Mena Suvari

『アメリカン・ビューティ』の
主人公を虜にする女子高生役や
『デイ・オブ・ザ・デッド』の
主演で有名な映画女優は?
・リバミースーナ
ミーナ・スバーリ(答)
14%

ミーナ・スヴァーリ(Mena Suvari、1979年2月13日 – )は、アメリカ合衆国の女優、モデル、ファッション・デザイナー。

キャリア[編集]
12歳ごろからモデルを始め、クエーカーオーツカンパニーのCMに出演。テレビシリーズ『ER緊急救命室』や『シカゴホープ』に出演。1997年に映画デビュー。

1999年のサム・メンデス監督作品『アメリカン・ビューティー』では、ケヴィン・スペイシー扮する主人公を虜にする小悪魔的な女子高生を演じて注目されるようになる。この作品で英国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされた。

近年はホラー作品の出演も多く、ジョージ・A・ロメロ監督の『死霊のえじき』のリメイク作品『デイ・オブ・ザ・デッド』(2008年)、イーライ・ロス、ジェイソン・ブラム製作のテレビドラマ『サウス・オブ・ヘル』(2015年)などの作品に主演している。

俳優以外の活動ではランコムのモデルを務めたり、ファッションデザイナーとしても活躍している。
引用元:ミーナ・スヴァーリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AA

郊外の新興住宅地に暮らす夫婦と娘の三人家族。夫婦仲は冷め、娘は親と意思の疎通がない。おかしな青年とゲイ嫌いの父親がいる隣家も同様の家庭だ。だが夫がリストラに合い、娘の友人に性的妄想を抱き、妻は浮気、娘は隣家の青年と駆け落ちを決意し……。コミカルで辛辣な家庭崩壊ドラマ。アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞の5部門を獲得。
引用元:アメリカン・ビューティー : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/3847/

ジョージ・A・ロメロ監督の名作ホラー「死霊のえじき」を、「ファイナル・デスティネーション」シリーズのジェフリー・レディック脚本、「13日の金曜日」シリーズのスティーブ・マイナー監督でリメイクしたサバイバル・アクション。無数のゾンビがうごめく街に足を踏み入れた人間たちが、生き残りを賭けて凄惨な闘いを繰り広げる。「アメリカン・ビューティー」のミーナ・スバーリが本格アクションに初挑戦して新たな魅力を開花。
引用元:デイ・オブ・ザ・デッド : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/53702/