『高嶺の花』【風間直人】峯田和伸【宇都宮龍一】千葉雄大

次のTVドラマ『高嶺の花』の
登場人物と演じた俳優の
正しい組み合わせを選びなさい
風間直人───峯田和伸
吉池拓真───三浦貴大
宇都宮龍一───千葉雄大
23%

『高嶺の花』(たかねのはな)は、2018年7月11日から9月12日まで毎週水曜日22時 – 23時に、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマである。主演は石原さとみ[1]。

主要人物
月島もも(つきしま もも)〈29〉
演 – 石原さとみ(幼少期:仙波茜[2])
華道の名門「月島流」本家の長女。1989年3月4日生まれ。文京区大塚在住[3]。
圧倒的な華道の才能と抜群のルックスを持つため「高嶺の花」と呼ばれる。
物語開始の半年前、結婚式当日に婚約者の吉池から二股交際と浮気相手を妊娠させたことを告げられ、結婚を破談にされたが、吉池のことが忘れられず、彼につきまとい行為を繰り返し、警察から接近禁止命令を受けている。
結婚破談のショックで自律神経が乱れて、味覚や嗅覚を失っていたが、直人たちに結婚破談のことを打ち明け、励まされた飲み会の翌朝、直人の用意した朝食を食べた際に味覚と嗅覚が回復していることに気付く。

風間直人(かざま なおと)〈39〉
演 – 峯田和伸
商店街の自転車店「サイクルショップ カザマ(風間輪店)」店主。通称「ぷーさん」。
中学2年のとき父を亡くして以降、母子家庭で育つ。高校卒業後は三代続く家業の自転車店を切り盛りしながら、二十年来自宅療養する母・節子の介護を続けていたが、その母も亡くしてしまう。成人してから女性と交際したことはなかったが、「結婚して幸せになっておくれ」とういう母の遺言を実現しようと、結婚を考える。
キャバ嬢だと思っていたももが、華道の名門月島家の令嬢ということを彼女が取材された雑誌から知ることとなり、自分の境遇との余りもの違いから、ももが「高嶺の花」であると驚愕する。

宇都宮龍一(うつのみや りゅういち)〈31〉
演 – 千葉雄大
華道の新興流派「宇都宮龍彗会」を率いるイケメン華道家。
PR戦略に長け、カルチャースクールのようなシステムを導入したり、イケメン門下生たちに集団で花をいけるパフォーマンスを披露させて急速に生徒を集めるなど、ビジネス感覚に優れているが、拭い難い亜流コンプレックスから華道の名門である月島流にアプローチをかける。
実子のななに月島流家元を継承させようと接触してきたルリ子に対し、自分を裏切らない保証にと彼女の体を要求し、求めに応じたルリ子と不倫関係となるが、自分との関係を利用して、その不倫を家元の市松にばらすと脅迫し、ルリ子を月島流の内部を探るスパイとして操る。
ルリ子から聞き出したななのロマンティストな性格につけこみ、自分がななの運命の人であるかのように印象付けさせる一方で、自分の運命の人は次期家元と目される姉のももであるとななを嫉妬させて、ななに次期家元を目指すよう焚きつける。

吉池拓真(よしいけ たくま)〈33〉
演 – 三浦貴大
ももの元婚約者。
結婚式当日にももから逃亡して、すでに妊娠していた浮気相手の真由美と責任感から結婚するが、本心では真由美のことを愛せていないと、ももに告げて復縁を迫るが、断られてしまう。
引用元:高嶺の花 (テレビドラマ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B6%BA%E3%81%AE%E8%8A%B1_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)