春風亭ぴっかり☆

2006年に春風亭小朝に入門した
本名を高橋由佳という落語家で
以前は女優をしていたのは
春風亭◯◯◯◯?
んのあかゆ
ぴりみっさ
ぴっかり(答)
49%

春風亭 ぴっかり☆(しゅんぷうてい ぴっかり、1981年5月13日 – )は、日本の女性落語家。本名は高橋 由佳(たかはし ゆか)。東京都出身。所属事務所は東宝芸能。

なお、名前は末尾に☆マーク(読みはない)が入るのが正式な表記であるが、これは寄席文字に無いため、定席のめくりには表記されない。

人物
実践学園高等学校卒業後に幼少時代から好きなミュージカルの勉強のため、尚美学園系列の専門学校尚美ミュージックカレッジ専門学校に入学。卒業後は舞台女優を目指し、演劇倶楽部『座』に研究生として在籍していた。その研究生時代にカリキュラムの講師として来ていた落語家・鈴々舎馬桜の講義で古典芸能、落語にふれ、本格的に落語の世界を目指すべく春風亭小朝に入門した。落語協会所属。出囃子は『あの町この町』。

愛くるしい容姿で、落語家になる前は女優として活動していた。小さい頃はミュージカルが好きで宝塚の涼風真世のファン。弟子入り前の24歳の時にAKB48のオーディション(第1期)に7歳サバ読みで応募し、最終審査まで残ったが、秋元康に実年齢を見抜かれて不合格[1][2][3][4]。また、2014年に行われた「大人AKB48 オーディション」を受験し、最終審査まで進出している[5]。

その縁もあり、師匠の小朝がプロデュースしたAKB48の著名人公演「イヴはアダムの肋骨」の演目「南京玉すだれ」の指導をメンバーに行っている[6]。

前座時代の高座名「ぽっぽ」の由来は入門日の11月11日が世界平和記念日だったので平和の象徴である鳩から。二ツ目の高座名「ぴっかり☆」の由来は二ツ目昇進日の11月1日が灯台記念日であることから。
引用元:春風亭ぴっかり – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A5%E9%A2%A8%E4%BA%AD%E3%81%B4%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%8A