死悲吾【川崎】

ハウス・ミュージック
発祥の地とされるディスコ
「ウェアハウス」があった
アメリカの都市はどこ?
ニューヨーク

シカゴ(答)
デトロイト
メンフィス
42%

ウェアハウス(英語: The Warehouse)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにかつて存在したナイトクラブ。DJフランキー・ナックルズによって生み出されたハウスミュージックの生誕地として知られている。

概要[編集]
シカゴ市内のサウス・ジェファーソン・ストリート206番地[1]にて1977年に営業を開始したウェアハウスは、R&Bやディスコミュージックの店として元々知られていた。同店の初代音楽監督であったナックルズは、オリジナル性の高い音楽を生み出すために試行錯誤する課程でディスコミュージックとヨーロピアン・エレクトロニックミュージックをミックスする手法を発見した。
引用元:ウェアハウス (ナイトクラブ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9_(%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96)

The Warehouse was a nightclub established in Chicago, Illinois in 1977 under the direction of Robert Williams. It is today most famous for being what many consider to be the birthplace of house music, specifically Chicago house, and the genre’s center in the United States while under its first musical director, DJ Frankie Knuckles.
引用元:Warehouse (nightclub) – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Warehouse_(nightclub)

ハウス・ミュージック (House music) は、1977年にアメリカ合衆国シカゴで誕生した音楽ジャンルの一つ。単にハウスと呼ばれることが多い。70年代のディスコやフィリー・ソウル、サルソウル・サウンドなどを起源としている。ルーツとしては、ゲイなどに対する性差別解消をテーマにしたカルチャーが存在した。

ハウスの語源は、シカゴのゲイ・ディスコ「ウェアハウス」が名称由来とされ、その特徴から、アメリカではディスコやハウスは、社会的にはLGBTや性差別解消をテーマにする音楽であるとされる。その後、80年代末~90年代以降、ハウスの中心地はアメリカからイギリスを中心とするヨーロッパに移ったが、イギリスでは当初のテーマ性の追求は薄れ、様々な音楽との混合(ミックス)技術をテーマとする試みが行われた。現在(2019年)では、当初のテーマ性はほとんど消え、音楽のアレンジ(編曲)上の一手法として、世界的に普及している。性差別をテーマとする一部のハウスは、1980年代後半から90年代にかけて、差別や貧困をテーマとするヒップホップ (hip hop) とともに、DJ(ディスクジョッキ―)プレイで好まれる音楽として流行した。
引用元:ハウス (音楽) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF

基本的にはミュージシャンの演奏を録音したものであったそれまでのダンス・ミュージック(ファンク、ディスコなど)とは異なり、クラブ・ミュージックの制作には必ずしも楽器の演奏能力を必要としない。DJがクラブで行うDJプレイ、さまざまなレコードを2台のターンテーブルによってつなぎ合わせミックスする実践の延長線上にクラブ・ミュージックは存在する。リズム・マシンによってダンスに適したビートを刻み、サンプラーによって既存のレコードからサウンドのサンプルを採取し配置したり、あるいはシンセサイザーのプログラミングによって楽曲を構築するのがクラブ・ミュージックの典型的な制作手法である。
 DJによる音楽制作によって生まれた最初の音楽はヒップ・ホップである。70年代中ごろのニューヨークのブロンクス地区では、同じレコードを2枚用い、2台のターンテーブルを用いて、曲の中の気に入った箇所を繰り返し流して(これをブレイクビーツと呼ぶ)ダンスすることが行われていた。DJが生み出すビートに合わせてしゃべるラップや、アクロバティックなブレイクダンス、地下鉄の車体などに色鮮やかに落書きされるグラフィティなどはヒップ・ホップと総称され、アメリカの都市の黒人文化として発達していく。ヒップ・ホップは80年代に入ると世界的に流行し、DJが新たなミュージシャンとして認められはじめる。
 一方、70年代後半のニューヨークやシカゴのナイト・クラブはディスコ・ブームに沸いていたが、77年にニューヨークからシカゴに招かれたDJ、フランキー・ナックルズFrankie Knuckles(1955― )は、ディスコ・ミュージックに限らない多様なジャンルのレコードをミックスしたプレイで評判を呼んだ。やがて、ナックルズや周囲のDJたちはそのようなDJプレイの延長線で、自ら音楽制作を開始する。ナックルズを呼び寄せたクラブ、ウェアハウスの名を取って、ハウスと呼ばれたこのクラブ・ミュージックは、ディープ・ハウスやガラージ・ハウスといったさまざまなサブジャンルを生み、やがて大西洋を越えてイギリスへ浸透する。
引用元:クラブ・ミュージック(クラブミュージック)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF-831279