【ファッション誌】ピピン編集部

千葉雄大が演じるファッション
誌の編集者を主人公とする
2018年10月より放送の
日本テレビのTVドラマは?
『プリティが多すぎる』(答)

『クリーミィが多すぎる』
『キューティが多すぎる』
『ビューティが多すぎる』
39%

次の童話を、その作者ごとに
グループ分けしなさい
【新美南吉】手袋を買いに、おぢいさんのランプ、ごんぎつね
【浜田廣介】椋鳥の夢、泣いた赤鬼
【椋鳩十】マヤの一生、片耳の大鹿、大造じいさんとガン

連想
フランク王国の王朝
ルネサンス
ピピンの寄進
カール大帝の活躍
カロリング朝(答)

491ZuuLiqm
次のうち、児童文学作品を
対象とした賞に名を残す
日本の児童文学者を
1つ選びなさい
巖谷小波(答)いわやさざなみ「巖谷小波文芸賞」
やなせたかし
松谷みよ子
新美南吉(答)「新美南吉児童文学賞」
川村たかし
椋鳩十(答)「椋鳩十児童文学賞」
宮沢賢治
石井桃子
引用元:児童文学賞の冠名作家「巖谷小波(いわやさざなみ)」「新美南吉」「椋鳩十」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/17902/

『プリティが多すぎる』(プリティがおおすぎる)は、大崎梢による小説である。大手出版社で働く青年がローティーン女子向けの雑誌編集部に不本意な異動となり、悪戦苦闘しながらも奮闘していく物語である。

2018年に日本テレビ系でテレビドラマ化された[1]。

あらすじ
文芸編集部を希望していた新見佳孝が、入社3年目にしてローティーン女子向けファッション雑誌「ピピン」を作るピピン編集部への異動辞令を受ける。理解不能な若者言葉に苛まれ、挙句には編集部の女性たちに罵倒され、更には慣れない仕事ばかりで悪戦苦闘といった感じでストレスが溜まる一方の日々。やる気のない佳孝は、当たり障りなく仕事をしているつもりだったがミスを連発してしまう。しかし、編集者やモデル、カメラマン、スタイリストたちのプロ意識に触発され、次第に成長していく。
引用元:プリティが多すぎる – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%81%8C%E5%A4%9A%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B

文春文庫
プリティが多すぎる
大崎梢
定価:本体680円+税
発売日:2014年10月10日
ジャンル:エンタメ・ミステリ

カワイイ至上主義の世界に放り込まれた男子の運命は!?

文芸編集者志望の新見佳孝が入社3年目に受けた辞令はなんとローティーン女子向けファッション誌「ピピン」編集部。女の子の憧れが詰まった誌面はどこを開いてもフワフワのキラキラで佳孝には理解不能!? 「南吉くん」と呼ばれて、こんな仕事やってられるかとくさる彼の前に次々と現れる、経験豊かなお姉さん編集者にカメラマン、スタイリスト、一生懸命な少女モデルたち。そのプロ精神にふれるうち佳孝にもやがて変化が……。雑誌作りの舞台裏を描く爽快お仕事小説!!

(追記)2018年10月日本テレビでドラマ化決定!主演は千葉雄大さんです。
引用元:文春文庫『プリティが多すぎる』大崎 梢 | 文庫 – 文藝春秋BOOKS https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167902032