【松原、白帆】

次の文字列を順に選んで
唱歌『海』の
1番の歌詞にしなさい
松原遠く消ゆるところ
白帆の影は浮かぶ
干網濱に高くして
かもめは低く波に飛ぶ
36%

「海」(うみ)は、林柳波作詞、井上武士作曲の日本の童謡である。文部省唱歌。2007年に日本の歌百選に選出されている。

概要[編集]
1913年(大正2年)に発行された『尋常小学唱歌 第五学年用』にて発表。昼夜の海の情景を歌った曲である。

なお、同じ文部省唱歌でも1941年に発表された「海は広いな 大きいな」の歌い出しで始まる童謡「海」とは同名異曲である。
引用元:海 (1913年の歌曲) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7_(1913%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AD%8C%E6%9B%B2)