衛藤美彩、仲野太賀

宮下奈都の小説を原作とする
2020年公開の映画『静かな雨』
で太賀と共にW主演を務める
元乃木坂46のメンバーは?
深川麻衣

衛藤美彩(答)
若月佑美
西野七瀬
9%


次の乃木坂46のメンバーと
2017年にベストセラーと
なった写真集のタイトルの
正しい組み合わせを選びなさい
西野七瀬───風を着替えて
桜井玲香───自由ということ
齋藤飛鳥───潮騒
白石麻衣───パスポート
衛藤美彩───話を聞こうか。
引用元:西野七瀬『風を着替えて』桜井玲香『自由ということ』 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/42659/

解説
映画化もされた本屋大賞受賞作「羊と鋼の森」で知られる宮下奈都が2004年に発表した小説デビュー作を、「ポンチョに夜明けの風はらませて」「町田くんの世界」の仲野太賀と、「乃木坂46」を卒業し、これが映画初出演となる衛藤美彩のダブル主演で映画化。大学で生物考古学研究助手をしている行助は、こよみという女性が1人で経営するたい焼き屋に通うようになり、2人は徐々に親しくなっていく。しかしある朝、こよみは交通事故に遭い、意識不明となってしまう。こよみは奇跡的に意識を取り戻すが、事故の後遺症で記憶に障害があることが判明する。事故以前の記憶は残っているが、意識を取り戻してからの記憶は1日経つと消えてしまう。行助は新たな記憶が刻まれることのないこよみと、以前と変わらずに接していこうとするが……。監督は「四月の永い夢」の中川龍太郎。
引用元:静かな雨 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/91334/

宮下 奈都(みやした なつ、1967年[1] – )は日本の小説家。福井県福井市生まれ[2][3]。福井県立高志高等学校卒業[4]。上智大学文学部哲学科卒業[5]。2004年、3人目の子供を妊娠中に執筆した「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー[6][7]。2010年、「よろこびの歌」が第26回坪田譲治文学賞の候補となる[8]。2012年、『誰かが足りない』が第9回本屋大賞で第7位を受賞する[9]。2013年より1年間、北海道新得町に家族5人で山村留学を経験[10]。2016年、『羊と鋼の森』で第154回直木三十五賞候補、第13回本屋大賞受賞。幼い頃に読んだ本で、特に好きだったものは、佐藤さとる『だれも知らない小さな国』だという[11]。
引用元:宮下奈都 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E4%B8%8B%E5%A5%88%E9%83%BD

衛藤 美彩(えとう みさ、1993年1月4日 – )は、日本のタレント、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46の元メンバー[5]、『美人百花』のレギュラーモデルである[6]。大分県大分市出身[7]。身長163 cm[2]。血液型はAB型[5]。

2017年4月25日、ソロ写真集『話を聞こうか。』を発売[41]。

2018年4月30日からフジテレビONE『プロ野球ニュース』月曜日キャスターに就任[42]。

2019年2月14日、3月31日にインテックス大阪で行われる全国握手会をもって乃木坂46を卒業することを発表。また、3月19日に両国国技館にて卒業ソロコンサートを開催することが発表された[43]。乃木坂46メンバーがソロコンサートを行うのは、生田絵梨花以来となる2人目[43]で、興行として乃木坂46のメンバーがソロコンサートを行うのは初[44]。卒業後も芸能活動は継続[43]。ソロコンサートでは8万もの応募があり、8000人を動員した[44]。また、このコンサートでは、4thアルバム『今が思い出になるまで』に、ソロ曲「もし君がいなければ」が収録されることを発表した[44]。2019年3月31日、インテックス大阪でおこなわれた全国握手会で最後の握手会を終え、約8年間所属した乃木坂46を卒業[45]。

2019年4月、プロ野球埼玉西武ライオンズの源田壮亮内野手との交際が明らかになり[46]、公式インスタグラムで交際を報告した[46]。

2020年新春公開予定の『静かな雨』で、映画初出演にして初主演(太賀とのダブル主演)[47]。
引用元:衛藤美彩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E8%97%A4%E7%BE%8E%E5%BD%A9

仲野太賀(なかのたいが、1993年2月7日 – )は、日本の俳優。スターダストプロモーション所属。東京都出身。同じく俳優である中野英雄の次男[2]。元EBiDAN。

2018年、深田晃司監督の『海を駆ける』ではクランクインの2カ月前からインドネシア語を勉強し[25]、ディーン・フジオカから食事方法などの所作を教わり、撮影現場では太賀マンジャ(あだ名)と呼ばれマスコット的な存在だったという[26]。また、福田雄一監督が初めて手がけるラブストーリー『50回目のファーストキス』に出演し、太賀のアドリブを見た福田が台本を新たに書き変え[27]、福田組の常連である佐藤二朗、ムロツヨシからも称賛を受け[28]、撮影中は筋トレなどをして役作りに励んだ[29]。

2019年6月24日より芸名を「仲野太賀」に改める[30]。本名の”中野”と、「”仲間”との出会いが俳優人生の財産である」と実感したことから「仲野」の表記を選んだという[30]。
引用元:仲野太賀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%B2%E9%87%8E%E5%A4%AA%E8%B3%80