Mahershala Ali

映画『グリーンブック』で
黒人ピアニストを演じ
2019年にアカデミー助演男優賞を
受賞したアメリカの俳優は?
ーャアリ・シマハラ
マハーシャラ・アリ(答)
18%

マハーシャラ・アリ(Mahershala Ali, 1974年2月16日 – )は、カリフォルニア州オークランド出身のアフリカ系アメリカ人の俳優。2010年まではマハーシャラルハズバズ・アリ (Mahershalalhashbaz Ali) として活動していた[2]。

主な作品
映画
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『ハンガー・ゲーム』シリーズ
『ムーンライト』
『ドリーム』
『グリーンブック』

テレビドラマ
『4400 未知からの生還者』
『ハウス・オブ・カード 野望の階段』
『Marvel ルーク・ケイジ』
『TRUE DETECTIVE/迷宮捜査』
引用元:マハーシャラ・アリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AA

解説
人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく姿を、実話をもとに描き、第91回アカデミー作品賞を受賞したドラマ。1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒として働くトニー・リップは、粗野で無教養だが口が達者で、何かと周囲から頼りにされていた。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリーに運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。トニー役に「イースタン・プロミス」のビゴ・モーテンセン、ドクター・シャーリー役に「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ。トニー・リップ(本名トニー・バレロンガ)の実の息子であるニック・バレロンガが製作・脚本を手がけ、父とドクター・シャーリーの友情の物語を映画化した。監督は、「メリーに首ったけ」などコメディ映画を得意としてきたファレリー兄弟の兄ピーター・ファレリー。アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞のほか脚本賞、助演男優賞を受賞した。

キャスト
ビゴ・モーテンセントニー・“リップ”・バレロンガ
マハーシャラ・アリドクター・ドナルド・シャーリー
引用元:グリーンブック : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/89815/