下田治美『愛を乞うひと』

次の日本アカデミー賞の
最優秀作品を受賞した
作品を、受賞した順に
選びなさい
『シコふんじゃった。』 1992
『Shall we ダンス?』 1996
『愛を乞うひと』 1998
31%


次の日本の映画賞を
創設が古い順に選びなさい
毎日映画コンクール 1946
ブルーリボン賞 1950
日本アカデミー賞 1978
引用元:毎日映画コンクール、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/38204/

日本アカデミー賞(にっぽんアカデミーしょう、Japan Academy Film Prize)は、日本の映画賞。主催は日本アカデミー賞協会で、米国の映画芸術科学アカデミーより正式な許諾を得て発足[1][2]。1978年(昭和53年)4月6日から毎年催されている。

概要[編集]
アメリカのアカデミー賞と同様の運営方式を執り[3][4]、「映画産業のより一層の発展と振興、さらには映画界に携わる人々の親睦の機会を作る事」を主旨とし[3][4][5]、「映画人の創意を結集し、日本映画界にあって最高の権威と栄誉を持つ賞に育成すること」を念頭に創設された[4][5]。

それまでの映画賞が、映画評論家、新聞、雑誌記者などジャーナリストによる外部の決定に対し[6]、実際に日本の映画製作に従事する映画人が会員となり[1][3][7]、会員の投票により、その年度の業績の優れた作品・映画人を選出し表彰する[3]映画人による映画人のための賞である[1][2][5][8][9][10]。
引用元:日本アカデミー賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%9F%E3%83%BC%E8%B3%9E

愛を乞うひと
劇場公開日 1998年9月26日

解説
幼い頃に実母に折檻を受け続けた記憶から脱しきれないひとりの中年女性の姿を通し、親子の絆とは何かを問う人間ドラマ。監督は「学校の怪談2」の平山秀幸。脚本は、下田治美の同名小説を基に「岸和田少年愚連隊」の鄭義信が脚色。撮影を「学校の怪談3」の柴崎幸三が担当している。主演は「絵の中のぼくの村」の原田美枝子。文部省特選、第22回モントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞受賞作品。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第2位。
引用元:愛を乞うひと : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/34386/

下田 治美(しもだ はるみ、1947年7月25日 – 2011年9月5日[1])は、日本の作家・エッセイスト。

東京都生まれ[2]。結婚したが夫に愛想を尽かし、離婚ののち出産、一人で子育てをしつつ執筆活動を始め、1984年、37歳で最初の著作『離婚聖書』を上梓する。以後離婚や子育てに関するエッセイを年一冊ずつ刊行、小説にも手を染め、1992年の『愛を乞うひと』で、実母の虐待を受ける少女を描いて衝撃を与え、1998年には映画化された。その後、子供の自立や医者批判をテーマにした本などを上梓している。

2003年、長男がヨドバシカメラに派遣社員としてDDIポケット経由で二重派遣されている時、自宅に押しかけた派遣会社の上司が下田の目前で長男を暴行し重傷を負わせる事件が起こった(ヨドバシカメラ違法派遣暴行事件)。下田と長男は派遣会社とヨドバシカメラを告訴し勝訴した。
引用元:下田治美 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E7%94%B0%E6%B2%BB%E7%BE%8E