gulnare

ヴェルディの歌劇『海賊』
に登場する美女です
グルナーラ(答)
16%

ヴェルディの歌劇『仮面舞踏会』
に登場するボストン総督
リッカルド(答)
Riccardo

文字パネル
グラン・パ・ド・ドゥの考案など現在のクラシックバレエの基礎を築いた、フランス人振付師はマリウス・〇〇〇〇?
プティパ(答)

095sGZrduK
次のうち
西野バレエ団出身のタレントを
全て選びなさい
江見早苗(答)
見城美枝子
木の実ナナ
奈美悦子(答)
梓みちよ
岡本麗
由美かおる(答)

CIMG2821MGJDWeqzjZZx
バレエ「アラベスク」の
ポーズはどっち?
(画像選択肢)
Aの画像 アラベスク(答)あげた足は水平
Bの画像 アティチュード あげた足を曲げている
引用元:西野バレエ団出身のタレント「江見早苗」「奈美悦子」「由美かおる」 バレエ「アラベスク」足は水平 「アティテュード」足は直角 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/16052/

037eZAIhHevZo
ヴェルディのオペラ『アイーダ』
でアイーダと恋に落ちる
エジプトの将軍は◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ラダメス

CIMG2159agolbkKVsFFF
CIMG2160NLAIfSxSWXat
ヴェルディのオペラ『アイーダ』
で『アイーダ』と恋に落ちる
エジプトの将軍はラダメスですが

ラダメスに恋するエジプトの王女
は◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
アムネリス

CIMG9180imiLdpebJAWu
ラムフィス
アモナズロ
アムネリス
ラダメス
『ラ・ボエーム』
『魔弾の射手』
『アイーダ』(答)
『フィデリオ』
引用元:ヴェルディのオペラ『アイーダ』 将軍ラダメス 王女アムネリス 祭司長ラムフィス エチオピア王アモナズロ https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/4461/

海賊 Le Corsaire
バレエ音楽/海賊の首領と恋に落ちたギリシャの娘メドゥーラを救え!
バレエ「海賊」全3幕
バレエ「海賊」全3幕
『海賊(Le Corsaire)』は、1856年にパリで初演されたバレエ作品。主に三幕構成で演じられる。

原作は、イギリスの詩人ジョージ・ゴードン・バイロン(George Gordon Byron/1788-1824)による1814年の長編物語詩『海賊』。

発売当時は大変な人気で、発売初日で1万部を売り上げたという200年前のベストセラーだったそうだ。

あらすじ・ストーリー
バレエ「海賊」 キーロフ・バレエ
第1幕
舞台は、ギリシャに面した地中海のイオニア海。海賊たちを乗せた船が嵐で難破し、海辺に打ち上げられる。

そこへギリシャの娘メドゥーラ(メドーラ)が通りかかり、友人のギュリナーラ(グリナーラ)と一緒に海賊たちを救い出す。メドゥーラは、海賊の首領コンラッドと一瞬にして恋に落ちる。

すると突然トルコ軍が乱入。メドゥーラ達は捕えられ、奴隷商人ランケデムに引き渡されてしまう。メドゥーラ達は奴隷市場に連れていかれるが、そこへ海賊の首領コンラッドが乱入。ランケデムを捕え、メドゥーラ達を助け出す。
引用元:海賊 Le Corsaire バレエ作品の解説・あらすじ・ストーリー http://www.worldfolksong.com/ballet/le_corsaire.htm

イタリア・オペラ最大の作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ生誕200年を記念して、全てのオペラとレクイエムを収録したプロジェクト「TUTTO VERDI」より第12作『海賊』。

原作はバイロンの長詩『海賊』。長い間、ヴェルディ自身の評価も低いと不遇の扱いをうけていた『海賊』だったが、ここ十年ほどは再評価の機運もあり、最近は人気急上昇中の要注目作品。今回放送されるのは、ヴェルディ生地に近いブッセートにある、300席程度の小さなヴェルディ劇場での公演。若手中心の出演者による熱演と、シンプルながら迫力ある舞台装置の雰囲気もお楽しみください。

[ストーリー]
エーゲ海、とある島。海賊の首領コンラッドのもとに情報が入る。トルコの大守セイド率いるトルコ軍が、海賊退治のために集結中だという。コンラッドは、愛する妻メドーラに別れを告げ、トルコ軍の陣地に先制攻撃をしかける。炎上するトルコの陣地。コンラッドは、燃えるハーレムからセイドの女奴隷を救い出すが、トルコ軍に捕まってしまい牢獄に監禁されてしまう。コンラッドに助けられた女奴隷グルナーラは、トルコ側を裏切りコンラッドを救い出す。しかし海賊島に戻ってきたコンラッドが目にしたものは、自分が殺されたと思って毒をあおり、虫の息となった妻メドーラの姿だった。
引用元:TUTTO VERDI #12『海賊』| CLASSICA JAPAN https://www.classica-jp.com/program/detail.php?classica_id=CUTV12