【Master of Monster】

『アルゴ探検隊の大冒険』
『原子怪獣現わる』などの作品で
知られる、「アメリカ特撮映画の
巨匠」と呼ばれた映画監督は?
サミュエル・ゴールドウィン
レイ・ハリーハウゼン(答)
ジェリー・アンダーソン
ジーン・ロッデンベリー
49%

レイ・ハリーハウゼン(Ray Harryhausen、1920年6月29日 – 2013年5月7日[1])は、アメリカ合衆国の特撮映画監督・ならびに特殊効果スタッフで、ストップモーション・アニメーター。映画史上、20世紀の映画における特撮技術の歴史を作ってきたといわれる人物である。主に1950年代から1970年代に活躍し、多くの特撮SF・ファンタジー映画を手がけた。

晩年[編集]
1994年の映画『ビバリーヒルズ・コップ3』ではカメオ出演し、1998年には『猿人ジョー・ヤング』のリメイク作品『マイティ・ジョー』に、『猿人ジョー・ヤング』で主演を務めたテリー・ムーア(英語版)と共にカメオ出演し、2003年公開の『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』にもカメオ出演した。2010年には『バーク アンド ヘア』にもカメオ出演している。

2013年5月7日、5か月間の闘病の末に92歳で死去したことが、家族によってTwitterとFacebookで公表された[5][6]。デイリー・ミラーはハリーハウゼンのウェブサイトを引用して、「ハリーハウゼンはスティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロン、ピーター・ジャクソン、ジョージ・ルーカス、ジョン・ランディス、ニック・パークなど多くの映画製作者に多大な影響を与えた」とコメントを発表した[7]。

業績[編集]
ダイナメーション[編集]

『恐竜100万年』のアロサウルスと『アルゴ探検隊の大冒険』のタロス(国立科学・メディア博物館(英語版))
内部にアーマチュア(可動式骨格)を仕込んだ人形を1コマずつ撮影するモデルアニメーションの分野で評価されており、リアルな動きで作り出された映像は世界の人々を驚嘆させた。特に評価が高いのは、「ダイナメーション」と呼ばれる手法で、これは俳優の演技をスクリーン・プロセスでコマ送りで投影しながらそれに合わせて人形を動かすものである[8]。従来、俳優と人形のカラーでの合成には、人形の撮影時にライトの熱で色温度が変化してしまい、実際に映写した際に俳優に対して人形の色が目まぐるしく変わってしまうという難点があったが、ハリーハウゼンは人形の撮影の際、コマ毎に色温度を修正するフィルタを入れる技術を生み出し、この問題を解決した。これにより人形と人間の同時演技(例えばミニチュアと人間の格闘シーン)が光学合成なしで可能となり、後のハリウッド映画の特撮人気を爆発させた[9]。
引用元:レイ・ハリーハウゼン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B3

特撮の巨匠の歴史を4分半で。

50~70年代にハリウッドで活躍し、特撮の歴史を築いたと言われる伝説の特殊効果スタッフ、レイ・ハリーハウゼン。

彼は「スター・ウォーズ」を始め、多くの作品はハリーハウゼンの存在なくして生まれなかったと言われているほど、映画人と映画業界に多大なる影響を与えた人物です。

そんな特撮の神が生み出した全てのモンスターをまとめた映像が公開されています。


引用元:特殊効果の神、レイ・ハリーハウゼンが作った全モンスターまとめ | ギズモード・ジャパン https://www.gizmodo.jp/2016/05/all-of-ray-harryhausens-monsters.html

概要
1950年代から1970年代そして1981年までの間、ハリウッドやイギリスを拠点に

「猿人ジョー・ヤング」
「原子怪獣現る」
「地球へ2千万マイル」
「シンバッド七回目の冒険」「シンドバッド黄金の航海」「シンドバッド虎の目大冒険」
「アルゴ探検隊の大冒険」
「恐竜100万年」
「恐竜グワンジ」
「タイタンの戦い」
といった特撮映画を制作・公開していたクリエイターであり、その高い技量から奇蹟の様な映像を次々と生み出し、それまで特撮が人間の演技の添え物的扱いだったところに「特撮を主役にした映画」が作れることを証明するという革命を起こして、特撮映画の歴史をつくった人物である。

レイ・ハリーハウゼンの特撮技術は、「キング・コング(1933)」の特撮を担当した「ウィリス・オブライエン」が生み出した、アーマチュアと呼ばれる骨格を内蔵した人形を1コマずつ動きを変えて撮影するモデルアニメーションと実写のライブアクションを合成する特撮技術を更に進化させて、それまで撮影時の温度による変化もあってモデルアニメーションを撮影してからライブアクションの撮影を行い、工学的に合成していた為に製作費が高騰していた点を、充分に撮影プランを練った後に先にライブアクションを撮影し、1コマごとに色温度を調整するフィルタを開発して、先に撮影したライブアクションを光学合成することなくモデルアニメーションを撮影するというもので、独自の手法を用いて低予算ながらも高いクオリティの特撮映画を製作していった。

※レイ・ハリーハウゼンが映画界をめざしたきっかけは「ウィリス・オブライエン」の「キング・コング」であり、二人は「猿人ジョー・ヤング」撮影の際に共同で作品をつくりあげ、ウィリス・オブライエンは「ハリーハウゼンの師匠」と呼ばれるようになった。
引用元:レイ・ハリーハウゼンとは (レイハリーハウゼンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B3