【東洋のヒロコ】

1960年に日本人として
最初にパリ・コレの舞台に立った
ピエール・カルダンのモデルを
務めた日本人女性は?
鈴原紀美
伊本順代
桑木絹子
松本弘子(答)
18%

松本 弘子
マツモト ヒロコ

職業ファッションモデル ファッションアドバイザー
生年月日昭和10年 8月11日
出生地東京
学歴成蹊学園高〔昭和30年〕卒
経歴昭和29年「アサヒグラフ」のカバーガールとなったのがきっかけでモデルとなり、フリーのファッションモデルとして活躍。35年にはフランスの有名デザイナー、ピエール・カルダンに招かれて渡仏。36年カルダン店のマネジャー、アンリ・バーゴエアと結婚し、38年以来パリに在住。日本人で初めてパリコレクションに出演、日本人形のようなおかっぱ頭とエキゾチックな顔だちで花形モデルとして人気を集め、“東洋のヒロコ”と呼ばれた。42年に出産を機にモデル活動を辞め、50年からフランス「ヴォーグ」で編集、広報、広告の日本担当責任者を務める。平成7年退社。以後フリーのファッションアドバイザーとなり、日仏のファッション交流に尽くした。8年神戸ハーバーサーカスにブティック“ル・ショワ・ド・ヒロコ”を開店した。
没年月日平成15年 6月21日 (2003年)
伝記海の向こうで輝いて―あなたもいつか…7人の女性の愛と成功成功の条件―海外で活躍する7人の女性12人の豊かな生き方深田祐介の最先端ウーマン学 山中 啓子 著山中 啓子 著矢作 恒雄 編著深田 祐介 著(発行元 双葉社新潮社同文舘出版講談社 ’97’93’90’86発行)
引用元:松本 弘子(マツモト ヒロコ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E6%9C%AC%20%E5%BC%98%E5%AD%90-1655468

伊東 絹子(いとう きぬこ、1932年6月29日 – )は、日本のファッションモデル、女優である。1953年(昭和28年)の『ミス・ユニバース・ジャパン』であり、同年アメリカ合衆国カリフォルニア州のロングビーチで開催された世界大会・第2回 『ミス・ユニバース』で第3位入賞した。
引用元:伊東絹子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E6%9D%B1%E7%B5%B9%E5%AD%90

ミス日本(ミスにっぽん、Miss Nippon ミスにほん、Miss Japan)は、1950年(昭和25年)に始まり、中断を経て1967年(昭和42年)の復活後は美容研究団体の和田研究所によって毎年開催されている、日本のミス・コンテストである。

復活後の大会
復活第01回 1968年度 鈴木紀子
第02回 1969年度 鈴木紀子

第12回 1980年度 桑原順子
第13回 1981年度 桑原順子
引用元:ミス日本 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E6%97%A5%E6%9C%AC