『2046』ウォン・カーウァイ監督 トニー・レオンと木村拓哉 香港返還から50年後 『悲情城市』 トニー・レオン主演WWⅡ後を描いた台湾映画 『恋する惑星』重慶大厦での恋愛映画

065uSAhwn
トニー・レオンと木村拓哉が
出演した、ウォン・カーウァイ
監督による2004年の香港映画は?
08325
41769
2046(答)
『2046』


『失楽園』がベストセラー
ダイアナ妃が事故死
消費税が3%から5%に
香港が中国に返還
1997年(答)

021opEscBWVtd
第二次世界大戦終結後の台湾を
舞台にした、トニー・レオン主演
ホウ・シャオシェン監督による
1989年の台湾映画は?
情悲戦都恋
市城闘愛劇
→悲情都市
『悲情城市』ひじょうじょうし

CIMG7949JqrAFpYbzDTX
監督はウォン・カーウァイ
主人公は警察官
舞台は雑居ビルの重慶大履
金城武とトニー・レオン
『花様年華』
『ブエノスアイレス』
『恋する惑星』(答)
『欲望の翼』

連想
ヴェネチア映画祭金獅子賞
ホウ・シャオシエン監督
トニー・レオン主演
日本撤退後の台湾
『悲情城市』(答)

『2046』(ニーゼロヨンロク)は2004年の香港映画。
>『欲望の翼』、『花様年華』に次ぐウォン・カーウァイの1960年代シリーズの3作目。また、この作品は『花様年華』の続編であり、一部『欲望の翼』の続編でもある。
>1960年代、作家のチャウ・モウワン(トニー・レオン)は香港のホテルに滞在している。ホテルのオーナーの娘ワン・ジンウェン(フェイ・ウォン)は日本から来たビジネスマンのタク(木村拓哉)と恋に落ちるが、父親であるオーナーに交際を反対される。やがて帰国するタク。文通もままならない2人に、チャウはタクの手紙を代わりに受け取ろうと申し出る。言葉も通じず遠く国を隔てられた恋人同士にインスパイアされて、チャウは小説『2046』を書き始める。作中に登場する人物たちは永遠の愛を求め「何も変わらない」と云われる“2046”を目指して列車に乗る。この小説の主人公がタクである。
2046 (映画) – Wikipedia

 映画の内容に興味のある人はDVDを見てもらうとして、本稿で取り上げたいのはそのタイトルである。

 いまから35年後の2046年は、香港にとって歴史的な大転換の年となる。1997年の英国から中国への香港返還からちょうど50年を迎えるのだ。

 よく知られているように、中国に返還された後の香港では、英国植民地時代からの法律や社会・経済制度、通貨、税制、自由港としての地位などが基本的に踏襲されている。これは中国と英国との間で1984年に締結された香港返還にかかわる「中英共同声明」によって規定されたものだ。
古今香港~いまさら聞けない香港の「仕組み」–映画『2046』のタイトルの意味は? ~一国二制度の仕組み

『悲情城市』(ひじょうじょうし、原題:悲情城市、拼音: bēiqíng chéngshì、英題: A City of Sadness)は、1989年製作の台湾映画。
>日本統治時代の終わりから、中華民国が台北に遷都するまでの台湾社会が描かれている。公開当時は台湾の戒厳令解除から僅か2年後であり、台湾内で二・二八事件が公に語られることは多くはなかった。舞台となった九份は、この作品の成功によって台湾でも屈指の観光名所となった。
引用元: 悲情城市 – Wikipedia.

『恋する惑星』(こいするわくせい、原題:重慶森林, Chungking Express)は、1994年の香港映画。
>香港の九龍、尖沙咀にある雑居ビル・重慶大厦を舞台にすれ違う恋愛模様をスタイリッシュに描く。
引用元: 恋する惑星 – Wikipedia.