アキ・「カウリスマキ」 フィンランドの映画監督『マッチ工場の少女』『過去のない男』『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』

257SsQxSGKcGK
映画『マッチ工場の少女』の
監督はアキ・◯◯◯◯◯◯?
カウリスマキ
「アキ・カウリスマキ」
Aki Kaurismaki

アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismäki 1957年4月4日 – )はフィンランドの映画監督。
>1983年、初の長編作品『罪と罰』がフィンランド国内で注目される。1986年の『パラダイスの夕暮れ』が東京国際映画祭やカンヌ国際映画祭に出品され、以降国際的な注目を集める。日本では、1990年公開の『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』以降認知され、人気・評価ともに高まる。
2002年、『過去のない男』で第55回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞。
引用元: アキ・カウリスマキ – Wikipedia.

フィンランドを代表する奇才監督。89年製作の「レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ」での独特のオフビートな笑いが世界中で支持され一躍その名が知れるところとなる。88年の「真夜中の虹」、90年の「マッチ工場の少女」と「コントラクト・キラー」を自ら“負け犬三部作”と称して発表、一風変わった娯楽作としてどれも話題を呼んだ。九十分以下の上映時間と、少ないセリフ、無表情な登場人物の演技が特徴で、どこか人を喰ったような作風がカルトな支持を集めている。他に「ラヴィ・ド・ポエーム」、「愛しのタチアナ」などがある。2歳年上の兄ミカ・カウリスマキも映画監督として活躍している。
引用元: アキ・カウリスマキ(Aki Kaurismaki) のプロフィール – allcinema.

マッチ工場で働く少女イリスは、裏通りの狭いアパートに母と義父と同居していた。ある日イリスは、貰ったばかりの給料で派手なドレスを衝動買いする。家で給料袋を待ち構えていた義父には殴られ、母には返品を命じられたイリスだったが、従わずにそのドレスを着てディスコに行った。そしてそこで出会った男にチーク・ダンスに誘われ、そのまま彼の家で一夜を過ごす……。
>本作でも監督は、世間から疎外され傷つけられた娘の反抗を決して悪びれることなく、むしろ至福の時を謳歌するかの様に描いている。またこの監督はいつもそうである様に、登場人物は極度に寡黙であり、音楽や歌が重要な要素となっている。
引用元: 映画 マッチ工場の少女 – allcinema.