【休暇中危機パニック明日はない】

次の映画『釣りバカ日誌』
シリーズの副題を
公開された順に選びなさい
『史上最大の有給休暇』12
『ハマちゃん危機一髪!』13
『お遍路大パニック!』14
『ハマちゃんに明日はない!?』15
『浜崎は今日もダメだった♪♪』16
『あとは能登なれハマとなれ!』17
『ハマちゃんとスーさん瀬戸の約束』18
『ようこそ!鈴木建設御一行様』19
25%

645RoLdoqK
2015年10月放送開始の
テレビ東京系のドラマ
『釣りバカ日誌~新入社員
浜崎伝助~』の主演俳優は?
佐藤隆太
濱田岳(答)はまだがく
大泉洋
伊藤淳史
引用元:「濱田岳」はまだがく TVドラマ『釣りバカ日誌』浜崎伝助役 「西田敏行」鈴木一之役 主題歌「DISH//」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/18289/

イントロダクション
映画『釣りバカ日誌』は1988年、「平成」という時代と共に産声を上げました。
『釣りバカ日誌スペシャル』、『花のお江戸の釣りバカ日誌』を含め全22作。
バブル景気、ゼネコン疑惑、地球環境問題など、その時々における社会情勢をスクリーンに映し出し、その時代に生きる全ての人の現実と希望を描いてきた映画『釣りバカ日誌』シリーズ。

『男はつらいよ』シリーズが昭和を代表する映画なら、名実共に平成という時代と共に生まれ育ち、今や日本映画を代表する長寿シリーズとなった『釣りバカ日誌』。

現在もどこか安心感や懐かしさ覚えさせる平成の人情喜劇として幅広い世代から愛され続けています。
引用元:作品一覧 | 松竹映画『釣りバカ日誌』公式サイト | 松竹株式会社 https://www.cinemaclassics.jp/tsuribaka-movie/movie/

『釣りバカ日誌』(つりバカにっし)は、作・やまさき十三、画・北見けんいちによる日本の釣り漫画で、1979年から小学館『ビッグコミックオリジナル』で連載され、1980年から小学館ビッグコミックスより刊行されている。既刊本編103巻、番外編13巻。

また、実写映画化、テレビアニメ化、実写テレビドラマ化もされた。原作との相違点は下記を参照。略称は「釣りバカ」。

概要[編集]
万年ヒラ社員(営業職)のサラリーマンであるハマちゃんこと浜崎伝助は、上司の佐々木課長に教わった釣りにすっかりハマってしまい自他共に認める「釣りバカ」に。ある日ハマちゃんはひょんなことから知り合った「スーさん」という初老の男性を釣りに誘う。しかしこのスーさん、他ならぬハマちゃんが勤める資本金50億円の中堅ゼネコン会社『鈴木建設株式会社』の社長・鈴木一之助だったのである。この2人の奇妙な友情を中心に、ハマちゃんの釣りバカぶりがもたらす珍騒動(に振り回される佐々木課長ほか)を描く人気シリーズである。

第28回(昭和57年度)小学館漫画賞青年一般部門受賞。

サザエさん方式で物語が進められているが、鯉太郎の成長過程は描かれている。

作画担当については北見の他にも何人かの候補で検討を行っていた頃、担当編集である林洋一郎の草野球チームの対戦相手に助っ人として北見がいたことからそれも何かの縁ということから決定となった[1]。

映画(シリーズ)[編集]
Crystal128-aktion.svg ポータル 映画
プロジェクト 映画
1988年(昭和63年)から2009年(平成21年)にかけて松竹系にて、1995年(平成7年)・1999年(平成11年)を除き[注 16]毎年1本新作が公開された。全22作品の脚本を山田洋次が手がけ、『男はつらいよ』シリーズと並び松竹を代表する国民的映画シリーズでもあった。本稿では1作目と全体について記述し、シリーズ各作品については該当の項を参照のこと。

『男はつらいよ』の同時上映作品として1988年(昭和63年)12月に第1作『釣りバカ日誌』が公開され、松竹もそれ程力を入れてはいないB面映画であったものの、公開後の評判も良く、特に渥美清の逝去により『男はつらいよ』シリーズが終了となってからは、松竹を支える看板映画シリーズとして製作された。当初は第1作のみで完結する予定でラストもそのように作られているが、シリーズ化により第1作と2作以降は繋がらなくなっている。主演の西田・三國両名の高齢化もあり、2009年(平成21年)12月公開の第22作『釣りバカ日誌20 ファイナル』をもって終了した。

『男はつらいよ 寅次郎の縁談』に西田敏行がハマちゃん役で1シーンのみカメオ出演したことがある。
引用元:釣りバカ日誌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%A3%E3%82%8A%E3%83%90%E3%82%AB%E6%97%A5%E8%AA%8C