池田エライザ『貞子』

2019年5月公開の
『リング』シリーズ最新作
となるホラー映画『貞子』の
主演女優は誰?
黒島結菜
平祐奈
池田エライザ(答)
杉咲花
9%

女優の池田エライザさんが主演するホラー映画「リング」シリーズの最新作「貞子」(中田秀夫監督、5月24日公開)の特報映像が27日、公開された。「きっと来る~」でおなじみの初代「リング」の主題歌を現代的にアレンジした「feels like HEAVEN’」が流れ、貞子が井戸からはい出す“呪いのビデオ”が映し出されるシーンや、白い手が恐怖におののく主人公・茉優(池田さん)の顔をわしづかみにするシーンなどが収められている。

 映画は、病院で心理カウンセラーとして働く茉優が警察によって保護された一人の少女を担当、一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周りで奇妙な出来事が起こり始める。一方、ウェブマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史さん)の勧めで、YouTuberとなった茉優の弟・和真(清水尋也さん)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが……というストーリー。
引用元:貞子:白い手が池田エライザの顔わしづかみ! 「リング」シリーズ最新作特報公開 – MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20190226dog00m200045000c.html

池田 エライザ(いけだ エライザ、1996年4月16日 – )[1]は、日本の女性ファッションモデル、女優。旧芸名、池田 依來沙。

福岡県出身。エヴァーグリーン・クリエイティブ所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元『nicola』『CanCam』専属モデル。

経歴
フィリピンで生まれ福岡県で育った[4]。父が日本人で母はフィリピン人[5]の歌手でモデル[6][7]である。

2009年、ファッション雑誌『ニコラ』の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から「池田依來沙」名義で専属モデルとして活動を開始。2010年3月号で初表紙を飾る(伊藤夏帆と共同)。同年4月6日より「ニコログ」を担当する。2011年2月(3月号)、オーディション出身同期で同い年の春川芽生、松井愛莉、古畑星夏と4人でニコラ内のユニットを結成。ニコラ読者からユニット名を募集し、4月(5月号)にユニット名が決定[8]。「♡4ever(ラブフォーエバー)」のユニット名で活動する[9]。2012年3月4月号で初の単独表紙を飾る。2013年5月号をもって同誌を卒業。表紙掲載回数は7回(内単独表紙1回)であった。

2015年、園子温監督の映画『みんな!エスパーだよ!』のヒロインに抜擢され[16]、本格的に女優活動を開始する[10]。同映画への出演はオーディションでの採用だったが、園に自身の映画をどう思うかと聞かれ、素直に「嫌いです。血みどろだったりセックスだったり、でも最終的には家族の愛なんてどんだけシャイなんだ」と答えたところ、受かったという[17]。

オンラインメディア
上京する前から「現代は(SNSを用いて)自らの情報は自ら発信するのが得策である」と考えていた池田は、所属事務所のスタッフらがまだ誰もアカウントの取得をしていなかったTwitterを始めた。テレビ番組などにもあまり露出していない無名も同然の時期であったが、どんどんフォロワーを増やしてその名を知られるようになった[32]。SNSに投稿する自撮り写真が評価され、女子中高校生の間で「自撮りの神」と称される[33]。2014年に自身のTwitterのアイコンとして口元をつまんで唇を尖らせたポーズをとった自撮り写真を使ったところ[34]、中高校生の間で反響を呼び、ファンによって「エライザポーズ」と名付けられた[35]。池田の解説によると正しいエライザポーズのやり方は、「片手の指を、全部顎に添えて、口元をグイッてやる。アヒル口になるまで押し上げて、目はパッチリと開く」[36]。2014年に出演したバラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』で紹介されると更なる反響を呼んだ[37]。
引用元:池田エライザ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B6