4人組のバンド「Greeeen」「ablingdon boys school」「GOING UNDER GROUND」松本素生まつもとそう

029cTedPxqfwB
次のうち、4人組の
音楽グループを1つ選びなさい
UVERworld 6人
GReeeeN◯
ablingdon boys school◯
DIR EN GREY 5人
GOING UNDER GROUND◯
SunSet Swish 3人
SOUL’d OUT 3人
ONE☆DRAFT 3人

CIMG4938
CIMG4939
佐伯大介がボーカルを務める
音楽グループは
SunSet Swishですが
松元素生がボーカルを務める
音楽グループは?
Aqua Timez
UVERworld
SunSet Swish
GOING UNDER GROUND(答)

エフェクト
GOING UNDER GROUNDのボーカル担当です
松本素生
まつもとそう


佐伯大介がボーカルを務める音楽グループの名前はSunSet Swishですが
太志がボーカルを務める音楽グループの名前は?
→Aqua Timez

四択
佐伯大介がボーカルを務める音楽グループの名前はSunSet Swishですが
SHOGOがボーカルを務める音楽グループの名前は?
→175R

四択
佐伯大介がボーカルを務める音楽グループの名前はSunSet Swishですが
TAKUYA∞がボーカルを務める音楽グループは?
→UVERworld

四択
佐伯大介がボーカルを務める音楽グループの名前はSunSet Swishですが
細美武士がボーカルを務める音楽グループの名前は?
→ELLEGARDEN

四択
野田洋次郎がボーカルを務める音楽グループは?
→RADMIMPS

UVERworld(ウーバーワールド)は、滋賀県出身の日本の6人組ロックバンド。ソニー・ミュージックレコーズ (gr8!recordsレーベル)及びPOWERPLAY所属(研音と業務提携)。公式ファンクラブ名は「Neo SOUND WAVE」。
>メンバー
TAKUYA∞ (ボーカル)
克哉 (リーダー、ギター)
信人 (ベース)
誠果 (サックス、マニピュレーション)
彰 (ギター)
真太郎 (ドラムス)
引用元: UVERworld – Wikipedia.

GReeeeN(グリーン)は、日本の4人組音楽グループで、所属レーベルはZEN MUSIC、所属事務所は株式会社ハイスピードボーイズ(業務提携先はスターダストプロモーション)。歯医者を両立している、顔を出さないアーティスト。
>ロゴマークの「GReeeeN」の4つの「e」は、メンバーの人数、および、歯学部出身・在籍に因んで笑顔になるときに見える歯並びをイメージしてデザインされており、「smileを届けられる存在でありたい」というメンバーの気持ちを表している。ちなみに角度は18度である。[2]。
>メンバー
HIDE
navi
92
SOH
引用元: GReeeeN – Wikipedia.

abingdon boys school(アビングドンボーイズスクール)は、日本の4人組ロックバンド。略称はa.b.s.。
所属芸能事務所は、パーフィットプロダクション。2006年12月、エピックレコードからデビュー。以前にも企画盤で音源を残しているが、以下ではデビューをシングル『INNOCENT SORROW』発売時と定めて記述する。
>メンバー
西川貴教(ボーカル)
柴崎浩(ギター)
SUNAO(ギター)
岸利至(シンセサイザー・プログラミング)
>メンバー全員が、クリエイターとしてかなりの経験を積んでいる中で、「バンドやろうぜ」をコンセプトに「音楽を始めた頃の気持ちに戻せたら」という思いによりT.M.Revolutionの西川貴教を中心に結成された(ただし、リーダーは岸)。
また、新人バンドという自覚を持たせるため、メンバーが集まって店屋物を頼むときには、それぞれ注文は1人1食あたり1000円以内と決めているという。
バンド名は、英国に実在する寄宿学校Abingdon Schoolから。レディオヘッドのメンバーの出身校としても有名。
引用元: abingdon boys school – Wikipedia.

DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)は、日本を拠点に活動するロックバンド。1997年に大阪府で結成。
>メンバー
京 Voice
薫 Guitar
Die Guitar
Toshiya Bass
Shinya Drums
>「DIR」がドイツ語で「銀貨」、「EN」はフランス語で「~の」、「GREY」は英語で「灰色」を合わせ、“灰色の銀貨”という意味であるとされている。[4][5]
活動初期からバンド名は「Dir en grey」と表記されていたが、「凌辱の雨」以降は主に「DIR EN GREY」の表記で統一している。 公式ファンクラブ名は「a knot(ノット)」である。
引用元: DIR EN GREY – Wikipedia.

GOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)は、日本のロックバンド。略称は『ゴーイング』、『GUG』。
>メンバー
松本素生 (ボーカル、ギター)
中澤寛規 (ギター、ボーカル)
石原聡 (ベース)
河野丈洋 (ドラムス、ボーカル)
>埼玉県桶川市周辺出身の4人組。THE BLUE HEARTSに憧れた当時中学一年生のメンバーたちにより結成され、その後何度かのメンバーチェンジを経て現在のメンバーに至る。バンド名の由来はTHE JAMの同名曲より。ロゴマークは正五角形。
引用元: GOING UNDER GROUND – Wikipedia.

SunSet Swish(サンセット スウィッシュ)は、男性3人組の日本の音楽バンド。所属レーベルはSME Records、Music Ray’n。
大阪で活動していた当時はSwishだけだったのだが、上京してからSunSetを付ける。由来は「SunSet」が『夕暮れ時』、「Swish」が『(擬音語の)ヒュッ』という意味から、「夕暮れ時にヒュッと現れて、ストリートライブをする」という意味らしい。また、頭文字のSSSから、Sの「3セット」→「SunSet」という意味も込められているらしい。[要出典]
>メンバー
石田順三 (p)
佐伯大介 (v)
冨田勇樹 (g)
>高校からの同級生であった石田、佐伯、冨田で結成されたトリオバンド。
「風のランナー」「マイペース」「夏が来れば」のPVには『曲がり角の彼女』に出演していた関連で要潤が出演している。
原点を忘れないために、ストリートライブはずっと続けていくつもりであるという。
引用元: SunSet Swish – Wikipedia.

SOUL’d OUT (ソウルド アウト)は、日本の2MC+Trackmasterのスリーピース音楽ユニット。所属事務所はARTIMAGE、所属レコード会社はエスエムイーレコーズ。通称S.O(エス・オー)。
ブラックミュージック、ダンスクラシック、1980年代の洋楽ポップスなどの要素を取り入れた、多彩な音楽性を持つ。
メンバー、Shinnosukeの私的な理由により2014年7月に行われたライヴをもって解散となった。
>メンバー
Diggy-MO’(MC/ボーカル)
Bro.Hi(ヒューマンビートボックス/MC)
Shinnosuke(キーボード/プログラミング/アレンジ)
引用元: SOUL'd OUT – Wikipedia.

ONE☆DRAFT(ワン・ドラフト)は、日本の3人組音楽グループ。P.G.L.M所属。所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ。
>メンバー
LANCE(MC)
RYO(V)
MAKKI(DJ)
>LANCEは高校卒業後、アメリカ・ボストンに留学。ヒップホップを初めとする音楽文化を各地で吸収して5年後に帰国した。帰国後再会したDJ MAKKIは既に年間約80本をこなすクラブDJとして、また、SOULHEADのライブDJとして活躍していた。MAKKIに誘われ、LANCEはクラブのMCとして出演するようになる。一方、横浜のソウルバーで働きながらステージで歌う経験を積んでいたRYOを「3人だとやれることが広がるから」と誘い、ユニットを結成した。ユニットを結成したとき高校卒業から6年経っていた[1]。
引用元: ONE☆DRAFT – Wikipedia.