美村里江

2018年3月に女優のミムラが
改名を発表した新しい芸名は
「美村◯◯」? ◯を答えなさい
りえ(答)
17%

CIMG2237YuVrqzKgxlAR
自らの工房「ミムラボ」を設立
している、元アシックスの
世界的な靴職人は三村◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
ひとし(答)
三村仁司 みむらひとし
引用元:「MAGISTA」マジスタ「ナイキのスパイク」 「エルマジオ(マジシャン)」+「レジスタ」? 三村「仁司(ひとし)」競技用シューズ職人「ミムラボ」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/10436/

美村 里江(みむら りえ、1984年6月15日 – )は、日本の女優。旧芸名、ミムラ(MiMuLa[注 1])。結婚前の本名は小暮 里江(こぐれ りえ)[注 2]。

埼玉県深谷市出身[3]。スターダストプロモーション所属。女優業の傍らで、書評、エッセーなど執筆活動も行う。

主な作品
映画
『着信アリ2』
『この胸いっぱいの愛を』
『落語娘』

テレビドラマ
『ビギナー』
『めだか』
『いま、会いにゆきます』
『恋するハエ女』

2018年(平成30年)のNHK大河ドラマ『西郷どん』出演を機に、同年3月27日付で芸名を美村 里江(みむら りえ)に改名[23][24]。同年5月から6月に上演の舞台『家族熱』がミムラ名義での最後の出演作品となる[25][26]。

人物
童話『ムーミン』の大ファンであり、旧芸名の「ミムラ」は『ムーミン』に登場するキャラクター「ミムラ姉さん」にちなむ[36][37]。2015年(平成27年)5月の日本郵便グリーティング切手「ムーミン」の発売記念イベントにて、「『ミムラねえさん』が女性らしくてあこがれだった。自分の足りない要素を持っているキャラクターとして、名前をいただきました」と語っている[38]。新芸名の「美村里江」は旧芸名「ミムラ」と本名の名前「里江」を組みあわせ、“三村”ではさまぁ〜ずの三村マサカズがいることから“美村”とした。改名の理由として、知ってほしいと願っていた「ミムラ姉さん」の知名度が『ムーミン』ブームを経て上昇したこと、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』に出演するに際して「日本の国の歴史を描くテレビドラマにカタカナで出ることに違和感を持った」こと、公私の自分をもう少し近づけたいことなどを挙げている[23][39]。なお本名はデビュー時から非公表とされていたが、デビュー10年目を機に公式サイト内のコラムにて本名を公表し、同時に日本人であることも明らかにしている[2]。
引用元:美村里江 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E6%9D%91%E9%87%8C%E6%B1%9F