【赤い糸】南沢奈央【天使】清水由紀【東京】秦瑞穂

次のケータイ小説を原作とした
映画と、その主演女優の
正しい組み合わせを選びなさい
Tokyo Real───秦みずほ
赤い糸───南沢奈央
天使がくれたもの───清水由紀
31%

『Tokyo Real』とは、RYUによって執筆されたケータイ小説である。口コミで話題となり、2006年4月30日に単行本化。2007年8月18日に映画化された。いわゆるリアル系ケータイ小説では地方都市・郊外を舞台とした作品が多く(ケータイ小説#郊外文化としてのケータイ小説を参照)、東京を舞台とした本作は珍しい部類に入る[1]。

映画
2007年8月18日公開。配給はモブキャスト。

出演
アヤ:秦みずほ
ナオヤ:米光雄作
南まい
河野智典
川口貴弘
MARU
比嘉愛
竹下茄人
引用元:Tokyo Real – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Tokyo_Real

解説
300万アクセスを突破した大人気携帯小説を原作に、ドラッグに溺れる女子高生の恋愛をリアルに描いた衝撃作。友人と初めて行ったクラブで男に騙され、集団レイプされてしまった女子高生アヤ。その帰り道、渋谷の闇金で働く青年ナオヤと運命的な出会を果たした彼女は、彼と本気で愛し合うように。しかし彼女は、人間関係の悩みやレイプによるショックを紛らわすためドラッグに手を出し、次第に蝕まれていく……。
引用元:Tokyo Real : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/34133/

南沢 奈央(みなみさわ なお、1990年6月15日 – )は、日本の女優。埼玉県出身[2]。スウィートパワー所属。

佐藤多佳子の小説『しゃべれども しゃべれども』を読んだことがきっかけで落語にはまり[23]、携帯音楽プレーヤーで落語を聴くのが趣味となる[24]。柳亭市馬の指導を受け、2011年2月の第2回「赤坂BLITZ 寄席LIVE」にゲスト出演し、『雛鍔』で古典落語に初挑戦した[25][26]。高座名は「南亭市(なんていいち)にゃお」[27]。また好きな咄家に立川談春の名前を挙げ、著書『赤めだか』(2008年)を読んだことで談春を知り、2010年6月の独演会に足を運んでその人間の凄みに圧倒され衝撃を受けたという[28]。
引用元:南沢奈央 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B2%A2%E5%A5%88%E5%A4%AE

解説
中高生を中心に人気の同名ケータイ小説を映画化。監督は「電車男」の村上正典。映画公開と同時期に連動したTVドラマも放送。主演に「象の背中」「シャカリキ!」の南沢奈央と「ダイブ!!」の溝端淳平。中学生の芽衣は、恋心を抱いていた幼なじみの悠哉が自分の姉に恋していること知り、失恋する。そんな時、クールな優しさを持つ敦史と知り合い、2人は惹かれあっていく。さらに芽衣と敦史は幼い時に一度出会っていたことがわかり、運命を感じる2人だったが……。
引用元:赤い糸 : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/53671/

清水 由紀(しみず ゆき、1986年9月4日 – )は、日本の女優・タレントで、女性アイドルグループ「美少女クラブ31」のメンバー。

愛知県刈谷市出身[1]。オスカープロモーション所属。
引用元:清水由紀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%94%B1%E7%B4%80

解説
原作者・Chacoの実体験を描き、中高生に支持されたケータイ小説の映画化。高校1年生の日向舞(清水由紀)は、親友・美衣子(徳永えり)の紹介でカグこと香久山聖(鍵本輝)と知り合う。最初のうちは、まったくデリカシーのないガクとは顔を合わせればケンカばかりの舞だったが、不意にみせるガクの優しさに惹かれていく。ガクもまた舞に惹かれていたが、互いに傷つけあう2人。やがて、長い時間と数多くの失敗を経て、結ばれようとしていた2人に衝撃的な事件が起こった……。
引用元:天使がくれたもの : 作品情報 – 映画.com https://eiga.com/movie/34064/