【タフガイ、ナイスガイ、クールガイ、マイトガイ、ダンプガイ】

往年の青春スターで
「タフガイ」のニックネームで
呼ばれた俳優といえば
石原裕次郎ですが

「ナイスガイ」と呼ばれた
俳優といえば?
石原裕次郎
宍戸錠
小林旭
高橋英樹(答)
48%

1964年にリリースされた
歌手・小林旭のヒット曲は
『自動車◯◯◯歌』?
◯を答えなさい
ショー(答)

往年の青春スターで
「タフガイ」のニックネームで
呼ばれた俳優といえば
石原裕次郎ですが

「マイトガイ」と呼ばれた
俳優といえば?
小林旭(答)

往年の青春スターで
「タフガイ」のニックネームで
呼ばれた俳優といえば
石原裕次郎ですが

「ダンプガイ」と呼ばれた
俳優といえば?
二谷英明(答)

往年の青春スターで
「タフガイ」のニックネームで
呼ばれた俳優といえば
石原裕次郎ですが

「クールガイ」と呼ばれた
俳優といえば?
赤木圭一郎(答)


このニックネームで呼ばれた
阪神と大洋で活躍した捕手は?
(ダンプカーの画像)
つじやすひこ(答)
辻恭彦
引用元:辻恭彦「ダンプ」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/40538/


次の小林旭が主演した映画
『渡り鳥』シリーズの作品を
公開された順に選びなさい
『ギターを持った渡り鳥』
『大草原の渡り鳥』
『北帰行より 渡り鳥北へ帰る』
引用元:『ギターを持った渡り鳥』 『大草原の渡り鳥』 『北帰行より 渡り鳥北へ帰る』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/34211/

高橋 英樹(たかはし ひでき、1944年2月10日[1] – )は、日本の俳優[1]、タレント、司会者、会社役員。千葉県木更津市出身[2]。身長181cm、体重80kg、血液型はB型[1]。かつての所属事務所はアイウエオ企画[2]で、2019年2月1日から長女の高橋真麻と共にグレープカンパニーに移籍[3]。 また、アイウエオ企画の取締役も兼任。愛称は、ナイスガイ。この愛称は、1962年に週刊平凡誌上で公募を行った上で決定された(応募総数14,532通のうち3,826通と圧倒的多数を占めたのが「ナイスガイ」だった)[4]。

妻は高橋所属事務所の取締役でもある小林亜紀子。長女はフリーアナウンサーの高橋真麻。
引用元:高橋英樹 (俳優) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E8%8B%B1%E6%A8%B9_(%E4%BF%B3%E5%84%AA)

小林 旭(こばやし あきら、1938年11月3日[注釈 1] – )は、日本の俳優、歌手である。本名は同じ。身長180cm、体重98kg、血液型AB型[2]。特技は柔道五段、ゴルフ[2]。愛称は『マイトガイ』。
引用元:小林旭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%97%AD

二谷 英明(にたに ひであき、1930年1月28日 – 2012年1月7日)は、日本の俳優。京都府舞鶴市出身。

1956年小林旭らと第3期ニューフェイスとして日活に入社、同年『沖縄の民』で夜襲の少尉役としてデビュー。1957年主演デビューを飾る。1961年、日活スター映画のローテーションである「ダイヤモンドライン」入りし、以後「ダンプガイ」の愛称で石原裕次郎、小林旭、宍戸錠、赤木圭一郎などとともに日活アクション路線の全盛期を築いたが、次第にヒーローのライバルや相棒、あるいは上司役といった、貫禄ある準主演者としての出演が多くなり、アクション映画のみならず、あらゆるジャンルの日活映画に欠かせない存在として高く評価されている。日活スターの中でも比較的、年長者であった事もあり、実際に日活撮影所でも「エイメイさん」と呼ばれ、多くの若い俳優達から頼られる存在で、人望も厚かった。
引用元:二谷英明 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E8%B0%B7%E8%8B%B1%E6%98%8E

赤木 圭一郎(あかぎ けいいちろう、1939年〈昭和14年〉5月8日 – 1961年〈昭和36年〉2月21日)は、日本の映画俳優。本名、赤塚 親弘(あかつか ちかひろ)[1]。愛称はトニー。

映画界入り[編集]
1958年(昭和33年)、日活第4期ニューフェイスとして日活へ入社。石原裕次郎主演の『紅の翼』に本名の「赤塚親弘」名義で群衆の一人としてエキストラ出演し、これが映画デビュー作となった。その西洋的風貌や退廃的な雰囲気がこれまでの日本人俳優にはない個性として評判を呼び、「トニー」の愛称で主人公の弟分や準主役級として出演するようになった。この愛称は、1950年代から1960年代にかけて人気のあったハリウッドスタートニー・カーティスにどことなく風貌が似ていたことが由来である[1][3][4][5]。

1959年(昭和34年)、鈴木清順監督の『素っ裸の年令』で初主演を果たす。その後、『拳銃無頼帖』シリーズなど20本以上の無国籍アクション映画に主演し、日活のアクション俳優として「タフガイ=石原裕次郎」「マイトガイ=小林旭」に続く「第三の男」と呼ばれた[6]。その風貌から「和製ジェームズ・ディーン」[7]とも云われた[8][9][10]。
引用元:赤木圭一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E6%9C%A8%E5%9C%AD%E4%B8%80%E9%83%8E