【人力舎】ラバーガール

次のうち
プロダクション人力舎に
所属しているお笑いコンビを
全て選びなさい
イシバシハザマ 吉本興業
平成ノブシコブシ 吉本興業
ラバーガール(答)
45%


受刑者のアイドルと呼ばれる
刑務所で慰問を行う女性デュオ
Paix2
ぺぺ(答)
26%
引用元:【Paix2】ぺぺ https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/45271/

015xWVXLRn
次のお笑いユニットを
所属事務所ごとに
グループ分けしなさい
【吉本興業】とろサーモン
【サンミュージック企画】エルシャラカーニ
【プロダクション人力舎】ラバーガール
引用元:「吉本興業」とろサーモン 「サンミュージック企画」エルシャラカーニ 「プロダクション人力舎」ラバーガール https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/23999/

プロダクション人力舎(プロダクションじんりきしゃ)は、お笑い芸人専門の芸能事務所。

沿革
1977年(昭和52年)、19歳からお笑いタレントのマネージャー一筋だった玉川善治が設立。社名は「人の力の在り処」というヒューマンな意味と駄洒落を込めている[1]。

設立当初は、劇団東京乾電池が所属。その後、シティボーイズ、マギー司郎、竹中直人、中村ゆうじ、B21スペシャルなどを世に送り出した。フリーのとんねるずもデビュー前に誘われた。

設立当初はキャバレーの仕事が多く、お笑いが徐々にテレビ番組へと移行していく端境期だった。玉川は45歳になるまで、所属タレント全員のマネージャーとしてスケジュール管理などを行っていた[2]。

1992年(平成4年)、シティボーイズとB21スペシャルを独立させた際に戻ってきた資金で[2]、若手芸人育成を目的として東京初のお笑い専門学校「スクールJCA」を設立した。現在、テレビ番組を中心に活動している所属タレントのほとんどが同校出身者である[2]。

所属芸人は、コント専門、もしくは、コント中心に活動するコンビ・グループが多い。そのことから「コントの人力舎」と称される事がある[7]。代表例として、東京03とキングオブコメディがキングオブコントを制覇するなど、実力は高い。その影響か「バカ爆走!」を始め事務所のライブでは普通のライブとは異なり、芸人が登場する際に拍手をしないのが定着している[8]。また、おぎやはぎがM-1グランプリの決勝に進出してからは、漫才でも活躍する芸人も増えており、アンタッチャブルがM-1グランプリを制覇するなどしている。

年に一度のペースで刑務所慰問も行っている。
引用元:プロダクション人力舎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E8%88%8E

ラバーガール(Rubber Girl)は、プロダクション人力舎所属のお笑いコンビ。共にスクールJCA10期生。

メンバー
飛永翼(とびなが つばさ、1983年2月13日(36歳) – )
ツッコミ担当。既婚。
静岡県立掛川工業高等学校卒業。
嵐の櫻井翔のファンである。(ラバーガール ソロライブ さよならインドの空にDVDより)
ゲームのポケットモンスターシリーズが大好きでプレイしている。
大水洋介(おおみず ようすけ、1982年12月12日(36歳) – )
ボケ担当。
ブログに「どうでしょう」と付けるほど水曜どうでしょうが好きである。

経歴
2人ともプロダクション人力舎が運営する養成所スクールJCAに10期生として入る。授業で大声で変な事をしていた大水を飛永が誘い、コンビ結成。コンビ名は、日本のロックバンドGRAPEVINEの楽曲『RUBBERGIRL』に由来する[1]。
引用元:ラバーガール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB