アカデミー助演女優賞 マリサ・トメイ『いとこのビニー』パティ・デューク『奇跡の人』ジーナ・デイビス『偶然の旅行者』 「アカデミー作品賞の対象はLAで有料公開された映画のみ」

040iOtsjYQNaa
次のうち
アカデミー助演女優賞を
受賞した俳優を全て選びなさい
グレン・クローズ 主演女優賞『危険な情事』『危険な関係』『アルバート氏の人生』
マリサ・トメイ◯ 『いとこのビニー』
エレン・バーキン
パティ・デューク◯
ジーナ・デイビス◯

マーリー・マトリン 主演女優賞『愛は静けさの中に』
ジーナ・ローランズ 主演女優賞『こわれゆく女』

CIMG0556tFnsuoKztklW
アカデミー作品賞の受賞の対象と
なるのはロサンゼルスの映画館で
有料公開された映画だけである

【多】[得] 次のうち、アカデミー助演女優賞を受賞した俳優を全て選びなさい   →ジーナ・デイビス、パティ・デューク、マリサ・トメイ   (‘A`)<実はこの3人だけ
引用元: QMA芸能なんでもbotさんはTwitterを使っています: "【多】[得] 次のうち、アカデミー助演女優賞を受賞した俳優を全て選びなさい   →ジーナ・デイビス、パティ・デューク、マリサ・トメイ   ('A`)<実はこの3人だけ".

アカデミー賞(アカデミーしょう、Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞。アカデミー・アウォーズとも呼ばれる。
アカデミー賞は授賞式前年の1年間にアメリカ国内の特定地域で公開された作品を対象に選考され、また映画産業全般に関連した業績に対して授与される。
>アカデミー賞は、原則として前年の1年間にノミネート条件(ロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間、有料で公開された40分以上の長さの作品で、劇場公開以前にテレビ放送、ネット配信、ビデオ発売などで公開されている作品を除く、など)を満たした映画作品について扱われる。
引用元: アカデミー賞 – Wikipedia.

アカデミー主演女優賞(アカデミーしゅえんじょゆうしょう、Academy Award for Best Actress)は、アカデミー賞の一部門。最も功績のあった主演女優に贈られる。
最年少受賞者はマーリー・マトリン(『愛は静けさの中に』、当時21歳)、最年少候補者はクヮヴェンジャネ・ウォレス(『ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜』、当時9歳)、最年長受賞者はジェシカ・タンディ(『ドライビング MISS デイジー』、当時80歳)、最年長候補者はエマニュエル・リヴァ(『愛、アムール』、当時85歳)。
最多受賞者は4回のキャサリン・ヘプバーン、これは俳優全体としても最多である。また、主演女優賞を二度受賞したのはルイーゼ・ライナー(初の2年連続受賞)、ベティ・デイビス、オリヴィア・デ・ハヴィランド、ヴィヴィアン・リー、イングリッド・バーグマン(助演女優賞も1度受賞している)、エリザベス・テイラー、グレンダ・ジャクソン、ジェーン・フォンダ、サリー・フィールド、ジョディ・フォスター、ヒラリー・スワンク、メリル・ストリープ(助演女優賞も1度受賞している)の12人。
引用元: アカデミー主演女優賞 – Wikipedia.

アカデミー助演女優賞(アカデミーじょえんじょゆうしょう、Academy Award for Best Supporting Actress)は、アカデミー賞の一部門で、1936年の第9回からとりいれられた。初期の受賞者にあたえられたのはオスカーではなくオスカー像の描かれた楯であった。
引用元: アカデミー助演女優賞 – Wikipedia.

グレン・クローズ(Glenn Close, 1947年3月19日 – )は、アメリカ合衆国コネティカット州出身の女優である。
>主な作品
『ガープの世界』
『危険な情事』
『マーズ・アタック!』
『101』
『ステップフォード・ワイフ』
>1982年に映画デビュー作『ガープの世界』でアカデミー助演女優賞にノミネートされ、ロサンゼルス映画批評家協会賞(助演女優賞)を受賞。その後出演した『危険な情事』のストーカーなどの悪女役の印象が強いが、これまでトニー賞を3回受賞し、アカデミー賞には6回ノミネートされている演技派である。1997年にはウォルト・ディズニー製作の『101』でアクの強い悪女クルエラ・デ・ビルで、それまで演じたストーカーなどの悪女とは違ったユーモラスな演技を披露した。女優としての顔の他ドキュメンタリー作品にもナレーターや本人として出演している。
引用元: グレン・クローズ – Wikipedia.

