Allison Janney

2018年に映画『アイ,トーニャ
史上最大のスキャンダル』の
演技により、アカデミー助演
女優賞を受賞した女優は?
ャソジネ・アイリン
アリソン・ジャネイ(答)
17%

解説
アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。母親役のアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。元夫のジェフ・ギルーリー役は「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン。監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。
引用元:アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/88310/

アリソン・ジャネイ(Allison Janney, 1959年11月19日 – )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の女優である。

キャリア
1989年にデビュー。テレビシリーズ『ザ・ホワイトハウス』にCJ・クレッグ報道官役でレギュラー出演しており、本作で4度のエミー賞を受賞している。

2014年には、コメディドラマ『Mom』でエミー賞助演女優賞(コメディシリーズ部門)と、『Masters of Sex』でゲスト女優賞(ドラムシリーズ部門)のダブル受賞を果たし、翌年のエミー賞でも『Mom』で助演女優賞を受賞し、通算で7度のエミー賞を受賞した。

ちなみに、エミー賞の最多受賞記録者はクロリス・リーチマンの8度であり、アリソンの7度はエドワード・アズナーとメアリー・タイラー・ムーアと並ぶ[2]。

2017年には、オリンピック・フィギュアスケート選手・トーニャ・ハーディングの伝記映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で、トーニャ・ハーディングの母・ラヴォナ・ハーディングを演じ、ゴールデングローブ賞 助演女優賞、アカデミー助演女優賞を受賞した[3][4]。
引用元:アリソン・ジャネイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%82%A4