【三遊亭好楽へ入門】

以前は本名の「末高斗夢」
名義で活動していた
「R-1ぐらんぷり2013」で
決勝進出を果たした落語家は?
三遊亭いのしし

三遊亭こうもり(答)
三遊亭かものはし
三遊亭あるまじろ
41%

哲学者トマス・ネーゲルが
意識の主観性について論じ
1974年に発表した論文は?
カマキリであるとはどのようなことか

ライオンであるとはどのようなことか
セイウチであるとはどのようなことか
コウモリであるとはどのようなことか(答)
49%

引用元:What is it like to be a bat? | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/50430/


次の生物を
より低い周波数の音が
聞こえる順に選びなさい
ヒト 20~20000Hz
ネコ 60~65000Hz
イルカ 150~150000Hz
コウモリ 1000~120000Hz
42%

順番当て
次の動物を
より高い周波数の音が
聞こえる順に選びなさい
イルカ
ネコ
イヌ
ヒト
引用元:「可聴域低順」ヒト、ネコ、イルカ、コウモリ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/34871/

056DlcRMgbqPx
2006年にコモロ諸島の火山島で
発見された、人間の親指ほどの
大きさしかないコウモリは
「◯◯◯◯◯◯◯コウモリ」?
レアガナユビン
アレンユビナガ(答)
「アレンユビナガ(指長)コウモリ」
引用元:アレンユビナガコウモリ 2006コモロ諸島で発見された新種コウモリ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/102/

三遊亭とむ(さんゆうていとむ、1983年12月31日 – )は、日本のお笑いタレント、落語家、俳優である。別名義・旧芸名・本名は末高 斗夢(すえたか とむ)、旧高座名は三遊亭こうもり(さんゆうてい こうもり)。

円楽一門会、エイベックスマネジメントに所属。東京都新宿区西早稲田出身、明治学院東村山高等学校卒業、亜細亜大学中退。

三遊亭好楽へ入門してから二つ目に昇進するまでの高座名が「三遊亭こうもり」であったのは、好楽が弟子の高座名に、「好(こう)」の字を原則として入れていることによる。もっとも、兄弟子に当たる5人の落語家に漢字の高座名を充てたのに対して、末高の高座名にはひらがなを交えていた。結局、二つ目への昇進が決まったことを機に、本名の斗夢をひらがなで表記した「とむ」を高座名に付けている。

「落語(RAKUGO)」の頭文字「R」を由来とする第11回R-1ぐらんぷりにて桂三度とともに第1回以来の10年ぶりの落語家として決勝大会に出場する。結果は決勝大会出場者唯一の0点となり、レギュラー出演する『大竹まこと ゴールデンラジオ!』で「三遊亭0点」と揶揄された。なお、本人は「R-1効果で2週間はモテる」とナンパに励んでいた。 その一方で、2018年には、レギュラー番組の1つである『ヤングタウン日曜日』(MBSラジオ)の企画でM-1グランプリにも挑戦。同番組のアシスタントで、大学生時代に準決勝へ2度進出した経験を持つ福島暢啓(毎日放送アナウンサー)と「ヤングタウン」というコンビを組みながら、落語を交えた漫才を披露した。しかし、即興同然で東京予選に臨んだ結果、3回戦で姿を消している。

2019年には、NHK総合テレビのオーディションを経て、大河ドラマの『いだてん』へ出演している。2018年に「レギュラーEX」と称するオーディションで合格したため、当初は「大河ドラマにようやくレギュラー(キャスト)で出演できる」と思い込んでいて、『ヤングタウン日曜日』などの番組で共演者や視聴者にそのことを吹聴していた。ところが、最初に臨んだロケでの扱いを不審に思ったため、改めて確認したところ、「EX」がエキストラ(EXTRA)の略称であることが判明。合格が判明してからおよそ3ヶ月後に、このような勘違いを『ヤングタウン日曜日』で釈明する羽目になった。それでも、メインキャストの中村勘九郎 (6代目)と「末高斗夢」時代に別の作品で共演していたことから、撮影現場では勘九郎から「エキストラのリーダー(キャストの盛り上げ役)」として一目置かれているという。
引用元:三遊亭とむ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E3%81%A8%E3%82%80

三遊亭 好楽(さんゆうてい こうらく、1946年8月6日[2] – 、本名、家入 信夫(いえいり のぶお)[2])は、東京都豊島区出身の落語家。前名は林家九蔵[2]。

出囃子は『ずぼらん』[2]、あるいは五代目三遊亭圓楽、および六代目円楽と同じ『元禄花見踊』。落語家の三遊亭王楽は長男[2]。

演芸番組『笑点』(日本テレビ)の『大喜利』メンバーである。2015年より、五代目円楽一門会会長を務める。

本項での落語家の高座名は、それぞれ出来事があった当時のものとする。
引用元:三遊亭好楽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%81%8A%E4%BA%AD%E5%A5%BD%E6%A5%BD