【高橋ひとみ】『ラジオびんびん物語』

映画『私をスキーに連れてって』
ドラマ『ラジオびんびん物語』
ドラマ『ふぞろいの林檎たち』
ドラマ『スケバン刑事』
高橋ひとみ(答)
名取裕子
原田美枝子
田島令子
42%


次のうち、TVドラマ
『ふぞろいの林檎たち』
シリーズにレギュラー出演した
俳優を全て選びなさい
真田広之
柳沢慎吾(答)
中島唱子(答)
手塚理美(答)
時任三郎(答)
中井貴一(答)
石原真理子(答)
役所広司
石田えり
佐藤浩市
37%
引用元:柳沢慎吾 中島唱子 https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/42392/

高橋 ひとみ(たかはし ひとみ、1961年8月23日 – )は、日本の女優。

東京都出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。頌栄女子学院高等学校卒業。

ロフィール
17歳の時に友人と寺山修司演出の舞台オーディションを受け、合格。1979年に同期の三上博史と同様に、『寺山修司の秘蔵っ子』というフレーズで舞台『バルトークの青ひげ公の城』でデビュー。同舞台には天井桟敷で高橋と同期の山本百合子や三上と出演している。その後三上とは、映画『私をスキーに連れてって』、ドラマ『それでも家を買いました』などでも共演している。
1980年には『上海異人娼館 チャイナ・ドール』で映画デビューした。デビューから1980年代までヘアスタイルはボブカット一遍で通していた。
1983年には『ふぞろいの林檎たち』でテレビドラマデビューし、1985年には『スケバン刑事』の海槌麗巳役を演じる。
新人時代には『平凡パンチ』『週刊プレイボーイ』などの男性雑誌のグラビアや、『ふぞろいの林檎たち』第一話、映画『ジェラシー・ゲーム』などでヌードを披露している。現在までドラマ・映画・舞台などや本業以外にもバラエティー、教養、情報番組などにも出演するなど精力的に活動している。1991年には歌手として、ビクター音楽産業からシングル「X’mas Kissしてね」、アルバム『カラフル』を発表した。
引用元:高橋ひとみ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%BF

ラジオびんびん物語(1987年)
『ラジオびんびん物語』は、1987年8月3日から9月21日まで放送された。

シリーズ第一作。実在のラジオ局であるニッポン放送を舞台に、徳川龍之介・榎本英樹がラジオ局の営業マンとしてドタバタ劇を繰り広げた。シリーズ平均視聴率は17.7%。

ニッポン放送が舞台である事から実際に放送されていた同局の番組宣伝がドラマ内で行われたほか、同局の看板アナウンサーである上柳昌彦もキャストに名を連ね、複数回出演していた。さらにはニッポン放送のイメージキャラクターでもあった南野陽子が「ナンノこれしきっ! スペシャル」(実在した番組ではあるが、「スペシャル」は劇中番組であり架空のもの)に出演するという設定でゲスト出演するなど、当時同局で放送されていた番組の出演者(「番組協力」という形)や同局アナウンサーなどが毎回、数シーンゲスト出演していた[1]。

キャスト
徳川龍之介 – 田原俊彦
榎本英樹(職場の後輩) – 野村宏伸
小宮さなえ(職場の同僚) – 小林聡美
職場の同僚 – 高橋ひとみ
職場の先輩 – 阿藤海
引用元:びんびんシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B3%E3%82%93%E3%81%B3%E3%82%93%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA