wasp【蜂】

アメコミのヒーローを
描いた2018年公開の映画
『アントマン』の続編は
『アントマン&◯◯◯』?
マルトン
ビワスプ
ワスプ(答)
50%

マーベルコミック原作で「マーベル・シネマティック・ユニバース」に属する映画「アントマン」のシリーズ第2作。体長1.5センチにまで小さくなることができる異色のヒーロー、アントマンと、同じく伸縮自在な戦うヒロイン、ワスプの活躍を描く。元泥棒でバツイチのヒーロー、アントマンことスコット・ラングは、2年前にアベンジャーズの戦いに参加したことがきっかけで、いまはFBIの監視下に置かれ、自宅軟禁の日々を送っていた。あと3日でFBIの監視から解放されるという日、スコットの前に、アントマンのスーツの開発者であるハンク・ピム博士と、博士の娘のホープ・ヴァン・ダインが現れ、2人が極秘に進めていたある計画に協力するよう要請される。そんな彼らの前に、ピム博士の研究技術を狙い、壁をすり抜ける謎の敵ゴーストが現れ……。前作と同じペイトン・リード監督がメガホンを取り、アントマン=スコット・ラング役のポール・ラッド、今作からワスプとなり戦いに参加するホープ・ヴァン・ダイン役のエバンジェリン・リリー、ピム博士役のマイケル・ダグラスら前作の主要キャストが続投。ホープの母で先代ワスプとなるジャネット・ヴァン・ダイン役でミシェル・ファイファーが新たに参加した。
引用元:アントマン&ワスプ : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/88645/

ワスプ(The Wasp, 本名: ジャネット・ヴァン・ダイン、Janet van Dyne)は、マーベル・コミックの出版物に登場するスーパーヒロインである。作者はスタン・リーとジャック・カービーで、『Tales to Astonish』第44号(1963年6月)で初登場した。

2008年にジャネットが死亡した後はヘンリー・ピムがワスプの名を継いだ。

2011年5月、IGNの歴代コミックヒーロー・トップ100で99位となった。また、『Comics Buyer’s Guide』の「コミックの100人のセクシーな女性」では94位となった[1]。
引用元:ワスプ (マーベル・コミック) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B9%E3%83%97_(%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF)

waspの使い方と意味
wasp

カリバチ、狩蜂◆幼虫に与える餌として昆虫やクモなどを狩るハチ。アシナガバチやスズメバチなど。
気難しい人、すぐに怒る[イライラする]人
レベル8、発音wɑ́sp、カナワスプ、変化《複》wasps
引用元:waspの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=wasp

WASP(ワスプ)とは、「ホワイト・アングロ-サクソン・プロテスタント(英語: White Anglo-Saxon Protestant)」の頭文字をとった略語である。

解説[編集]
アメリカ合衆国における白人エリート支配層の保守派を指す造語であり、当初は彼らと主に競争関係にあったアイリッシュカトリックにより使われていた。エドワード・ディグビー・ボルツェルが1964年に「プロテスタントの結成:アメリカの貴族とカースト制度」[1]を著したことで一般にも用いられるようになった。この語の指示範囲は使用者によりまちまちであり、イングランド系を指す場合と長老派教会や会衆派教会、米国聖公会に属するスコッチ・アイリッシュやウェルシュ、スコティッシュなどむしろケルト系のものまで含む場合もある。社会学者のウィリアム・トンプソンとジョーゼフ・ヒッキーは、この言葉の意味の曖昧さを指摘して以下のように述べている。

WASP という語には多くの意味がある。社会学では、この語は北西ヨーロッパに家系のルーツを持ち米国建国の担い手となった集団を意味するが、今日では意味が拡大し、多くの人々にとって WASP とはいかなるマイノリティ集団にも属さないほとんどの「白人」を指す語となっている。[2]
引用元:WASP – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/WASP