【有働由美子、井ノ原快彦】【近江友里恵、博多華丸・大吉】

2018年4月から有働由美子の
後任としてNHKの情報番組
『あさイチ』の司会を務める
女子アナウンサーは?
桑子真帆

首藤奈知子
近江友里恵(答)
久保田祐佳
39%

『あさイチ』(ローマ字表記: asaichi)は、NHK総合テレビジョンで2010年(平成22年)3月29日から平日朝に放送されている情報番組。

概要[編集]
NHKでは、『あしたの風』開始以来『ウェルかめ』まで約半世紀もの長きに渡り、総合テレビジョンでの『連続テレビ小説』を8:15から放送し、その後にニュース・情報番組を放送するというパターンを続けてきた。

しかし、NHKの調査によって一般家庭の生活習慣が変化し、全体的に出勤時間は早まっているということが判明し、「午前8時位には一段落している」(日向英実)と判断。そこで、『ゲゲゲの女房』から『連続テレビ小説』を15分繰り上げて8:00から放送することとなり、新情報番組を編成することとなった[1][注 1]。

2010年度から、総合テレビジョンでは『NHKニュースおはよう日本』を8時で終了し、直後に『連続テレビ小説』を移行させ、前番組『生活ほっとモーニング』などを終了させて、『連続テレビ小説』直後の8:15 – 9:54までの時間帯に本番組を編成することとした(ただし、9:00 – 9:05は『ニュース』のため、一時中断)。

基本的に生放送だが、春・夏場(高校野球開催時期)などには収録放送となることがある。ゴールデンタイムに特別版を放送(収録放送と生放送の場合で分かれる)することもある。

公式サイトでは本番組を「大型情報番組」と位置付け、生活情報中心の内容で構成されていた『生活ほっとモーニング』から、それに加えて民放のワイドショーでも扱う政治・社会問題やエンターテイメント情報も取り上げるよう転換し、「生活者の視点から掘り下げる」をモットーとした[2]。ターゲットはNHK離れが進んだ40代の主婦で、スタッフの約半数を女性として「女性のニーズ」を汲み上げる番組を目指すとし[3]、番組名については「1番欲しい情報が詰まった“市場”のような活気のある番組にしたい」との願いが込められているとの説明がされた。
引用元:あさイチ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%95%E3%82%A4%E3%83%81

近江 友里恵(おうみ ゆりえ、1988年7月26日[3][4][5][6] – )は、NHKのアナウンサー。

人物・来歴[編集]
高知県生まれの東京都育ち[7]。身長は156cm。

昭和女子大学附属昭和小学校・昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。

2012年、アナウンサーとしてNHKに入局[8]。研修後、熊本放送局に配属された。

2014年春の人事異動で、熊本放送局から福岡放送局へ異動(転勤)になることを自ら公表した[9]。

2016年春の人事異動で、福岡放送局から東京アナウンス室へ異動(転勤)。同年4月30日放送回より、桑子真帆の後任として『ブラタモリ』を担当した[10]。

2018年3月限りで降板し、NHKを退職した有働由美子の後任として『あさイチ』のメイン司会に就任した[11]。
引用元:近江友里恵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E6%B1%9F%E5%8F%8B%E9%87%8C%E6%81%B5