Rusalka

人間の王子に恋をしてしまう
タイトルロールの
水の精の少女が登場する
ドボルザーク作曲のオペラは?
デルンウロ
サカーネィ
ルサルカ(答)
33%

『ルサルカ』(Rusalka)作品114(B203)は、アントニン・ドヴォルザークが作曲した9作目のオペラ。全3幕。チェコ語。

概要[編集]
1900年に書かれ、翌1901年3月31日、カレル・コヴァジョヴィツの指揮で、プラハ国民劇場にて初演された。リブレット(台本)はヤロスラフ・クヴァピルが担当した。日本初演は1959年11月24日、東京・社会事業会館において、長門美保歌劇団により実現した[1]。

もっとも有名なアリアは第1幕からの「月に寄せる歌」(Měsíčku na nebi hlubokém)であり、単独で演奏されたり録音されることが多い。またヴァイオリン用に編曲され、映画のサウンドトラックに使用されてきた。
引用元:ルサルカ (ドヴォルザーク) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%AB_(%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF)

ルサールカ[1][2][3][4][5] (波: Rusałka、ルサウカ、捷: Rusalka、露: Русалка、英: Rusalka、ルサルカ[6]) は、スラヴ神話に登場する水の精霊[6]。精霊というよりは幽霊のようなもので、若くして死んだ花嫁[要出典]や水の事故で死んだ女性、洗礼を受ける前に死んだ赤ん坊などがルサールカになるという[7]。ルサルカ[8]、ルーサルカ[要出典]とも表記されるが、その名前は、古代スラヴ人のルサーリイという祭りに由来し、豊穣神としての一面もあると言われている[7]。
引用元:ルサールカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB

He asks her to kiss him, even knowing her kiss means death and damnation. They kiss and he dies; and the Water-Goblin comments that “All sacrifices are futile.” Rusalka thanks the Prince for letting her experience human love, commends his soul to God, and returns to her place in the depths of the lake as a demon of death.
引用元:Rusalka (opera) – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Rusalka_(opera)