『アンナチュラル』窪田正孝『きみが心に』向井理

次の2018年放送の
TVドラマと出演する俳優の
正しい組み合わせを選びなさい
アンナチュラル───窪田正孝
きみが心に棲みついた───向井理
隣の家族は青く見える───松山ケンイチ
36%

『アンナチュラル』は、2018年1月12日から3月16日までTBS系の「金曜ドラマ」で放送されたテレビドラマである。主演は石原さとみ[1]、脚本は野木亜紀子[1]。

あらすじ[編集]
本作は、設立して2年弱の不自然死究明研究所(英:Unnatural Death Investigation Laboratory)= 通称UDIラボという架空の研究機関(公益財団法人)を舞台に展開する[2]。UDIラボとは、日本における不自然死(アンナチュラル・デス)の8割以上が解剖されないままという先進国の中で最低の水準という解剖率の状態を改善するために設立され、国の認可を受け全国初の死因究明に特化した調査を行い、警察や自治体から依頼された年間約400体の遺体を解剖調査しているという設定である。ここに勤める法医解剖医の三澄ミコトを中心に、ベテラン法医解剖医の中堂系、三澄班臨床検査技師の東海林夕子、三澄班記録員の久部六郎、所長の神倉保夫らが協力し合いつつ、毎回さまざまな「死」を扱いながら、その裏側にある謎や事件を解明していく。

アンナチュラル
UNNATURAL
ジャンル テレビドラマ
脚本 野木亜紀子
演出 塚原あゆ子
竹村謙太郎
村尾嘉昭
出演者 石原さとみ
井浦新
窪田正孝
市川実日子
薬師丸ひろ子
松重豊
エンディング 米津玄師「Lemon」
引用元:アンナチュラル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB

『きみが心に棲みついた』(きみがこころにすみついた、You always inhabit my heart )は、天堂きりんによる日本の漫画作品。『Kiss PLUS』(講談社)にて2011年3月号から[1]2013年9月号まで[2]16話が連載された後、『FEEL YOUNG』(祥伝社)に移籍し、「きみが心に棲みついたS(エス)」として2013年11月号から[3]連載されている。タイトルのSは、「サクリファイス (Sacrifice) 」を意味する[4]。単行本は『きみが心に棲みついた』が全3巻[5]、『きみが心に棲みついたS』が既刊7巻。

2018年1月にTBS系でテレビドラマ化された。

登場人物[編集]
小川 今日子
下着メーカー「ワンナナコール」の材料課勤務。28歳。自分に自信が持てず、いつも周りに流されてしまうネガティブな性格。動揺すると分かりやすく吃(ども)って挙動不審になるため、あだ名は「キョドコ」。母親も今日子を疎み、恥ずかしいと考え、妹ばかりを可愛がっていた。大学時代、悩む自分に「そのままでいい」と言ってくれた星名を好きになり、彼の言うなりに行動した結果、心も体も傷ついたが、彼のことを忘れられないまま、新しい恋に踏み出すことも出来ずにいた。かつて星名にやってもらったように、ストールの中尾巻き(ねじねじ)をすると、多少なりとも心が落ち着く。合コンで出会った吉崎に勢いで告白し、もっと親しくなりたいと思っていた時に星名と再会し、関わらないようにしようと思う心と、重石のように心を占める気持ちとがせめぎ合い、「自分にはこの人しかいない」と思うようになり、再び心を星名に囚われてしまう。

テレビドラマ[編集]
2018年1月16日から3月20日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されていた。主演は連続ドラマ初主演の吉岡里帆[16]。

キャスト[編集]
主要人物[編集]
小川 今日子(おがわ きょうこ)〈27〉
演 – 吉岡里帆(幼少期:成宮しずく[17])
下着メーカー「Lapoire」の材料課。
吉崎 幸次郎(よしざき こうじろう)〈32〉
演 – 桐谷健太[16]
月刊『パガヅン』の編集者。スズキの担当。
星名 漣(ほしな れん)〈32〉
演 – 向井理[16](幼少期:溝上空良[18]))
下着メーカー「Lapoire」の企画室長。マネージング・ディレクター。
引用元:きみが心に棲みついた – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%8C%E5%BF%83%E3%81%AB%E6%A3%B2%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%9F

『隣の家族は青く見える』(となりのかぞくはあおくみえる)は、フジテレビ系『木曜劇場』で2018年1月18日から3月22日まで放送された日本のテレビドラマである[1]。主演は深田恭子[2]。 厚生労働省が、放送開始前日の17日に本ドラマとタイアップを行うことを発表した[3]。

隣の家族は青く見える
ジャンル ヒューマンドラマ
脚本 中谷まゆみ
演出 品田俊介
相沢秀幸
高野舞
出演者 深田恭子
松山ケンイチ
エンディング Mr.Children
「here comes my love」

あらすじ[編集]
家の購入を機に妊活を始める五十嵐奈々とその妻と共に妊活に向き合う五十嵐大器の「子供が欲しいカップル」。子供が欲しくない杉崎ちひろとバツイチ の川村亮司の「子供を作らないカップル」。一級建築士の広瀬渉と彼の恋人の青木朔の「男性同士のカップル」。商社を早期退職した小宮山真一郎と子育てが命の小宮山深雪の「幸せを装う夫婦」。この4組が本作の舞台となるコーポラティブハウスで、悩みや秘密を隠して葛藤しながらも成長していこうとする。
引用元:隣の家族は青く見える – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A3%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%AF%E9%9D%92%E3%81%8F%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B