モーツァルト交響曲『ジュピター』第41番 メンデルスゾーン交響曲『賛歌』第2番『スコットランド』第3番『イタリア』第4番 ハイドンの交響曲『告別』第45番 『奇蹟』第96番 驚愕『第94番』 『軍隊』第100番 『時計』第101番 『ロンドン』第104番

091dMxcsra
045wQBcHll
モーツァルトの交響曲で
『ジュピター』の別名がある
ものは第◯◯番?
◯を答えなさい
41(答)
31%
「交響曲第41番」
「ジ」と「ピ」から「シピン」で41

CIMG5524
19世紀ドイツの作曲家
メンデルスゾーンの
交響曲第2番は『◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
さんか
『賛歌』

線結び
次のメンデルスゾーンの交響曲と、その題名の正しい組み合わせを選びなさい
第2番───賛歌
第3番───スコットランド
第4番───イタリア

065tSFNqRHdtG
066dZIXSrObES
ハイドンの交響曲で
『告別』という別名があるのは
第45番ですが

『奇蹟』という別名があるのは
第◯◯番?
◯を答えなさい
96

『驚愕』という別名があるのは
第○○番?
◯を答えなさい
94

『軍隊』という別名があるのは
第◯◯◯番?
◯を答えなさい
100

『時計』という別名があるのは
第○○○番? ◯を答えなさい
101

『ロンドン』という別名が
あるのは第○○○番?
◯を答えなさい
104

交響曲第41番(こうきょうきょくだい41ばん)ハ長調 K.551 は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲である。
本作は『ジュピター』(ドイツ語ではユーピター)のニックネームを持つ。モーツァルトが作った最後の交響曲である。
1788年8月10日に完成された。同年に作曲された交響曲第39番(6月26日)、交響曲第40番(7月25日)とともに「3大交響曲」と呼ばれる。他の2曲同様、作曲の目的や初演の日時は不明であるが、モーツァルトの生存中には演奏されていたと見られる。
交響曲第41番 (モーツァルト) – Wikipedia

「スコットランド交響曲」として知られる「交響曲第3番」は作曲と改訂が断続的に続き、それは1829年(彼はホリールード宮殿訪問の際に開始主題を書き記している)から1842年まで及んだ。この年に同曲はライプツィヒで初演され、これが公開演奏された彼の最後の交響曲となった。この曲はロマン主義の中にスコットランドの空気感を思い起こさせるが、中にスコットランド民謡の旋律が引用されているとして同定された例は確認されていない[89]。
メンデルスゾーンはイタリア旅行から着想を得て、「イタリア交響曲」として知られる「交響曲第4番」を作曲した。彼は1833年に自らの指揮でこれを初演したが、その後も改定を計画しており、生涯この曲の出版を許可しなかった[90]。
メンデルスゾーンの合唱交響曲(英語版)である「交響曲第2番 変ロ長調」は『賛歌 Lobgesang』と銘打たれており、ライプツィヒにおける印刷技術発明400周年を祝して書かれたものである。初演は1840年6月25日に行われた[91]。
フェリックス・メンデルスゾーン – Wikipedia

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732年3月31日 ニーダーエスターライヒ州ローラウ(英語版)) – 1809年5月31日 ウィーン、但し遺体はアイゼンシュタット)は、古典派を代表するオーストリアの作曲家。また、弟ミヒャエル・ハイドンも作曲家として名を残している。
>弦楽四重奏曲第77番第2楽章にも用いられた皇帝讃歌「神よ、皇帝フランツを守り給え」の旋律は、現在ドイツの国歌として用いられている。
>Hob. I-82~87 『パリ交響曲』
Hob. I-88~89 『トスト交響曲』
Hob. I-90~92 『ドーニ交響曲』
Hob. I-93~104 『ザロモン交響曲/ロンドン交響曲』
Hob. I-94 交響曲第94番ト長調『驚愕』
Hob. I-100 交響曲第100番ト長調『軍隊』
Hob. I-101 交響曲第101番ニ長調『時計』
Hob. I-104 交響曲第104番ニ長調『ロンドン』
引用元: フランツ・ヨーゼフ・ハイドン – Wikipedia.

交響曲第45番嬰ヘ短調 Hob.I:45は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した交響曲の1つ。成立年代は諸説あって確定していないが、1772年ごろに完成された。いわゆる「シュトゥルム・ウント・ドラング期」の交響曲の中ではよく知られている作品の1つで、「告別(Abschiedssinfonie)」という俗称で有名。定式通りに4つの楽章で作曲されている。所要時間は約25分。
引用元: 交響曲第45番 (ハイドン) – Wikipedia.

交響曲第96番(こうきょうきょくだい96ばん)ニ長調 Hob.I:96は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1791年に作曲した4楽章からなる交響曲。「奇蹟」(きせき)の愛称で知られ、ロンドン交響曲のうちの1つとして知られている。
>「奇蹟」という愛称は、楽曲そのものとは関係はない。この交響曲の初演時に、会場のシャンデリアが天井から落下したにも関わらず誰も怪我をしなかった、という出来事に由来している。しかしながら近年の研究の結果、どうやらこれは交響曲第96番ではなく、102番であるらしいということが分かってきている。
引用元: 交響曲第96番 (ハイドン) – Wikipedia.