【天地、永遠、海賊】

次の岡田准一主演の映画を
公開された順に選びなさい
『フライ,ダディ,フライ』
『陰日向に咲く』
『SP THE MOTION PICTURE』
『天地明察』
『永遠の0』
『海賊と呼ばれた男』
40%

岡田 准一(おかだ じゅんいち[3]、1980年11月18日[3] – )は、日本の俳優、歌手、タレント。男性アイドルグループ[4]・V6、Coming Century(カミセン)のメンバー[3]。

大阪府枚方市出身[1]。ジャニーズ事務所所属。妻は女優の宮﨑あおい[5]。

主な作品
映画
『木更津キャッツアイ』シリーズ
『フライ,ダディ,フライ』
『花よりもなほ』
『SP 野望篇・革命篇』
『天地明察』
『図書館戦争』シリーズ
『永遠の0』
『蜩ノ記』
『エヴェレスト 神々の山嶺』
『海賊とよばれた男』
『関ヶ原』
『散り椿』
『ザ・ファブル』

テレビドラマ
『D×D』
『オヤジぃ。』
『木更津キャッツアイ』
『タイガー&ドラゴン』
『SP 警視庁警備部警護課第四係』
『軍師官兵衛』
『白い巨塔』

声の出演
『サンダーバード』
『ゲド戦記』
『コクリコ坂から』
引用元:岡田准一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E7%94%B0%E5%87%86%E4%B8%80

1995年、V6のメンバーとしてCDデビューし、音楽活動のほかバラエティ番組に出演。97年のTVドラマ「D×D」で俳優業に進出すると、「木更津キャッツアイ」のドラマ版(02)&劇場版(03、06)や、映画「COSMIC RESCUE」(03)、「東京タワー」(04)などに出演する。その後も「タイガー&ドラゴン」(05)、「SP 警視庁警備部警護課第四係」(07)といった話題作で活躍し、第38回日本アカデミー賞では「永遠の0」(13)で最優秀主演男優賞、「蜩の記」(14)で同最優秀助演男優賞を受賞し、男優賞として史上初の最優秀賞ダブル受賞を果たした。抜群の身体能力を生かして「SP」シリーズや「図書館戦争」シリーズ(13~15)では本格的なアクションを披露。その他の映画出演作に「天地明察」(12)、「エヴェレスト 神々の山嶺」(16)、「関ヶ原」(17)などがある。
引用元:岡田准一 – 映画.com https://eiga.com/person/22535/

娘を傷つけた男に復讐を誓った平凡なサラリーマンが、高校生たちの特訓を受け逞しい父親へ変貌していく姿を描いた青春ドラマ。監督は「油断大敵」の成島出。金城一紀による同名原作を基に、金城自身が脚色。撮影を「プレイガール」の仙元誠三が担当している。主演は、「Tokyo tower」の岡田准一と「着信アリ2」の堤真一。

2005年製作/121分/日本
配給:東映
引用元:フライ,ダディ,フライ : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/41313/

劇団ひとりのベストセラー小説を、岡田准一、宮崎あおい、西田敏行ほか豪華キャストで映画化した群像劇。借金苦からオレオレ詐欺に手を染めたもののカモの老婆に親近感を抱いてしまう青年、若い頃売れない芸人に恋をしていた母の青春時代を辿る娘、25歳の崖っぷちアイドルと、彼女を応援するアキバ系オタク、大嘘つきのカリスマホームレスに憧れるサラリーマン。年代も境遇もバラバラな彼らの人生が、ある台風の日にひとつに重なり……。

2008年製作/129分/日本
配給:東宝
引用元:陰日向に咲く : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/34069/

フジテレビ系で人気を博したTVドラマ「SP」の劇場版2部作の前編。直木賞作家の金城一紀が原案と脚本を担当し、「エイリアン2」「ターミネーター2」でVFXを手がけたロバート・スコタックがスーパバイザーとして参加。主演に「V6」の岡田准一、共演に堤真一、真木よう子、香川照之ほか。警視庁警護課第4係に所属する井上薫は、危険を察知する能力“シンクロ”や、一瞬で物事を映像として記憶する“フォトグラフィック・メモリー”などの特殊能力を持つ男。井上や同僚のSPらは、国家を揺るがす大規模テロの脅威に追い込まれながらも、陰謀の解明に奔走する。

2010年製作/97分/G/日本
配給:東宝
引用元:SP 野望篇 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/54892/

岡田准一主演の人気ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」のシリーズ完結編となる劇場版第2作。官房長官を狙ったテロ事件から2カ月。怪我も回復し通常業務に戻った井上(岡田)ら第4係のSPたちは、麻田内閣不信任案の採決が行われる国会議事堂での警備につく。一方、野望の実現に向けて動き出した尾形(堤真一)は、人生の全てを賭けた計画を実行に移そうとしていた。国会内の様子がテレビで生中継されるなか、テロリストたちが一斉に行動を開始する。

2011年製作/128分/G/日本
配給:東宝
引用元:SP 革命篇 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/55483/

2010年第7回本屋大賞を受賞した冲方丁の小説を、「おくりびと」の滝田洋二郎監督が映画化。20年以上の歳月をかけて日本独自の太陰暦を作り上げていく天文暦学者・渋川春海の姿を描く。江戸時代前期、碁打ちとして徳川家に仕え、算術や星にも熱心な青年・安井算哲(後の渋川春海)は、4代将軍家綱の後見人で会津藩主・保科正之に目をかけられる。その頃の日本では、800年にわたり使われてきた中国の暦にずれが生じはじめており、算哲は保科から新たな暦を生み出すという一大計画の責任者に任命される。主演は「V6」の岡田准一。算哲の妻となるえん役に宮崎あおい。その他、中井貴一、松本幸四郎らが共演。

2012年製作/141分/G/日本
配給:角川映画、松竹
引用元:天地明察 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/56036/

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。健太郎を三浦春馬、久蔵の妻・松乃を井上真央が演じた。興行収入は87億6000万円の大ヒットとなり、第38回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞ほか8部門を受賞した。

2013年製作/144分/G/日本
配給:東宝
引用元:永遠の0 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/58291/

2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹の同名ベストセラー小説を、同じく百田原作の「永遠の0」を大ヒットさせた岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造を岡田が演じ、吉岡秀隆、染谷将太、綾瀬はるか、堤真一ら豪華キャストが共演する。主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出すが、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、様々な壁が立ちふさがる。それでもあきらめない鐡造は、型破りな発想と行動で自らの進む道を切り開いていく。やがて石油メジャーに敵視された鐡造は、石油輸入ルートを封じられてしまうが、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を秘密裏にイランに派遣するという大胆な行動に出る。それは当時のイランを牛耳るイギリスを敵に回す行為だったが……。

2016年製作/145分/G/日本
配給:東宝
引用元:海賊とよばれた男 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/83442/