おざきひろや尾崎裕哉

2010年にラジオのパーソナリティ
としてデビューした、今は亡き
歌手・尾崎豊の長男は尾崎◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
ひろや(答)
31%
尾崎裕哉

順番あて
次の尾崎豊のアルバムをリリースされたのが早い方から順に選びなさい
十七歳の地図
回帰線
壊れた扉から
街路樹
誕生
放熱への証

◯×
元女子バレーボール選手の中田久美は、中学生時代に歌手の尾崎豊と同級生だった
◯(答)

尾崎 裕哉(おざき ひろや、1989年7月24日 – )は、日本のシンガーソングライターである。元ラジオパーソナリティ。

略歴
1989年7月24日、シンガーソングライター尾崎豊の長男として生まれる。東京都出身・血液型O型
1992年4月25日、2歳の時に父が逝去した後、アメリカ合衆国・ボストンに渡り、5歳から15歳までを母と共に過ごす。そのため英語が堪能である。

2010年10月2日より、interFMで自身初となるラジオ番組「CONCERNED GENERATION」のディスクジョッキーを担当[3]。
引用元:尾崎裕哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E8%A3%95%E5%93%89

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日[1] – 1992年4月25日[1])は、日本のシンガーソングライター。青山学院高等部中退[1]。身長は公式発表によると178cm。父親は元陸上自衛隊の尾崎健一。歌手の尾崎裕哉は息子。

概略
1983年12月、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』で高校在学中にデビュー[1][2]。

ライブでの熱烈で破壊的なパフォーマンスや、夢や愛、生きる意味をストレートに表現した赤裸々な歌詞など、社会や学校の中で感じる葛藤や心の叫びを表現した楽曲の数々が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる[2][3][4]。その作品と活動と精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは死去から25年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンに支持されている[5]。

1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた[注釈 2]。死後25年を過ぎてもなお、尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている[2][5]。
引用元:尾崎豊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E8%B1%8A