パリゼット

宝塚歌劇団のテーマソングとも
いえる『すみれの花咲く頃』は
レビュー『モン・パリ』の
主題歌である
×(答)
◯『パリゼット』
44%

090yCwzCKLigd
宝塚歌劇団の東京宝塚劇場が
終戦直後、アメリカ軍に
接収されていたときの名前は
◯◯◯◯◯◯◯◯劇場?
ニパ--・ルアイ
アーニー・パイル(答)
引用元:アーニー・パイル劇場 米軍接収時に「東京宝塚劇場」を改称 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/1140/

1927年、岸田辰彌 作・演出の日本初のレビュー『モン・パリ』が大成功をおさめ、宝塚歌劇のレビュー黄金時代の幕が開きました。その後も岸田は、『イタリヤーナ』『ハルムの宮殿』『紐育行進曲』『シンデレラ』と新作を発表します。

その岸田辰彌のレビューを受け継ぎ、『モン・パリ』に続く大ヒットを作ったのが、『モン・パリ』では振り付けを担当した白井鐵造でした。岸田辰彌と同じく、欧米のレビューを視察した白井鐵造は、1930年(昭和5年)、『パリゼット』を上演します。

不朽の名作となった『パリゼット』

今でも受け継がれているこれらと共に、忘れてはならないのが歌。

『パリゼット』には、「すみれの花咲く頃」「おお宝塚」など、7つのパリの流行歌が登場します。どれも時を経ても歌われている愛唱歌ですが、特に「すみれの花咲く頃」は、宝塚歌劇を知らない人にまで愛されました。「宝塚=すみれの花咲く頃」「タカラジェンヌ=すみれの花」というイメージが定着し、すみれは宝塚市の市花にまでなったほどです。

欧米のエッセンスを取り入れたレビューを、日本の劇団が作り演じる……。西洋と東洋の文化を止揚する出来栄えとなった『パリゼット』は、各組(当時は花・月・雪の3組)で続演され、不朽の名作とうたわれました。
引用元:『パリゼット』~レビュー黄金時代 (全文) [宝塚ファン] All About https://allabout.co.jp/gm/gc/431966/all/

『モン・パリ 〜吾が巴里よ!〜』(モン・パリ わがパリよ!)は、宝塚少女歌劇団(現・宝塚歌劇団)花組によって兵庫県宝塚市にある宝塚大劇場で、1927年(昭和2年)9月1日に日本で最初に上演されたレビュー。

概要
岸田辰彌の作品で、白井鐵造が振り付けを担当。岸田は1919年(大正8年)から宝塚少女歌劇団の劇作家であり、小林一三の命を受けて海外を視察した。岸田自身がモデルの串田福太郎という人物が見たパリや外国の風景を再現するという内容。幕無し16場、登場人員延べ210名、上演時間1時間半というそれまでの常識を覆すものだった。少人数、短時間の公演をしてきた宝塚歌劇団にとって考えられないほど大掛かりなものだった[要出典]。
引用元:モン・パリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%AA

パリゼット

宝塚歌劇団による舞台演目のひとつ。1930年、宝塚大劇場にて初演。「すみれの花咲く頃」「おお宝塚」などの楽曲で知られるレビュー。
引用元:パリゼットとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88-755946