マリサ・トメイ(Marisa Tomei, 1964年12月4日 – )は、アメリカ合衆国の女優。
>1984年に『フラミンゴキッド』の端役で映画デビュー。1986年にオフ・ブロードウェイデビューし、でシアター・ワールド賞を受賞。1992年の『いとこのビニー』でジョー・ペシのガールフレンド役でアカデミー助演女優賞を受賞し、一躍知られるようになる。
引用元: マリサ・トメイ – Wikipedia.

エレン・バーキン(Ellen Barkin, 本名: Ellen Rona Barkin, 1954年4月16日 – )は、アメリカ合衆国の女優。ニューヨーク・ブロンクス出身のユダヤ系[1][2]。
>ニューヨーク市立大学ハンター校で歴史を学んだ後、アクターズ・スタジオで演技を学んだ。1980年代からテレビや映画に出始め、1989年の『シー・オブ・ラブ』でアル・パチーノの相手を務めて注目されるようになる。1997年のテレビ映画『Before Women Had Wings』でエミー賞を受賞する。
2011年、ブロードウェイ・デビュー作である『The Normal Heart』で、トニー賞の演劇助演女優賞を受賞した。
引用元: エレン・バーキン – Wikipedia.

パティ・デューク(Patty Duke, 本名: Anna Marie Duke, 1946年12月14日 – )は、アメリカ合衆国の女優。息子は俳優のショーン・アスティン。
>1959年からブロードウェイで、ヘレン・ケラーとサリバン先生を描いた舞台『奇跡の人』(The Miracle Worker)に立つ。この舞台はヒットし、彼女は2年の間ヘレン・ケラーを演じた。この舞台は1962年に映画化され、パティはアカデミー助演女優賞を受賞。そのとき彼女はまだ16歳であった。
引用元: パティ・デューク – Wikipedia.

ジーナ・デイヴィス(Geena Davis, 本名: Virginia Davis, 1956年1月21日 – )はアメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の女優である。
>下着メーカーのカタログで彼女を見たシドニー・ポラック監督に抜擢され、1982年、『トッツィー』で映画デビュー。1986年、『ザ・フライ』で注目を集める。以降、1988年『偶然の旅行者』で型破りな犬の調教師役を演じ、アカデミー助演女優賞を受賞。1991年『テルマ&ルイーズ』でテルマ役を演じ、アカデミー賞主演女優賞及びゴールデングローブ賞にノミネートされる。野球のキャッチャー役に扮した1992年「プリティ・リーグ」でも、ゴールデングローブ賞にノミネートされている。2006年、『マダム・プレジデント 〜星条旗をまとった女神』で第63回ゴールデングローブ賞で主演女優賞(ドラマ部門)を受賞。エミー賞にもノミネートされた。
引用元: ジーナ・デイヴィス – Wikipedia.

エレン・バースティン(Ellen Burstyn、本名: Edna Rae Gillooly、1932年12月7日 – )は、アメリカ合衆国の女優。ミシガン州出身。
>1971年公開の『ラスト・ショー』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされて注目される。 1973年の『エクソシスト』では悪魔に取り憑かれた娘の母親役を演じアカデミー主演女優賞に初ノミネートされる。 翌1974年公開の『アリスの恋』でアカデミー主演女優賞を受賞。 以降アカデミー主演女優部門で『セイム・タイム、ネクスト・イヤー』、『レザレクション/復活』、『レクイエム・フォー・ドリーム』の3度ノミネートされている。『レクイエム・フォー・ドリーム』ではインディペンデント・スピリット賞主演女優賞受賞。
引用元: エレン・バースティン – Wikipedia.