【寿司】

かつて脚本家の西田征史と
お笑いコンビ「ピテカンバブー」
を結成していたお笑い芸人は
コトブキツカサである
◯(答)
63%

ピテカンバブーはホリプロに所属していたお笑いコンビ。1995年4月結成、2000年10月解散。

メンバー[編集]
西田征史(にしだ まさふみ、1975年5月22日 – )

東京都出身。血液型B型。学習院大学法学部法律学科卒業。

解散以降、映画やドラマ、舞台、テレビアニメの脚本・演出とマルチに活動の場を広げている。また自らも役者として出演することもある。
ホリプロ退社後はQueen-Bに所属している。

佐野忠宏(さの ただひろ、1973年11月16日 – )

静岡県富士宮市出身。血液型O型。和光大学人文芸術学科中退。

解散後はピン芸人「コトブキツカサ」として活動。フリーランスを経て現在はナチュラルエイトに所属。
芸人活動の傍ら心理カウンセラーとしての活動も行っており、その中で年間約500本の映画を観ている事から映画心理カウンセリングを得意としている(好きな映画を3本挙げれば、その人の心理がわかる、ということなど)。
引用元:ピテカンバブー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%86%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%BC

西田 征史(にしだ まさふみ、1975年5月22日 – )は、日本の脚本家、俳優、演出家、元お笑い芸人。所属事務所はQueen-B。東京都出身。学習院大学法学部法律学科卒業。身長177cm。血液型B型[1]。愛称は「西やん」。

主な作品
テレビドラマ
『ママさんバレーでつかまえて』
『怪物くん』
『妖怪人間ベム』
『実験刑事トトリ』
『とと姉ちゃん』

映画
『ガチ☆ボーイ』
『映画 怪物くん』
『映画 妖怪人間ベム』
『小野寺の弟・小野寺の姉』
『信長協奏曲』

来歴[編集]
学習院中・高等科に通っていたが、エスカレータ進学して就職する流れに違和感を覚え、その流れを変えるために1994年に高等科3年生でオーディション雑誌で募集を目にしたホリプロの芸人オーデションを受け合格[2][3]。同年に内海智(現株式会社ポニーキャニオン/映像プロデューサー)とお笑いコンビ「ガラパゴス」を結成。その後、同コンビ名にて数回の相方変更を経て、1995年に佐野忠宏とお笑いコンビ「ピテカンバブー」を結成するかたわら、大学に通いながら河野靖主宰の劇団「携帯万能カプセル」にて俳優としての活動も始めた[4]。しかし芸人としては売れず、出演していた番組でアシストをしていたが司会から突然何か面白いことを言ってほしいと言われたが対応できず、これ以降人前や舞台で口数が少なくなり[3]、大手事務所所属の肩書に満足して遊び呆ける生活で目標も決まらず売れないなら相方のせいかもしれないと思う自分にも嫌になり一人で責任を負う仕事をしたいと考え、ピン芸人にはなれないと物語を作ることが好きで笑いとテーマに漫才のネタより長い物語を考えてみようとする[5][3]。実家暮らしで遊ぶこともできたが月収10万円では発展性がないと24歳の1999年に解散し、芸人をやめる[4][3]。

2000年から、元々物語性の強い作品が好きだったこともあって舞台の脚本・演出を手がけるようになった。そして、かわのをとやと演劇ユニット「鼻ギター」を結成した。漫才のネタ作りをしていたため脚本を練るのに苦労することはなかったが仕事が来ない日々が続いていた最中[5]、芸人時代に親交のあった小林賢太郎(ラーメンズ)の演劇作品に俳優として舞台に立っているときにプロデューサーの目に留まり、その繋がりで脚本のコンペティションを受けることとなり、映画『ガチ☆ボーイ』(2008年)の脚本に抜擢された[4]。
引用元:西田征史 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E7%94%B0%E5%BE%81%E5%8F%B2

コトブキツカサ(1973年11月16日 – )は、日本の映画パーソナリティ。本名、佐野 忠宏(さの ただひろ)。2009年11月に芸名を「寿司」(読みはことぶき つかさ)から「コトブキツカサ」に改名した。

静岡県富士宮市出身。ナチュラルエイト所属。血液型はO型、身長171cm、体重72kg。和光大学人文芸術学科中退。2014年より日本工学院非常勤講師を務める。

来歴・人物[編集]
学生時代は大槻ケンヂのオールナイトニッポンのヘビーリスナーであった。当時のペンネームは「イングリティ佐野」。
1995年に、西田征史とのお笑いコンビ「ピテカンバブー」を結成、この時はホリプロに所属し本名で活動、『ホリプロお笑いライブ』などのライブ、テレビ、ラジオなどに出演。ピテカンバブーは2000年10月に解散。
解散後はピン芸人に転向し、元フォークダンスDE成子坂(後に鼻エンジン)の村田渚と路上(後に多摩川河川敷→中野スタジオtwl)トークライブを月に一回行うなどの活動を展開。しばらく事務所に所属せずフリーだったが、後にプライムに移籍、芸人活動の傍ら、くりぃむしちゅーの有田哲平の付き人兼運転手も務めるようになる。尚この間、芸名は「佐野スカイウォーカー」→「さのっち」→「すなっち」→「寿司」→「コトブキツカサ」と変わっている。コトブキツカサという芸名は、フォークダンスDE成子坂のネタの中に出てくる名前が由来となっている[1]。2006年に急死した村田の第一発見者であり、その死に顔は「本当に穏やかだった。微笑んでいた」だったと言う。
引用元:コトブキツカサ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%83%96%E3%82%AD%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%B5