデューサーとしては、1986年にブライアン・グレイザーと「イマジン・エンターテインメント」を共同で立ち上げ、テレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』『ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る』などを世に送り出した。

父親は俳優のランス・ハワード。母ジーン・スピーグル・ハワード、弟クリント・ハワード、妻シェリル・ハワード、娘のブライス・ダラス・ハワード、ペイジ・ハワードも俳優。
引用元:ロン・ハワード – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

解説
天才数学者ナッシュは、周囲に変人扱いされながら研究に没頭、やがて精神状態に異常をきたすようになり、病との闘いが始まる。ゲーム理論の基礎を築いたノーベル賞数学者ジョン・ナッシュの伝記小説を、オスカー俳優ラッセル・クロウを主演に「アポロ13」のロン・ハワード監督が映画化。
引用元:ビューティフル・マインド : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/1017/

ベルナルド・ベルトルッチ (Bernardo Bertolucci, 1941年3月16日[2] – 2018年11月26日[2][3][4])は、イタリアの映画監督。日本語では慣用的にベルトリッチと表記される場合もある。

受賞
アカデミー賞
監督賞
1987年『ラストエンペラー』[1]
脚色賞
1987年『ラストエンペラー』

1987年、清朝最後の皇帝である愛新覚羅溥儀の生涯を描いた『ラストエンペラー』を発表。第60回アカデミー賞作品賞・監督賞[1]など多数の賞を受賞し、世界的な成功を収めた。その後発表した『シェルタリング・スカイ』(1990年)、『リトル・ブッダ』(1993年)とともに「東洋三部作」として知られる。
引用元:ベルナルド・ベルトルッチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%83%E3%83%81

解説
3歳で清王朝の皇帝に即位した溥儀の生涯を、絢爛豪華に描いた歴史大作。1950年中国人戦犯として護送される最中、溥儀は自殺を図る。意識が遠のいていくなか、幼き日の情景が脳裏によみがえってくる……。外国人に初めて撮影許可が下りた紫禁城での即位式は、幼い溥儀に500人の家臣がかしずく圧巻のシーンである。1987年アカデミー賞では作品、監督、撮影、脚色、編集、録音、衣装、美術、作曲とノミネートされた9部門すべてを受賞。出演のほか音楽も担当した坂本龍一は、日本人として初めてアカデミー作曲賞を受賞した。ディレクターズカット版は218分。
引用元:ラストエンペラー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/31401/

サミュエル・アレクサンダー・メンデス,CBE(Samuel Alexander Mendes, CBE、1965年8月1日 – )は、イギリスの演出家・映画監督。

受賞
アカデミー賞
監督賞
1999年『アメリカン・ビューティー』

1999年公開の映画監督デビュー作『アメリカン・ビューティー』でアカデミー監督賞、ゴールデングローブ賞 監督賞を受賞。2000年にはイギリス王室より大英帝国勲章を与えられた。
引用元:サム・メンデス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9

解説
郊外の新興住宅地に暮らす夫婦と娘の三人家族。夫婦仲は冷め、娘は親と意思の疎通がない。おかしな青年とゲイ嫌いの父親がいる隣家も同様の家庭だ。だが夫がリストラに合い、娘の友人に性的妄想を抱き、妻は浮気、娘は隣家の青年と駆け落ちを決意し……。コミカルで辛辣な家庭崩壊ドラマ。アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞の5部門を獲得。
引用元:アメリカン・ビューティー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/3847/

アンソニー・ミンゲラ(Anthony Minghella, CBE, 1954年1月6日 – 2008年3月18日)は、イギリスの映画監督・脚本家・映画プロデューサー。

アカデミー賞
監督賞
1996年『イングリッシュ・ペイシェント』

1996年公開の『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー監督賞を受賞。1999年公開の『リプリー』ではアカデミー脚色賞にノミネートされた。
引用元:アンソニー・ミンゲラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%A9

解説
第二次大戦を挟む激動の時代、二つの大陸にまたがって繰り広げられる愛のロマンを描く、官能的な映像叙事詩。世界で最も権威ある文学賞といわれるイギリスのブッカー賞を受賞したマイケル・オンダーチェの長編小説『イギリス人の患者』(邦訳・新潮社)を、「最高の恋人」のアンソニー・ミンゲラの監督・脚本で映画化。製作は「アマデウス」「存在の耐えられない軽さ」のソウル・ゼインツ、製作総指揮は「ファーゴ」のボブとハーヴェイのワインステイン兄弟、スコット・グリーンステイン。エロティックに砂漠の映像をとらえた撮影は「アメリカン・プレジデント」のジョン・シール、音楽は「愛と勇気の翼」のガブリエル・ヤーレ、衣裳は「バードケージ」のアン・ロスが担当。主演は「ストレンジ・デイズ 1999年12月31日」のレイフ・ファインズ、「ミッション:インポッシブル」のクリスティン・スコット=トーマス、「カウチ・イン・ニューヨーク」のジュリエット・ビノシュ。共演は「愛しすぎて 詩人の妻」のウィレム・デフォー、「カーマ・スートラ 愛の教科書」のナヴィーン・アンドリュース、「サークル・オブ・フレンズ」のコリン・ファース、「対決」のユルゲン・プロホノフほか。第69回アカデミー賞で監督賞、助演女優賞(ジュリエット・ビノシュ)、美術賞、撮影賞、衣裳デザイン賞、編集賞、オリジナル作曲賞、音響賞の9部門を受賞。第54回ゴールデン・グローブ賞で作品賞、オリジナル作曲賞を受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第5位。
引用元:イングリッシュ・ペイシェント : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/42503/

ジョナサン・デミ(Jonathan Demme、本名:Robert Jonathan Demme、1944年2月22日 – 2017年4月26日[2])は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家。

受賞
アカデミー賞
監督賞
1991年『羊たちの沈黙』

1991年公開の『羊たちの沈黙』でベルリン国際映画祭監督賞とアカデミー監督賞をダブル受賞。作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、主演女優賞の5部門を制覇した3本の映画の一本となった。
引用元:ジョナサン・デミ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%9F

解説
FBIアカデミーの優秀な訓練生クラリスは連続誘拐殺人事件の捜査スタッフに組み込まれ、犯罪者として収監されているレクター博士と面会する。それは、天才的な精神科医でありながら、自らの患者を次々と死に追いやったレクターこそ事件の謎を解く鍵になると見込んでのことだった。レクターはクラリスに興味を示し、捜査の手がかりを与える。ふたりが次第に心を通わせていく一方、新たな誘拐事件が。そしてレクターは脱獄を図り……。ジョナサン・デミ監督の代表作となったサイコサスペンス。1991年6月に日本公開。2001年3月にはニュープリント版が公開された。
引用元:羊たちの沈黙 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/25151/