Olivia Colman

映画『女王陛下のお気に入り』の
演技により、2019年にアカデミー
主演女優賞を受賞した女優は
オリビア・◯◯◯◯◯?
ーズソコマ
ンジルョモ
コールマン(答)
10%

オリヴィア・コールマン(Olivia Colman、1974年1月30日[2] – )は、イギリスの女優である[3]。ノリッジ出身[4]。『ピープ・ショー ボクたち妄想族』[5]、『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』、『ナイト・マネジャー』への出演、『女王陛下のお気に入り』でのアカデミー主演女優賞受賞で知られている。
主な作品
映画
『思秋期』
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』
『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』
『ロブスター』
『女王陛下のお気に入り』

テレビドラマ
『ピープ・ショー ボクたち妄想族』
『ブロードチャーチ〜殺意の町〜』
『ナイト・マネジャー』
『Fleabag フリーバッグ』
引用元:オリヴィア・コールマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

コールマンのスピーチ全文
もう本当にストレスだらけで。

爆笑。私がオスカーを取るなんて。

大勢の人に感謝しなきゃならなくて、もし誰か忘れたらあとで探し出して、盛大にキスするから。

ヨルゴス、私の最優秀監督で私の作品賞。エミリー(訳注:エマ・ストーンの本名)とレイチェル、恋に落ちるならあなたたちが世界で最高。ぜんぜん大変じゃなかったの、分かるでしょう。

この素晴らしい女性たちと同じ部門に入れてもらえて……グレン・クローズ。あなたは私のアイドルで、こういう形になってほしくなかった。みなさん大好きです。

20年以上前に私を請け負ってくれたエージェントのリンディ・キング、本当にありがとう!

ママとパパ……分かってるよね。

子供たち、家で見てるはずで……見てなくても、まあいいけど、見てるといいな。こんなことはもうないから。

自分もテレビでスピーチするって練習している小さな女の子全員に、何がどうなるかわかりませんよ! 私は昔、清掃の仕事をしていて、本当にあの仕事が大好きで。

ああ、「早く終わってください」って……(スピーチを切り上げるよう指示され、舌をべーっと突き出して鳴らして反抗)

(夫の)エド、一番の親友で誰よりも支えてくれる人……ああ、泣きそうなのね。私は泣かないけど。

本当にどうもありがとうございます。(プレゼンターの)フランセスもサムも。

フォックス、キャストもスタッフも。ありがとう。がああああ。本当にありがとうございます。ああ、レディー・ガガ、大好き!
引用元:オリヴィア・コールマン、「もう爆笑、私がオスカーとるなんて」  – BBCニュース https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47366788

女王陛下のお気に入り
劇場公開日 2019年2月15日

「ロブスター」「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」で注目を集めるギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス監督が、18世紀イングランドの王室を舞台に、女王と彼女に仕える2人の女性の入り乱れる愛憎を描いた人間ドラマ。2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で審査員グランプリを受賞し、女王アンを演じたオリビア・コールマンも女優賞を受賞。第91回アカデミー賞でも作品賞を含む9部門10ノミネートを受け、コールマンが主演女優賞を受賞している。18世紀初頭、フランスとの戦争下にあるイングランド。女王アンの幼なじみレディ・サラは、病身で気まぐれな女王を動かし絶大な権力を握っていた。そんな中、没落した貴族の娘でサラの従妹にあたるアビゲイルが宮廷に現れ、サラの働きかけもあり、アン女王の侍女として仕えることになる。サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を狙っていた。戦争をめぐる政治的駆け引きが繰り広げられる中、女王のお気に入りになることでチャンスをつかもうとするアビゲイルだったが……。出演はコールマンのほか、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルトほか。
引用元:女王陛下のお気に入り : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/89555/

18世紀初頭、イギリス・ステュアート朝の女王。イギリスの海外領土の拡大、スコットランドとの合同が実現した。

 イギリス・ステュアート朝の最後の女王(在位1702~14年)。父のジェームズ2世と違い、姉のメアリとともにプロテスタントの教育を受け、名誉革命でも姉メアリを支持した。メアリとその夫ウィリアム3世に子がなかったので、1702年、王位を継承することになった。
 このアン女王の時に、イギリスはヨーロッパでのスペイン継承戦争と北米植民地でのアン女王戦争で、フランスに対する勝利を占め、イギリス革命の混乱を克服して発展を継承させた。また1707年には、イングランド王国がスコットランド王国を併合して大ブリテン王国が成立し、名実ともにイギリス王となった。
 1714年、後継がないまま死去したので、イギリス王はスチュアート家との血縁関係からドイツのハノーヴァー選帝侯が継承することとなり、ジョージ1世が即位し、イギリスはハノーヴァー朝となる。
引用元:アン https://www.y-history.net/appendix/wh1001-082.html