『diorama』 『YANKEE』 『Bremen』『BOOTLEG』

次の米津玄師のアルバムを
発売された順に選びなさい
『diorama』
『YANKEE』
『Bremen』
20%


次のドイツの都市を
北から順に選びなさい
ハンブルク
ブレーメン
ベルリン
ライプチヒ
ドレスデン
フランクフルト
シュツットガルト
ミュンヘン
36%


引用元:ドイツ地図 – 旅行のとも、ZenTech http://www2m.biglobe.ne.jp/ZenTech/world/infomation/q036_map_germany2.htm

引用元:ブレーメン、ベルリン、ライプチヒ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/40042/

419llToCnEiHA
このお城が終点となっているのは
◯◯◯◯◯◯街道?
(画像出題)
ロマンチック(答)
「ロマンチック街道」
ノイシュヴァンシュタイン城


次のドイツの都市をロマンティック街道でビュルツブルクをスタート地点として通る順に選びなさい
ローテンブルク
アウグスブルク
シュバンガウ
フュッセン
引用元:「日本ロマンチック街道」長野県小諸市と栃木県日光市「ドラマティック街道」静岡ほか4県 ドイツ七街道「ロマンチック街道」ノイシュヴァンシュタイン城「メルヘン街道」グリム生誕地ハーナウ「古都街道」ハイデルベルク城 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/13841/

米津 玄師(よねづ けんし[2][3]、Kenshi Yonezu、1991年(平成3年)3月10日 – )は、日本のシンガーソングライター、イラストレーター、映像作家である[4]。徳島県出身[4]。本名同じ[2]。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm[3]。血液型はO型。

概要
2009年前後より日本を中心に活動するシンガーソングライター。VOCALOIDクリエイターハチとしてインターネットを中心に活動したあと、2012年に本人名義のアルバム『diorama』でソロデビュー、翌年ユニバーサルシグマからメジャーデビューした。2016年よりソニー・ミュージックレコーズへ移籍。2017年発表のアルバム『BOOTLEG』は同年、翌年を通してチャートインを続け商業的な成功を収めた。音楽的評価も高くCDショップ大賞、第60回日本レコード大賞にていずれも最高賞を獲得した。2018年発表の「Lemon」は、フィジカルとダウンロード累計で250万セールス超えを記録、年内最大のヒット曲となった。また、同曲は平成生まれのアーティストで史上初の300万ダウンロードを超えた曲となった[5]。

2012年 : 『diorama』
2012年より本名での活動を開始する。2月より作詞・作曲・ボーカルまでを自ら務めた「ゴーゴー幽霊船」「vivi」「恋と病熱」のミュージックビデオを3か月連続で、YouTube、ニコニコ動画にて発表したのち、5月16日にBALLOOMよりアルバム『diorama』を発売[13]。アルバムはオリコン週間アルバムランキングで初登場6位を記録するスマッシュヒットを記録した。収録曲すべてにおいてVOCALOIDを使用しなかったのはVOCALOIDを用いた楽曲のクリエイターとして成功した米津の「VOCALOIDを隠れ蓑にしたくないから」という考えによるものである[11]。しかし共同演奏者の不在などを理由にライブは開催されず[14]、動画投稿サイトも約1年間沈黙した。

2014年
3月には新曲「リビングデッド・ユース」「アイネクライネ」のミュージックビデオを公開。アイネクライネは東京メトロ2014年度広告キャンペーン”Color your days.”のタイアップ楽曲となり[17]長らく米津の代表曲と称され、デジタルシングルチャートでは単独でランクインを続けている。またミュージックビデオは公開からおよそ4年が経過した2018年3月28日にYouTube上での再生回数が1億回を突破した。翌月23日、『diorama』以来およそ2年ぶりにしてメジャーデビュー後初となるオリジナルアルバム『YANKEE』を発表。本作はオリコン週間アルバムランキングにて初登場2位を記録した。同年12月に発表されたiTunesの年間ランキング「iTunes Store BEST OF 2014 今年のベスト」において「ベストアルバム」として選出された[18]。アルバムリリースを記念するワンマンライブが企画され、6月に一夜限りで開催された。12月には東京・大阪・福岡の3都市で「LIVE 帰りの会・続編」を開催[19]。

2015年 : 『Bremen』
1月14日に3枚目のシングル「Flowerwall」をリリース[20]。表題曲はニコン「D5500」のCMソングに起用された[21]。本シングルはオリコン週間シングルランキングにて初登場3位にランクインし、シングルチャートにおいて初めてトップ10入りを果たした。 4月1日から28日にかけて、全7会場10公演のワンマンツアー「米津玄師 2015 TOUR / 花ゆり落ちる」を開催[22]。8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」を始めとする複数の夏フェスイベントへ出演した。9月2日には4枚目のシングル「アンビリーバーズ」をリリース[23]。表題曲はMIZUNO「WAVE ENIGMA 5」のCMソングへ起用された[24]。翌月、3枚目となるアルバム『Bremen』を発表[25]。前作よりも大衆性、普遍性を意識して制作された本作はセールス、批評の両面で評価を受け、オリコン、Billboard JAPAN、iTunesなど主要なヒットチャートのアルバム部門で初登場1位を獲得し、同年の日本レコード大賞では優秀アルバム賞に選出された。
引用元:米津玄師 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%B4%A5%E7%8E%84%E5%B8%AB

「米津玄師の作品」は、日本の徳島県出身のミュージシャン、米津玄師の作品一覧である。本項目ではハチ名義で発表した作品についても取り扱う。
引用元:米津玄師の作品 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%B4%A5%E7%8E%84%E5%B8%AB%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81