【お岩ある】

次の映画『アイアンマン』
シリーズに登場する悪役を
登場した順に選びなさい
オバディア・ステイン
イワン・ヴァンコ
アルドリッチ・キリアン
0%

四択
怪談「番町皿屋敷」に登場する井戸の中で皿の枚数を数える幽霊といえば?
お菊(答)

怪談「番町皿屋敷」に登場する井戸の中で皿の枚数を数える幽霊といえば
お菊ですが
「四谷怪談」に登場する自分を殺害した伊右衛門に復讐する幽霊といえば?
お岩(答)

怪談「番町皿屋敷」に登場する井戸の中で皿の枚数を数える幽霊といえば
お菊ですが
『牡丹灯籠』に登場するカランコロンと下駄の音を響かせる幽霊といえば?
お露(答)

『アイアンマン』(英: Iron Man)は、2008年のアメリカ合衆国の映画。主演はロバート・ダウニー・Jr。

「マーベル・コミック」のアメリカンコミック『アイアンマン』の実写映画化の第1作品目である。そして、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第1作目である。

オバディア・“オビー”・ステイン/アイアンモンガー
スターク・インダストリーズの重鎮にしてNo.2。ハワード・スタークの盟友で、スターク社の創設期から経営に尽力し、ハワードの死後は暫定的にCEOも務め、トニーにCEOの座を譲渡してからは取締役会の一員となり、トニーを支えてきた。
気さくで豪快に振る舞い、トニーがスターク社の軍需産業撤退を決定した際も前言撤回を捲し立てるなど、トニーにとって良き相談相手であり後見人でもある。ピアノ演奏の腕もなかなかのもの。だがトニーを追い落としてスターク社を完全に掌握しようと密かに狙う野心家でもあり、内通していたテン・リングスへ彼の殺害を依頼し、スターク社製兵器の横流しを行なっていた。
引用元:アイアンマン (映画) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

『アイアンマン2』(Iron Man 2)は、2010年のアメリカ合衆国の映画。「マーベル・コミック」のヒーローコミック作品『アイアンマン』の実写映画化の第2弾。2008年の映画『アイアンマン』の続編である。

また、様々な「マーベル・コミック」の実写化映画作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズとしては、第3作品目の映画となる。

アントン・ヴァンコ
ソ連の物理学者で、イワン・ヴァンコの実父。1963年にアメリカに亡命し、ハワードと共にアーク・リアクターの研究開発に携わったが、金儲け優先の考え方をスパイ容疑と見做され、1967年にソ連へ強制送還された。収穫無しでの帰還だったためシベリアに送られ、20年間酒浸りの日々をおくり、その経緯からスターク家を恨み、息子であるイワンへ言い聞かせてきた。
現代の時点で、貧困生活へ追いやられて衰弱状態となり、トニーのアイアンマンの正体公表とほぼ同時期にイワンへ詫びの言葉を遺して息をひきとる。

イワン・ヴァンコ / ウィップラッシュ
ロシアの物理学者で、アントン・ヴァンコの息子。父親からは機械工学の全てを伝授されると共に、ハワード・スタークに対する怨恨を聞いて育った。ソ連時代に兵器をパキスタンに売ったことで有罪判決を受け、15年間刑務所に服役した経歴を持つ。
全身にロシア文字のタトゥーが彫られた屈強な肉体[注釈 5]が特徴で、口数は少ないが、ロシア語訛りの英語とロシア語で会話する。大抵のことにも全く動じず[注釈 6]、非常に優れた機械工学の技術だけでなく、生身でも自身と同等の体躯を持つ者たちをまとめて容易く殺害できる高い格闘戦能力と、トニーがパラジウムの毒素に侵されていることを見抜くほどの鋭い洞察力を持ち、さらにコンピューターのハッキング技能にも長けているなど、多彩な男である。また、爪楊枝を口に咥えていることが多く、厳つい外見とは裏腹にキバタンを飼育して可愛がっている。
引用元:アイアンマン2 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B32

『アイアンマン3』(Iron Man 3、またはIron Man Three)は、2013年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。

「マーベル・コミック」のアメリカン・コミックヒーロー『アイアンマン』の実写映画化作品の第3作品目。また、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの作品としては『アベンジャーズ』に続いて第7作品目の映画となる。また、「フェイズ2(第2シーズン)」の第1作目でもある。

A.I.M.[編集]
アルドリッチ・キリアン
演 – ガイ・ピアース[15]、日本語吹替 – 小原雅人
A.I.M.の創設者にして社長。若くして科学のエキスパートとなった天才で、ことわざ好きで“変人”の父親がいたという。1999年の大晦日に、ベルンの技術会議の会場でトニーの熱烈なファンとして彼に自分の研究を紹介しようと声を掛けるが、結局取り付けた待ち合わせの約束を破られて1時間以上も待ちぼうけを食らい、投身自殺まで考えかけた過去がある。また、ペッパーの嘗ての仕事仲間であり、彼女に独自の思惑を持つ。
元々は乱れた長髪に眼鏡というギークな容姿で、杖を使う必要があるほど片脚が悪く、吃音気味の青年だったが、投与したエクストリミスの効果で障害を克服して、現在ではペッパーに馴れ馴れしく色目を使う程の二枚目に変貌し、上半身に一対の龍の模様のタトゥーを入れている。エクストリミスとの相性が良かったため、左腕を切断されても再生し、高熱を宿した手刀はアーマーを容易く切断し、口から火炎を吐くこともできる。また軽快な動きでリパルサーを躱して反撃するなど、戦闘訓練も積んだ様子。
トニーに約束を反故とされたことで、彼への復讐心と世の中への憎悪が芽生え、マヤが発明したエクストリミスの研究開発と人体実験をA.I.M.で行い、エクストリミスの適合者は“エクストリミス・ソルジャー”として配下に置き、不適合者の爆死は捏造した架空のテロリスト“マンダリン”に犯行声明を出させて、テロ攻撃だと世間に不安を煽り、それに乗じて各国へ武器を売り捌きA.I.M.を拡大した。そして、西側諸国最高権力者とテロリストを手中に収め、反テロ戦争を引き起こして世界市場を得ることを最終目的として暗躍する。
引用元:アイアンマン3 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B33